DAILY MORE

DAILY MORE

【髙橋大輔さん直撃インタビュー】「男は30代からが人生の本番! 40代すぎてこそモテたい(笑)」

氷の上と床の上は別世界なんです!

2010年のバンクーバー五輪で銅メダル、同年のトリノ世界選手権で優勝、12年のグランプリファイナルでも金メダルを獲得……などなど数々の“日本人男子初”を成し遂げ、男子フィギュアスケート界を引っ張ってきた髙橋大輔さん。

14年10月に現役を引退したあとは、国内外のアイスショーを中心にスポーツキャスターやニュース番組のキャスターなどで活躍。そして、今年はなんと、ダンスショー『LOVE ON THE FLOOR』に初挑戦するんです! そこでデイリーモアでは、新たな舞台に立つ髙橋さんへインタビュー。3月に30歳になった心境なども聞いてきました!


――6月30日から上演のダンスショーにゲストダンサーとして出演しますが、いつ、どんなきっかけで出演を決めたのですか?

「実は、現役時代から出演オファーはいただいていたんです。でも、当時はお断りしていました。ダンスへの興味はあったけれど、床の上で踊る姿を、たくさんの人に見せるなんて考えたこともなかったので(笑)。

現役を引退してからは、具体的にやりたいこともなくて、どこかフラフラした(笑)生活を送っていました。ニューヨークへ語学留学もしたのですが、時間が経つにつれて、『そろそろこの時間がもったいないな。日本でいろんな仕事をやってみようかな』と思い始めたんです。そのタイミングに、またダンスショーのお話をいただいたので挑戦してみようと」

――今までやってきたフィギュアスケートではなく、新しいことに挑戦することに不安や葛藤はありませんでしたか?

「もちろん不安はありましたが、ダンスの練習を始めてからは、より増しましたね。『(取材時から本番まで)あと1カ月で仕上げるのはムリでしょ』って。リハーサルを重ねている今でも、すごくプレッシャーを感じていますし、怖い気持ちもあります。もしいま、『辞退したいならしていいよ』って言われたら、辞退しちゃうかも(笑)。

でも、自分にとってはチャンスだとも思っているんです。新しいことを吸収できるよい機会ですし、少なからず『舞台に出たい』、『ダンスをやってみたい』という気持ちもあったし、そもそも出たくてもなかなか出ることができないステージなので。だから今は『オファーをしたのは自分じゃないし!』って開き直ることにしています(笑)」

――今回のダンスショーではアメリカのトップダンサーのシェリル・バークが構成・演出と主演を務めます。彼女や他の出演ダンサーたちと、L.A.でダンスの猛特訓やリハーサルをしたそうですが、その時のエピソードを教えてください。

「基礎レッスンをしてから、ショーの振り付けに入ると思っていたんです。だけど、いきなり振り付けを覚えることからスタートしたので焦りました。『そんな話じゃなかったじゃん!』って(笑)。だから、L.A.での1週間は、必死で振り付けを覚えていました。でも、体が思うように動かなくて……。朝から晩までみっちり動いたのがひさしぶりだったし、ダンスは、フィギュアで鍛えた部位とは違う筋肉を使うので、毎日、全身筋肉痛でしたね」

――氷上に比べて、舞台の上はそんなに違うものですなのですか? 

「全然違うんです! 僕はスケート靴という重りがあったほうが、脚が上がるというか、靴がないと軽くてなかなか上がらないし、フィギュアスケートは遠心力を使って動いていることが多かったので、回転するにも、『どうやって動けばいいんだろう……』『ここからどうやって回ればいいんだろう……』とか。ただ回る分にはいいんですけど、キレイにカッコよく見せながら床の上で踊るということがすごく難しかったですね。シェリルや他のダンサーと同じ事をやっているつもりなのに、全然同じ動きじゃなくちょっとダサい感じでした(笑)」

――でも、フィギュアに似ている部分や、培った表現力を見せられるところもあるのでは? 「これはできた!」という部分はありますか?

「なんにもなかったです(笑)。僕の今のレベルは、表現力をどうこういう前の段階の問題なので。フィギュア時代に培ったもので活かせたものはないですね。あるとしたら……振り付けを覚えるのが早いくらい。そのくらい床の上でのダンスは、新しいことを吸収するばかりでした」

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

エンタメ&カルチャーナビの新着記事

モアチャレ❤︎「なりたい私」応援プロジェクト

RECOMMEND! こちらの記事もチェック

HOT TOPICS