【獅子座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<8/8~8/21> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「終わりと継承」 

8月23日には二十四節気の「処暑」に入り、朝夕に気候や虫の音に涼しさを感じる日も出てくるようになりますが、その直前である8月22日に水瓶座29度(数えで30度)で満月を迎えていきます。 

今回の満月のテーマは「はかなさ(無常さ)の受容」。歴史上どんなに強固で安泰に思えた文明や社会も、潮が満ちれば必ず引くように、栄枯盛衰をたどってきましたが、今期は個人においても社会においてもそうした「枯れ」や「衰え」の面が顕著に実感されていきやすいタイミングなのだと言えます。これは逆に言えば、いかに自身の生活や日本社会における奇妙な混乱状況をなかったことにせずに、自覚的に受け入れていけるかがテーマになっていくということでもあります。 

たとえば、日本では古来から蜉蝣(かげろう)が、成虫でいられる時間がわずか数時間から数日という短さゆえに、はかなさの象徴として歌に詠まれてきました。それは蜉蝣のきれいな透明な羽や、細長い体のいかにも弱弱しい印象も大きかったはずですが、名前の由来ともなった、日差しの強いに立ちのぼる「陽炎(かげろう)」のゆらめきを思わせるような飛び方がそれを決定づけたように思います。 

蜉蝣の成虫には口も消化管も退化してありません。何も飲まず食わずで飛び回って力尽きてしまいます。なぜそんなことをするのか。それはひとえに、交尾するため。飛び回れば異性に会えるから。もちろん、交尾しても結果的に死んでしまいますが、そうすることでDNAはちゃんと受け継がれていく。つまり、遺伝子の側から見れば死ではなく、そこで継承が起きている。 

さながら光が粒子であると同時に波でもあるように、蜉蝣という虫は確固とした個体であると同時に、それぞれが連綿と受け継がれていく遺伝子の中継地点でもある訳です。 

つまり、保身や自己利益の最大化をはかるのではなくて、どうしたら自身がその一部であるところの大きな全体へと貢献できるか、あるいは、自分がそこに身を投じ、続いていくべき潮流は何なのか。そうした実感が、否応なく膨れあがってきやすいのが今回の満月なのだということ。 

その中で、どんな自分事が終わりつつあり、その一方でどんな継承が起きつつあるのかということに、意識を向けてみるといいでしょう。 

獅子座(しし座)

今期のしし座のキーワードは「物深い、偉大なる人間苦」。

獅子座のイラスト
いまテレビやニュースは、関東平野で行われている国際的なハレの興行イベント関連のこと一色ですが、そうしたメディアの盛り上がりを見ていると、柳田國男の『遠野物語』(1910)の序文の中に書かれた有名なメッセージを思い出さずにはいられません。 
 
国内の山村にして遠野よりさらに物深き所にはまた無数の山神山人の伝説あるべし。願わくはこれを語りて平地人を戦慄せしめよ。」 
 
聞き書き形式で書かれた本書は、日本民俗学の父である柳田國男の業績の出発点に位置づけられ、彼が34歳の時に出版されたものですが、明治以降、急速な近代化の中で失われつつあった様々な民間伝承を伝えてくれる『物語』に触れたことで、実際に多くの人が戦慄したことでしょう。しかし、一方でその母胎をなす「無数の山神山人の伝説」を伝えてきた「さらに物深き所」に言及したり、そもそもそれを見ようとした人はほとんどいなかったように思います。 
 
その証拠に、『遠野物語』から16年後に刊行された『山の人生』には、同じ「物深い」という言葉を用いて、次のように書かれていたのです。 
 
我々が空想で描いて見る世界よりも、隠れた現実の方が遥かに物深い。また我々をして考えしめる。これは今自分の説こうとする問題と直接の関係はないのだが、こんな機会でないと思い出すこともなく、また何びとも耳を貸そうとはしまいから、序文の代りに書き残して置くのである。」 
 
ここで「隠れた現実」として先立って紹介されていたのは、例えば世間がひどく不景気だった明治中頃の美濃の山中で、炭焼きを生業にしていた五十男が、あまりの貧しさに子供二人がすすんで研いだまさかりで、思い余ってそのまま斬り殺してしまった話だったり、親子三人の心中事件でひとりだけ生き残ってしまった女の運命をめぐるものだったり。いずれも「ただ一度、この一見書類で読んで見たことがある」程度だったそうですが、柳田はそれを「あの偉大なる人間苦の記録」と呼びました。 
 
柳田國男は近代社会が忘れ去ろうとしている「山の人生」に刻みつけられ、埋め込まれた伝承の中にこそ、日本人である限り決して忘れてはならない「物深い、偉大なる人間苦」が延々と積み重ねられてきたのだという認識を持っていたのです。 
 
今期のしし座もまた、そもそもみずからの現実認識やそこから自然発生してくる営みは「物深い」ものでなければならないのだという思いが、より一層強くなっていくのではないでしょうか。 


参考:柳田國男『遠野物語・山の人生』(岩波文庫) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る