DAILY MORE

DAILY MORE

【若手俳優・三浦宏規くんインタビュー】今週末は上海公演も!!  いまや世界で大注目の『テニミュ』の見どころ教えます!

いまや“テニミュ”の名称で日本はもちろん世界で注目されているミュージカル『テニスの王子様』! 実はモア世代にも人気で、“2.5次元ミュージカル”のパイオニアとしていまやアジアを中心に海外公演も行われるほど。大人気の原作マンガ『テニスの王子様』ファンはもちろん、2003年のスタートから13年、総出演者数は200名以上になり、いまをときめく斉藤工さんや城田優さんも登場していたことでも有名。この作品がデビュー作となる新人も多いため、「若手俳優の登竜門」としても注目されているんです。

そして、いま開催中の「ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン青学(せいがく)vs氷帝」で注目されている若手俳優が、3rdシーズン初登場のライバルチーム「氷帝」の部長・跡部景吾役の三浦宏規くんなんです!(撮影/亀田亮)

演じる跡部は大好きな熊川哲也さんに似ている!?

――今回の跡部役に決まったとき、どんな気持ちでした?

「たしかマネージャーさんとごはんに行ったときに聞いたのですが、本当にうれしかったし信じられなかったですね。跡部は原作でも、『カッコいい! こんな男になりたい!』と思う大好きなキャラクターだったんです。彼は超絶ナルシストですけど、まわりにそれを納得させる実力があり、根拠のない自信ではなく、影の努力に裏打ちされた本当の自信もある。だから200人の部員がついてくる。その“王者感”が本当に魅力的なんです。

最近、どうして跡部というキャラに憧れたのかなと好きな理由を考えていたら、大好きなバレエダンサーの熊川哲也さんに似ているところがあると気づいたんです。僕は5歳からバレエをやっていたんですが、熊川さんの圧倒的な実力、カンパニーを束ねる力、自信、そしてオーラすべてがまさに跡部なんですよね」

――そんなバレエの経験は、今回の舞台にも活かされていますか?

「自分ではわからないですが、まわりからは『姿勢がいいね』とは言われるので、そこはバレエをやっていたことがつながっているかもしれません。逆に走ったりするシーンではバレエでの動きが邪魔になるというか、普通にできないというか、そういうこともあります。ただ、跡部の『王者として君臨しているぞ!』という雰囲気を出すには、立ち姿が大事なので、もしお客様からそう見えていたらうれしいですね」

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

エンタメ&カルチャーナビの新着記事

モアチャレ❤︎「なりたい私」応援プロジェクト

RECOMMEND! こちらの記事もチェック

HOT TOPICS