DAILY MORE

DAILY MORE

「女っぽい」がかなうチノパンの選び方。スタイリスト石上さんの4原則なら簡単だ!

失敗しない「大人のチノパン」の選び方

今季大注目なチノパンの魅力を、チノパンLOVER、スタイリスト石上美津江さんが伝授。デニムよりも軽やかで、きれいめにもカジュアルにもはけるし、一本あればコーデ幅もうんと広がる。これまで、トラッド、メンズライク、コンサバなイメージを抱いていたなら、今シーズンはその既成概念を一新するチャンスなんです!

空気感のあるブラウスを大人顔にし、ピンク小物を上品になじませる。これぞチノパンの包容力のなせる業。

パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) ブラウス¥29000/ブランドニュース(メドモワゼル) Gジャン¥34000/ボウルズ(ハイク) 靴¥44000(ネブローニ)・バングル¥20600(シャルロットウーニング)/フラッパーズ バッグ¥11800/ビームス 新宿(メゾン ベンガル) ピアス¥9200/カージュルミネエスト新宿店(デイヴィッド オーブリー)

生地、色、形、丈。目利きポイントはこの4つ。

「甘め服育ちの大人こそチノパンを」という、スタイリスト石上美津江さんが教えてくれた選び方は、以下の4つがポイントに!


1.厚手の生地が正解。シルエットが崩れにくくクリーンにはける
2.断然ベージュ。優しい色なのでトップスに上品になじむ
3.テーパードかワイドを。ハイウエストデザインならいっそう体型に◎
4.足首すれすれくらいの丈。フラット靴にもヒール靴にもベスト

(右)いつものトップスが瞬時にこなれるテーパードデザインハイウエストデザインで、ヒップまわりにゆとりをもたせたテーパードシルエットが、脚のラインをまっすぐきれいに見せてくれる。はりのある生地なので、ロールアップしてもカジュアルに見えすぎない。チノパンはメンズライクだと思っていた人にこそおすすめしたい一本。¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン)
(左)大人っぽさも美脚見えも欲張れるワイドデザインスカート派が飛びつくならワイドデザインがおすすめ。腰から足首まできれいに広がっていくシルエットは、スカートに引けを取らないフェミニンさ。タック入りで、腰のシルエットに少し丸みをもたせたシルエット。生地にほのかな光沢があるのも上品。¥19000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー)

「チノパンはコーデのバランサーなんです」

スタイリスト石上さんいわく、「チノクロスは生地がしっかりしているので、脚のラインを拾いすぎず、美脚に見えて、清潔感が高まります。だから肌見せや透け感トップスにもクリーンにマッチ。はやりの甘めトップスとの相性がとてもいいんです」。

「女性の体型に似合うハイウエストや、センタープレス入りのデザインが豊富なのもうれしい。鏡の前で"デニムだとちょっとカジュアルすぎかな"?という時、チノパンにすると、女っぽさやきれいさがちょうどよくなることも。"コーデのバランサー"として頼りになるんです」。

MORE2018年6月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!

MORE6月号


>>チノパンが気になる!と思ったら、MORE公式通販サイト「GET MORE!」でチェックしてみて!


撮影/尾身沙紀(io/モデル) 魚地武大(TENT/製品) ヘア&メイク/北原 果 モデル/比留川 游 スタイリスト/石上美津江

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

MORE のオススメ特集の新着記事

ご当地モア♥日本全国のフォトジェニックスポット

RECOMMEND! こちらの記事もチェック