モアハピ部 No.430 ちっぴぃ
MOREインフルエンサーズ 
モアハピ部 No.430 ちっぴぃ
ちっぴぃです! 早いものでモアハピ部も3年目、みなさんにたくさん刺激をもらいました。 私も、ますますファッションも美容も遊びも全力投球します♡ 自己紹介:お仕事 …金融関連勤務。1回転職しましたが、以前は運用相談のお仕事をしていました。マイブーム…時間があるときにおうちで料理する! 化粧品はオーガニックが好き♡ FP1級☆化粧品成分検定1級☆よろしくおねがいします♪
  • Instagram

【美容】お洗濯でブラジャー傷めてない!?ブラを守る洗い方のコツ

永遠の謎、正しいブラジャーの洗い方

【美容】お洗濯でブラジャー傷めてない!?ブラを守る洗い方のコツ_1
突然ですが、ブラジャーってどうやって洗ってますか?

女子であれば、1度はこの話題で盛り上がったことがあるのではないでしょうか。

・手洗い派
・ネットに入れて洗濯機派
・毎回は洗わない派(!!)

話を聞くとそれぞれ理論があったり、洗剤は専用のを使うかとか、手洗い派でも脱水は洗濯機かタオルか…など、色々と面白いです。

これだけ話題にのぼるということは、みんなそれだけ疑問が多いわけで。

私は基本ものぐさなので、下着洗いなどにかける時間は極力少なくしたい、というのが本音です。
というわけで、今回はそんな私がたどり着いた『ブラ洗濯方法』の話です。

そうはいっても、洗濯機は傷む!!

ワイヤーやレース、伸縮性の高い生地・・・
ブラジャーは、痛みやすい素材でしか出来ていません。
しかも結構高額。

そうしょっちゅう買い換えていられませんよね。
お気に入りは長くキレイを保ちたいものです。



ブラジャー洗濯機派も多いと思うのですが、

やっぱり、傷みます!!!

ほかの洗濯物にもみくちゃにされてワイヤーは変形するし、可愛いレースもくしゃくしゃになってしまいます。
しかも直接肌に触れている下着です。ネットに入っていてはしっかり汚れも落ちておらず、臭いの原因にも。


大事な場面でブラをとった瞬間、

「むわっ」

と異臭が・・・・

なんて事態になりかねません。そうなったら悲劇。

今すぐ、手洗いに切り替えましょう!!!

おすすめ下着専用洗剤

洗剤は、専用をおすすめします。

下着につく汚れはほぼ皮脂汚れしかありえないため、それに特化した洗剤を選ぶのがベスト!
その方が色落ちも防げます。

私のオススメはこちら。
【美容】お洗濯でブラジャー傷めてない!?ブラを守る洗い方のコツ_2
『フォーエバー ニュー』という、アメリカの下着用洗剤!

ティースプーン1杯程度を、バケツ2/3程度のぬるま湯に溶かして下着類を5-10分つけておくだけ。

つけおくだけで、脂・タンパク質由来の皮脂汚れが浮いてくるんです!

血液汚れなんかの落ちにくい汚れも、この洗剤につけてちょっとこするだけでするんとキレイに♡
(その場合は水に近い温度で使ってください)

それなのに下着の色落ちは殆どしないし、すすぎも簡単に済むし、本当に使い勝手の良い洗剤です。

少量ですむので、容量908gを2年以上使いきれていません(笑)コスパも抜群!!

5分つけおき→手洗い

この洗剤に5分つけおいて、気になるところだけ手洗いしてすすいだら洗濯は完了!!

お風呂に入ったついでに、髪にトリートメントを染み込ませたりしてる間に済ませてしまってます♪
さて、問題は脱水。
下着屋さんでよくもらうお手入れのしおりなんかをみると、「タオルドライ」みたいな事が書いてありますが…

面倒なんですよね。

タオルドライしたあとのタオルを洗わないといけないし、やっていられない。

ということで私は、洗濯機の脱水機能を使っちゃってます。

ただ、普通に脱水するだけだと型崩れするので、こちらのアイテムを使用してます。

ブラジャー専用ボール

【美容】お洗濯でブラジャー傷めてない!?ブラを守る洗い方のコツ_3
なんだそりゃ?と思った方も多いかもしれません。

Amazonとか楽天とかで検索すると、「ブラジャー洗濯ボール」などというものがヒットするので調べてみてください。

本当は、ブラジャーを洗濯機に放り込んで洗うためのボールなんですが、

それだと汚れが落ちないんですよね^^;

だから私は、脱水の時のみこれに入れて洗濯機にまかせてます。

形も崩れないし、とってもいい感じです♡
【美容】お洗濯でブラジャー傷めてない!?ブラを守る洗い方のコツ_4
私が愛用しているのはこちら。

くるくる回して上下を閉めるタイプのものです。

プラスチックのボールなので、脱水してもブラジャーはノーダメージ!!

上手に洗って、お気に入りを長く愛用♡

決して安くないブラジャー。

肌に直接触れるものだし、清潔に保ちたいですよね。

お気に入りを長く使うためにも、洗い方の工夫、始めてみませんか?