DAILY MORE

DAILY MORE

イベントの主役はいただき★ 効果絶大の「2割だけ濃いアイメイク」をマスターせよ!【目頭編】

一年でいちばん楽しい12月、最高かわいい私で過ごしたいし、写真に残したい! そんな願いをかなえるとっておきのテク、教えます☆

ひとさじの冒険で、イベントの主役に♡ 簡単なのに激変する「2割だけ濃いアイメイク」をレクチャー

今までは、どのパーツにも抜けがあって、すっぴん風のナチュラルメイクが主流だったけど、この秋冬は目もとに強さが戻ってきています。目の際を締める、締め色を効果的にきかせるなど、いつもより少し“手をかけた感じ”がおしゃれ見えの要! しかも、「2割だけ濃いアイメイク」は写真映えするうえ、やりすぎないから会社でも浮きません♪

ニット¥22000/lilLillyTOKYO イヤーカフ¥15000/エテ

目頭に “くの字ライン”を!

いわゆる囲み目なんだけど、囲むのは目尻じゃなく目頭。求心的な顔立ちになって美人印象がアップ。アイライナーではなく、リキッドアイブローを使って“影をつける”イメージで!

【How to Make】

黒目より内側部分の目頭にラインを
アイラインを描く時に、目頭をはずしたのはここに囲みラインを入れるため。目頭にくの字を描くように、粘膜にリキッドアイブローでラインを入れて。

【Point】

リキッドアイブローを使う理由は、発色がかなり薄いから大胆に描いても濃くならず、さらに汗や皮脂に強いのでにじみにくいから!

【これだと5割増しで×】

アイシャドーやブラウンのライナーでがっつり囲むのは、デカ目を通り越して怖すぎです……。

シーンに合わせて変えてみない? 「2割だけ濃いアイメイク」で冬中、可愛く♡

MORE2016年1月号では、「2割だけ濃いアイメイク」に使えるコスメや、シーン別のアレンジテクを紹介中。ぜひこちらも合わせてチェックして。

【2割だけ濃いアイメイク】記事をもっと見る>>


電子版も販売中!ご購入はこちらから>>



MORE2016年1月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!  撮影/天日恵美子(モデル) 永躰侑里(製品) ヘア&メイク/小田切ヒロ(ラ・ドンナ) モデル/森 絵梨佳 スタイリスト/松島 茜

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

MORE のオススメ特集の新着記事

RECOMMEND! こちらの記事もチェック

HOT TOPICS