DAILY MORE

DAILY MORE

5月の“女っぽネイビー” 絶対ほめられる配色ルールBEST3(2)

オフィスでも外出先でもほめられる、ネイビーが今いちばん素敵!

薄着の季節のお仕事コーデは、いつも以上に“上品さ”が重要です。そこで頼りになるのがネイビー。「定番色だけど、黒よりも優しげに映り、グレイよりも華やかなカラー。上品さはもちろん、親近感もおしゃれ感も兼ね備えている魅力の色なんです。」とスタイリスト大平さん。

「これまではトラッドやベーシックな着こなしのネイビーが主流でしたが、この春は今までよりも“女っぽい”ネイビーが素敵です。透け感のある素材やタイトなシルエットのアイテムたちが充実していて、お仕事にもちょうどいい女らしさが演出可能ですよ。」

スタイリスト大平さんが新しいネイビーアイテムで提案する、新しいネイビーの配色バランスとは!? 第二回目に紹介するのは、「ネイビー×ピンク」。好感度の高い甘さが欲しいなら、このコンビに決まり♡ 

《淡いピンクのノースリーブでネイビーを“ほの甘”に着こなす》

「ネイビーのタックパンツにほんのり甘さを添えたい。そんな時は淡いピンクがおすすめです。ただし、スタイリッシュなアイテムで取り入れることが大事。たとえば形のきれいなノースリーブのブラウス。衿もとが詰まっていたり、背中はプリーツ仕立てだったり、今年らしさが凝縮したデザインだと淡いピンクでも甘すぎず、大人っぽく見せられますよ。」(スタイリスト大平さん)

ブラウス¥17000/スピック&スパン ルミネ池袋店 パンツ¥8800/RD ルージ ュディアマン コート¥26000/ジュエルチェンジズ 横浜店 靴¥10000/ボワ ソンショコラ 丸の内店 バッグ¥5600/ROPÉ PICNIC イヤリング¥4167・グレイ ブレスレット¥6019(カトゥーラ・キス)/ナノ・ユ ニバース カスタマーサー ビス 青ブレスレット¥74000/リヴァー サイド マー ケット & ギャラリー

大ぶりで存在感のあるきらめくビジューをまとって、上半身を盛り上げて。

バッグスタイルが洗練されているのも、淡いピンクを大人っぽく見せるポイント。

《ラズベリーピンクは小さい面積で印象的に取り入れて》

「ラズベリーピンクのようにはっきりしたトーンは、小さな面積でも存在感を発揮します。カーディガンを肩に無造作に巻くだけで、こんなに印象的に。ボリュームのあるガウチョパンツの重心アップにも効果的です。」(スタイリスト大平さん)

肩にかけたカーディガン¥9500/スピック&スパン ルミネ池袋店 ブラウス¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) パンツ¥28000/ボウルズ(ハイク) バッグ ¥13000/ダイアナ 銀座本店 ピアス¥4500/バナー バレット 代官山店(ルディ)

鮮やかなラズベリーピンクは顔映え効果もバツグン♪

コントラストの強い色使いを和らげるベージュバッグで優しげなムードに。

【絶対ほめられる配色ルールBEST3】記事をもっと見る>>



MORE2015年6月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 構成・原文/鈴木絵美 撮影/西出健太郎 ヘア&メイク/陶山恵実(ROI) モデル/佐藤栞里 比留川 游 スタイリスト/大平典子 撮影協力/EASE

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

MORE のオススメ特集の新着記事

ご当地モア♥日本全国のフォトジェニックスポット

RECOMMEND! こちらの記事もチェック