【蠍座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<7/11~7/24> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「徹底的な平和指向でいこう」 

7月22日に二十四節気の「大暑」を迎えると、梅雨も明けて強烈な夏の陽ざしが照りつける日々が続くようになり、予定では23日に東京オリンピックも開催されることになっています。そんな中、7月24日にはみずがめ座1度(数えで2度)で満月を迎えていきます。 

そして今回の満月のテーマは、「想定外の事態への備え」。「立秋」までの18日間の調整期間である夏の土用の入り(7月19日)の直後でもある今回の満月では、自分が何の準備もできていない出来事(想定外の事態)に直面したとしても、ある程度それに耐えられるような内的な安定感であったり、基礎体力をきちんと養っていくことができるかどうかが問われていくことになりそうです。 

それは精神的な面であれば、自分の感情が悪い意味で大きく振り回されているな、居心地が悪いなと感じたら、SNSであれ特定の対人関係であれ、それなりの距離を取ったり、すぐに立ち去ること。 

たとえ言っていることが正しかったとしても、怒りをもって訴えるみたいな流れになったら、そこからスッと離れること。それこそ、平和の祭典であるオリンピックの理念を誰よりも体現する“平和の使者”になったつもりで、徹底的に平和指向を心がけていくことを、この時期は何より大切にしていきたいところです。 

また、身体的にもこの時期は無理は禁物です。夏の土用の食べ物である、ウナギやあんころ餅、しじみ、ニラなどを食べて滋養をつけるのはもちろん望ましいのですが、それ以上に守るべきことは「睡眠時間の確保」です。脳はついつい夜更かしして、刺激や発散を求めがちですが、それは危機に陥った際に使うことのできるライフゲージを削ってしまう行為であり、「睡眠不足」こそは自分を不安定な状態に追い込んでしまう最大の敵なのだということを肝に銘じておきましょう。 

蠍座(さそり座)

今期のさそり座のキーワードは、「漂泊しながら根を下ろす」。

蠍座のイラスト
今回の東京オリンピックについても言えることですが、冷戦終結以降の30年ほどのあいだで、インターネットやグローバル資本主義がすっかり浸透し、いまや国境や国家という発想に根差したあらゆるものが機能不全に陥り、オワコン化してきているように思います。 
 
同時に、情報や経済、スポーツに限らず、あらゆる分野でそうした旧来的な線引きを乗り越えていく動きが出てくるようになってきて、そのための思想的なルーツが求められているのではないでしょうか。 
 
例えば、宗教学者の中沢新一と俳人の小澤實による対談集『俳句の海に潜る』では、俳句という言語芸術をアヴァンギャルドから伝統的芸術の一角へと昇華させた江戸時代前期の松尾芭蕉の方法論を、単にテクニカルな分析にとどまるのではなく、彼(ら)が根差していた世界観から捉え直しています。 
 
(中沢)「優れた近世の俳句では底のところで無のほうへ開いていて、まるで幽霊みたいに足が消え去るような作りをしている。明治以降はそういう行き方が難しくなってきて、ヨーロッパ音楽みたいに底の開口部を埋めてしまうんじゃないかな。そうすると一個一個の俳句が粒となって自立、独立してしまう。」 
(小澤)「現代の俳句は、独立し過ぎているのかもしれません。」 
 
これは例えば、江戸時代には街中を縦横に水路が走っているのが当たり前だったのが、明治以降にそうした「揺れ動いて捉えどころのないものに蓋をする」「世界を安定した流れに変えてしまおう」という方針に変わって、いつしかそれが当たり前になってしまったということと表裏の関係にあるのでしょう。 
 
その意味で、占いも俳句も、人間の生活に自然(カオス)をどう取り込むかという工夫という点で通底するものがあるはずですが、俳句の日本における頂点である芭蕉について、次のように述べています。 
 
(中沢)「いろいろな土地へ行って、その土地の下の部分のつながりをつくっていく。それが舟じゃないかな。常に動きながら、人間の外の世界にあるもの、天然、自然の中に根を下ろす。「根を下ろす」というのは、下からの声を聞き取り続けることで、そのためには舟底をものすごく薄くしておかなければならない。無所有、無所得、漂泊というものを自分に課していって、どんどん舟底を薄くしていく。そうすると下からの声が立ちあがってくる。これが芭蕉たちが開発した漂泊しながら根を下ろすやり方ではないかと思う。」 
 
今期のさそり座もまた、近代的な世界観を乗り越えるためにも、こうした「漂泊しながら根を下ろす」やり方を自身の生活に少しでも取り入れてみるといいかも知れません。 


参考:中沢新一、小澤實『俳句の海に潜る』(角川書店)
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking