【水瓶座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<3/7~3/20> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「適切に茫然とする」 

3月5日に「啓蟄」を迎え、青虫が蝶へと変わって春の立役者たちが次第に顔をそろえ始める中、3月13日にはうお座24度で満月を形成していきます。 

今回のテーマは「開かれ」。すなわち、本能的に茫然として放心することで、特定の対象や他者につねに関わりを持ち続けることをやめ、より純粋で本質的な震撼にさらされていくこと。その意味で、「開かれ」とはまったくもって非合理な説明でしかないのですが、それはどこかこの時期特有の季語である「山笑ふ」という言葉にも通じていくように思います。 

春の山の生き生きとして明るい様子を擬人化した表現なのですが、花や若葉の色合いなどがなんとなく淡くやさしく霞んだように見えるだけでなく、それが「ほほえみ」として決定的に到来するのが一体いつなのかは誰にも予測できません。 

自分に都合のいいレッテルにしろ、本音を隠すのに便利なスタンプにしろ、いつも頭の中になにかしら張り付けてしまいがちな人ほど、自然で生気にみちたエロティックな生に入っていくのは難しいものですが、今回のうお座新月はこれまで惰性で続けてきてしまった習慣や言動にいかに休止符をはさんでいけるかが共通した課題となっていくでしょう。 

そうして見えることしか見ないのではなく、見えないことも感じていくなかで、やっと人は自己の閉ざされから世界へと開かれていくことができるのです。 

水瓶座(みずがめ座)

今期のみずがめ座のキーワードは、「夢と現をこえて」

水瓶座のイラスト
夢は日本人にとって長いあいだ、現実よりもはるかにたしかな真実であり、神が人間にその意志を伝えるひとつの方法であって、けっしてまぼろしや不確実を意味するものではありませんでした。 
 
たとえば、国文学者の諏訪春雄の『日本の幽霊』には、夢をこえ現実のなかにさえ亡霊が現れたという新田義興の怪異譚について紹介されています。 
 
当時、武蔵国荏原郡矢口村の矢口の渡しにおいてだまし討ちで亡くなったこの武将の死にわずかでも関わりをもった人にあいだには不思議な夢見や怪現象がおき続け、近隣の住民らによって新田神社を建立することでようやくおさまったと言われています。しかも現在も東京都大田区にある新田神社では、義興の怨霊を鎮める祭事が続けられているのだとか。 
 
心にやましさの一点でもある人たちにとって、怨霊の出現は、夢と現とにかかわりなく真実である。」 
 
このように、目覚めた人びとの前に出現した怨霊を現(うつつ)と呼んでいたように、現れる怨霊だけでなく、それに対する人びともまた夢と現の違いに関心を払っていなかった訳ですが、こうした感覚はもはや現代ではすっかり失われてしまいました。 
 
しかしそれでも、今もなお一部の夢に現れる亡き人の霊は、日本人の夢に対する長きにわたる信仰を背景に背負って登場し続けているのであり、その意味で私たちはそうした夢と現をこえた真実味を通して信仰心を維持しているのだとも言えます。 
 
今期のみずがめ座もまた、日常とは異なる深いリアリティーの層に開かれていくことで、ある種の意志を宿していくことになるかも知れません。 


参考:諏訪春雄『日本の幽霊』(岩波新書) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る