「プチプラ服できれいめ」は叶う! スタイリスト高野麻子さんの4大ルールをチェック!

少ない予算でも安っぽくなくて、ちゃんと上品に、ちゃんと女らしく。スタイリスト高野麻子さんが伝授してくれた「プチプラ服できれいめ」をつくるルールはとっても簡単。必要なのは特別なセンスや難しいテクではなく、ちょっとしたことなんです。明日からすぐに使えるコツとアイデア、チェックして!

1:シルエット選びには妥協しない

幅が大きすぎるとか、丈が足りないとか、ほんの少しの差が安っぽく見える落とし穴。まずは自分に似合うサイズを厳選すること! シャツはほんの少しゆるめフォルム、スカートはふくらはぎが隠れるレディな丈。これこそ高見えが叶うベストバランス。
シャツ¥3900/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店 スカート¥7800/ミラ オーウェン 靴¥43000(ネブローニ)・バングル¥18000(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ バッグ¥4600/アーバンリサーチ ロッソ ジョイナス横浜店(ロデスコ)

2:甘すぎる服は選ばない

大げさなフリルとか大胆な花柄のアイテムは、安っぽさや子どもっぽさが出やすく危険。“辛口で女っぽい”デザインを選ぶのがベスト。はおるだけでさまになるテーラードジャケットや、体がきれいに見えるリブニット。大人っぽい服ほど、自然と高く見えるから。
ジャケット¥5900/イング ニット¥2490/titivate パンツ¥9000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス 靴¥17000/モード・エ・ジャコモ(カリーノ) バッグ¥13800/ショールーム セッション(ヤーキ) イヤリング¥15000(ラダ)・ブレスレット¥12000(フィリップ オーディベール)/ノーリーズ&グッドマン銀座本店

3:靴で抑えて、バッグには投資する

理由は靴は安くていいものが見つかりやすく、バッグはチープに見えるものが多いから。たったひとつでも“イイモノ”があると見違える。PVCやきれい色、旬度が強い靴こそ低予算でいいものが見つかる。バッグはリュックやかごは安くても味のあるものが多いけどフェイクレザーには要注意!
靴¥4990/AG バイ アクアガール シャツ¥2290/ウィゴー スカート¥11000/ルクールブラン バッグ¥20000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) ピアス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) リング¥1500/お世話や

4:メンズ服も活用する

ミニマルなデザインの多いメンズ服には、実は高見えするプチプラ服が豊富。特にアウター類がねらい目です。『ユニクロ』、『ジーユー』、『センスオブプレイス』、『コエ』。優秀なプチプラ服が揃うブランドにはメンズラインもあることが多いのでチェックしてみて。
Gジャン¥3990/ユニクロ ワンピース¥22000/UTS PR(アーリ) ニット¥21000/アナディス(ディレクトワール)バッグ¥19000/ピーチ(ヴィオラドーロ) イヤリング¥1300/ミィパーセント バングル¥34000/ノマディック ライフ マーケット(ナバホ ジュエリー) レギンス¥1500/タビオ(靴下屋)
MORE2018年6月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!
MORE6月号

Ranking

もっと見る

もっと見る

Movie

MORE7月号、発売中!