【パールはイミテーションでもOK? ストッキングの色の正解は?etc】いまさら聞けないお招ばれマナーQ&A

もうすぐやってくるお招ばれシーズン。ゲストとして心得ておきたいのが、会場でのマナー。なんとなく分かっているつもりでも、意外と知らないことが多いものですよね。今更聞けないお招ばれマナーの正解を『マナースクール ライビウム』代表の諏内えみさんに教えてもらいました!

意外と知らない⁉ およばれマナーQ&A

教えてくださったのは……諏内えみさん:
『マナースクール ライビウム』代表。『オールアバウト』マナーガイド。テーブルマナーや立ち居振る舞い、婚活講座が人気。有名女優のエレガント所作指導や、テレビ出演多数

Q1:パールはイミテーションでも大丈夫?

A:イミテーションやコットンパールでもマナー的には問題はありません。ただし、挙式・披露宴は厳粛でおめでたい場所。その場にふさわしい上品な大きさ&デザインを心がけて。

Q2:上がオフ白、下が黒のようなバイカラーワンピはOK?

A:ウェディングシーンにおいて、白は花嫁のためのカラー。たとえバイカラーであっても避けるのがマナーです。オフホワイトや淡いベージュなど白に近いトーンも同様です

Q3:ストッキングはやっぱりベージュ限定?

A:透け感があれば、グレイ系もOKです。ラメ入りは披露宴や二次会での着用がおすすめ。品を欠かさない程度の光沢感を意識して選びましょう

Q4:受付での正しいご祝儀の渡し方を教えてください。

A:そのままや購入時のビニール袋に入れるのはNG。必ずふくさに包んで。渡す際は「このたびはおめでとうございます」のひと言を。クロークに余分な荷物を預けてからがスムーズです。

Q5:招待状の返信はいつまでが正解ですか?

A:席次やスピーチなどの都合もあるため、できれば招待状の到着から1週間以内に返信するようにしましょう。返信欄に記入する前には、必ず書き方のマナーを確かめてくださいね!

Q6:二次会の招待で「平服でお越しください」はうのみにしていいのでしょうか?

A:ウェディングパーティにおける「平服」はイコール「普段着」ではありません! 完全なフォーマル服の必要はありませんが、お招ばれとして節度のある装いで出かけましょう。

Q7:ネイルやリップの色でNGを知りたい!

A:"華やかさ"と"派手さ"は異なります。真っ赤や、花嫁をイメージさせるカラーは控えたほうがよいでしょう。ゲストはあくまで主役を立てる存在であることを忘れないで!

Q8:挙式に参列する時のはおりもの、透ける素材でもいい?

A:肩やデコルテをきちんと隠すのが大前提。おおっているけれど肌が透けて見えるシフォンやオーガンジー素材は、挙式時のはおりものとして好ましくありません。

Q9:これまでNGだったマナーで最近OKになったものはある?

A:ありません。式のスタイルは広がっていますが、さまざまな世代の方が集まる場所に"お招ばれ"していることを忘れずに。昔から続くマナーは崩さず守ることをおすすめします。
MORE2018年6月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!
MORE6月号

Ranking

もっと見る

Movie

MORE7月号、発売中!