【ラグビー日本代表 田村優選手インタビュー】“ONE TEAM”の立役者はブレない男。ストイックなプロ魂と自然体のプライベート

日本のみならず世界中に熱狂をもたらした、ラグビーワールドカップ2019日本大会での日本代表チームの躍進。そのベスト8入りの立役者であり、不動の司令塔として活躍した田村優選手がDAILY MOREに登場! 撮影では圧倒的な存在感を放つ田村選手の試合とは異なる表情に、スタッフ一同ドキッとする場面も♡  “ONE TEAM”を作るコミュニケーション術や、ラグビーへのストイックな姿勢とは対照的に自然体なオフの過ごし方のことを教えてくれました。
【ラグビー日本代表 田村優選手インタビュー】“ONE TEAM”の立役者はブレない男。ストイックなプロ魂と自然体のプライベート_1
ラグビーの話題で持ちきりとなった、2019年。熱いプレーのみならず、日本代表チームが掲げたスローガン“ONE TEAM”の精神にはそれまでラグビーを知らなかった多くの人も感動。その絆を作り上げた、田村選手流のチームメイトとのコミュニケーション術を聞いてみると。

「これだけ長い時間一緒にいれば、チームメイトのことはよくわかります。僕がチームメイトに何かを伝えたい時は、相手と良いコミュニケーションが取れるように、それぞれのキャラクターはもちろん、声を掛けるタイミングも考えていますね。言いたいことをズバッと伝えたほうがいい人もいれば、コーヒーを飲みながら、リラックスした環境のほうが本音で話しやすい人もいますし。僕だけが一方的にそういった気遣いをしているわけではなく、僕自身もきっと周りの人に気を使ってもらっている部分があると思うんです。でも、それは”気を遣っている”という意識もないほどにごく自然のことになっていました。
 それぞれ強烈な個性を持っているけど、だからといってバラバラというわけではありません。“ベスト8に入りたい”という絶対的なチームとしての大義があり、目指すゴール地点はみんな一緒。ベースにあるチームを良くしたいという思いはお互いに理解しているから、あと必要だったのはどうやって同じ目標を目指していくか、それぞれの向き方をそろえるだけでした」(田村優選手、以下同)
フィールドで見せる、田村選手の凄みすら漂う集中力。大舞台でプレッシャーに打ち勝つ対策は、モア読者も仕事やここぞという大事な場面で見習うことができるヒントが。

「基本的なことですが、とにかくしっかり準備することが大切。誰よりも自分が自分のことを信じられるようになるまで、できる限りのことはすべてやります。そこまで尽力さえできれば、もうそれ以上のことは心配したり考えてもしょうがないですよね」と、地道な努力の積み重ねこそがプレッシャーに負けない確固たる自信につながるそう。

そしてその先には、「たくさんの経験からどういう状態の時に良いプレーができているかということを分析し、追求しています。今がベストだとは思わないし、これからも工夫していける部分はあるので、どんどん自分自身を進化させていきたい」とトップアスリートとして輝き続けるゆえんを語ってくれました。
【ラグビー日本代表 田村優選手インタビュー】“ONE TEAM”の立役者はブレない男。ストイックなプロ魂と自然体のプライベート_2
ワールドカップ開催中には、清潔感あふれる爽やかな選手たちの身だしなみも話題に。シグネチャーであるヒゲのケアにも迫ってみると!?

「清潔感あるのかな?(笑)。 5年前から同じヘアサロンに通っていて、僕と山中亮平選手が最初に行きはじめたら他のチームメイトも続々と通うようになって。普段は二週間に一度くらいのペースで、ワールドカップの間は毎週行っていました。ヒゲは顎の部分しか生えないので、そこをケアするだけです」

ヘアスタイルだけでなく、ファッション誌やイベントでは、鍛えられた抜群のスタイルでスーツからトレンドの服まで幅広く着こなす姿も注目の的。でも、いちばん自分らしいと思えるスタイルは昔から変わらず一途とのこと。「短パン、Tシャツ、島草履が一番! 寒くなるギリギリまでビーチサンダルをはいていたいですね」と母方のルーツ、沖縄を思わせるリラクシングなスタイルがお気に入り。

ラグビーはとことんストイック、それ以外は本人曰く“面倒くさがり屋”な田村選手は、言うならばオンオフ切り替えの達人。貴重な休日は、気分のままに過ごすのが信条。

「オフの時は予定を決めないのが、理想的な過ごし方。その時の気分で動いて、約束とかはあまりしたくなくて(笑)。せっかくの休みですから、昼間からお酒を呑むこともあるし、食べたいものを食べます。リフレッシュにドライブに出かけることもありますね、かける音楽はMONGOL800が好きです」
そしてワールドカップの興奮冷めやらぬファンにグッドニュース! 日本代表チームの多くの選手が出場する、トップリーグが間もなく開幕。最後に、ラグビービギナーのモア読者に「まずは会場にきてほしい」とメッセージをくれました。

「今回のワールドカップでラグビーを知った新しいファンの人たちももちろん大歓迎。ライブに出かけるような気分で気軽に観戦してみたら、そこからもっとラグビーを知りたいという気持ちが増えると思います。むしろ、ワールドカップよりもラグビーをもっと近く感じられたり、よりアットホームな雰囲気があるので、女性同士で遊びに来ても楽しめますよ」
【ラグビー日本代表 田村優選手インタビュー】“ONE TEAM”の立役者はブレない男。ストイックなプロ魂と自然体のプライベート_3
たむら ゆう●1989年1月9日生まれ、愛知県出身。小学校・中学校時代はサッカーに専念していたが、國學院栃木高校入学後ラグビーを始める。明治大学を経て社会人チームへ。2017年よりキヤノンイーグルスにプロ選手として所属。2012年に初代表入りを果たし、ラグビーワールドカップ2015に出場。ラグビーワールドカップ2019では5試合すべてに出場。

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る