King & Prince それぞれの冬、約束の冬【神宮寺勇太編】

賑わう街や人々を横目に「冷静」を貫く、23歳の冬

寒い冬、恋がしたくなる季節。King & Prince のメンバーは何を想い考えどんな毎日を過ごしているの? 冬の日常、冬の想い出、冬の恋、もっと近くで感じたいKing & Princeと過ごす冬。
2020年を振り返りながら今年・2021年へと想いをはせる明るい未来へと続く約束。
MORE1月号からインタビュー記事をお届けします。
神宮寺勇太の冬の過ごし方
「僕にとって冬は舞台が始まる季節。ほぼ毎年帝国劇場で過ごしているから、冬の想い出ってあまりないんですよね。友達が旅行やスノボを楽しんでいるのを横目に僕は劇場へと向かう……昔は『寂しい』という気持ちもあったのかもしれないけど、最近は何も思わなくなりました。もうね、友達からの誘いすら来なくなりましたからね。現在、冬の神宮寺勇太はいたって冷静です(笑)。

この季節になると、一年を振り返るインタビューが増える。それは自分を見つめ直すいいきっかけになるんだけど。基本的に僕、時間で区切らない人なんですよ。今も昔もずっと続いている道を歩き続けている、そんな感覚なんです。区切らないのは季節も同じ。『冬だから』と意識することもあまりなくて。ふとんもオールシーズンOKなものを使っているし、ソファには一年中ブランケットが。夏は使わないけど、置く場所がないからずっとそこにあるっていう。生息場所がリビングなのも春夏秋冬変わらないしね。変化があるとするなら厚着になるくらい。季節に対して特別な感情はない、冷静な神宮寺勇太です(笑)。

ただ、最近は冬が少しずつ好きになっている気がする、そのきっかけはコーヒーを好きになったこと。温かいコーヒーは冬のほうがおいしい気がする。あと、インナーダウンとの出合いも大きいかな。それさえあれば寒い外にも出かけようって気持ちになるしね。冬のいいところ、少しずつ見つけ始めてます、まだ数ミリだけど(笑)」

冬の神宮寺勇太について教えて!

Q.「冬が来た」と感じるのは? 「朝起きて“寒い”と思った時、外に出て“冷たっ”と思った時(笑)」 

Q.冬にやりがちなことは? 「ものすごく着込む! 重ね着しまくる! インナーダウンは必須!」 

Q.冬の苦手ポイントは? 「朝起きるのがつらい。夏と冬では起きるまでの時間に軽く15分くらいの差があるからね」 

Q.冬のコーヒーの楽しみ方は? 「マイタンブラーを持ち歩く。家の中でもすぐにいれて、アツアツのコーヒーを楽しんでます」 

Q.プレゼントに欲しいのは? 「家政婦さん(笑)。家事、全部お願いしたい!」
Yuta Jinguji 

1997年10月30日生まれ。「国民的彼氏」の異名を取るほど優しく頼れて、ときどき、おちゃめ。12月10日からスタートしている舞台『DREAM BOYS』に出演。この冬も岸優太と共に帝国劇場の舞台を飾った

Ranking