定番なのに今っぽい。『セントジェームス』のボーダートップスが、大好きだ♡

『セントジェームス』のボーダートップスは令和の夏も有効

定番なのに今っぽい。『セントジェームス』のボーダートップスが、大好きだ♡_1
1889年にフランスで誕生し、2019年で130周年を迎えた『セントジェームス』。ボーダートップスの定番として、フランスはもちろん日本でも愛され続けているって、すごいことですよね! そんな『セントジェームス』は、令和時代も絶対的に頼れる存在♡ 今年らしい着こなしを楽しんじゃおう!

1. 鉄板はこれでしょ!【デニムと】

定番なのに今っぽい。『セントジェームス』のボーダートップスが、大好きだ♡_2
ジェーン・バーキンみたいな、ボーダー×デニムのカジュアルスタイル。洗練されたシンプルさが素敵だし、大人の女性だからこそ魅力がアップする気がする。デニムは今年らしいハイライズを選んでみて。
カットソー¥10800/セント ジェームス代官山店 パンツ¥25000/ゲストリスト(アッパーハイツ) イヤリング¥4000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(エネーダ)

2.今っぽさならこれ!【きれい色タイトスカートと】

定番なのに今っぽい。『セントジェームス』のボーダートップスが、大好きだ♡_3
きれいなイエローのボーダーに、パープルの長め丈タイトスカート。きれい色×きれい色は簡単に今っぽくなれるから取り入れるべし♡ 縦長ラインはスカートでできているから、ボーダートップスは少し大きめサイズをチョイス!
Tシャツ¥10800/セント ジェームス代官山店 スカート¥11000/ルクールブラン 靴¥10000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店 バッグ¥9900/メイデン・カンパニー(バッグス ユーエスエー) ピアス¥1300(リミテッドナンバー)・バングル¥1500(Osewaya)/お世話や

3. デートもOK♡【白プリーツスカートと】

定番なのに今っぽい。『セントジェームス』のボーダートップスが、大好きだ♡_4
モノトーンだけどこんなに軽やかに仕上がるのは、柔らかいプリーツスカートと、ボーダートップスの圧倒的な爽やかさのおかげ。淡いイエローのパンプスで少しだけ色を足せば、デートだって行けちゃう♡
ボーダーカットソー¥9000/セント ジェームス代官山店 プリーツスカート¥19000/リエス バッグ¥17800/ショールーム セッション(ヤーキ) カラーパンプス¥13000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン) イヤリング¥1100/お世話や 時計¥24000/ピークス(ロゼモン)

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る