『JINS』の“おうち時間に着替えるメガネ”を、リモートワーク中のライターがお試ししてみた!

『JINS』のおうち時間に着替えるメガネを試してみた!

「おうち時間」をいかに充実させるか。これはもはや世界中の人々が考えていることでしょう。私ライターみかりんは、完全リモートワークになって早一年。おうちが仕事場になりました。「ずっとおうちにいられるなんで恵まれてるね」と言ってもらうこともありますが、この一年で最も大変だったのは“仕事とプライベートの切り替え”でした。

子どもの頃から強めの近視で、中学生まではメガネっ子だった私。ここ最近はコンタクトをつけることが、仕事へのひとつの切り替えになっていたんです! でも、ずっとコンタクトをつけているのも意外と辛い。うっかりお昼寝してしまい……なんてこともしばしば。そんな私に手を差し伸べてくれたのは、大人気メガネブランドの『JINS』! なんと、「おうち時間に着替えるメガネ」が発売されていたんです!
JINS「Classic Soft Airframe」
そしてお借りしたのがこちら。「Classic Soft Airframe」の「LRF-20A-089」というモデルです。やさしげなラウンド型のべっこう色フレームはおしゃれだし、何よりものすごく軽い‼︎ これは確かに快適そう……♡ もっと細かく見てみましょう!

「Classic Soft Air Frame」はここがすごい!

JINSのclassic soft Air frameを上から見た様子
注目してほしいのは、テンプル(つる)の部分。すごく薄いのがわかると思います。そのおかげで、驚くような軽さを実現! しかもカーブを描いており、柔らかさも十二分。つまり、顔に当たりづらい・当たっても痛くないんです♬︎ 本当にメガネをかけていることを忘れてしまいそう!
JINS classic soft Air frameの鼻あて
次に見てほしいのは、鼻あての部分。一見普通ですが……
JINS classic soft Air frameの鼻あて
なんと! 指で押すだけでグニュッと曲がるくらい柔らかいんです!!! メガネを長時間かけていると鼻あての部分が痛くなる、跡がつくのが気になる、そんなお悩みを一気に解消してくれるわけです。
JINSのClassic soft Air frameをかけたライターみかりん
メガネ歴=年齢の私的にいちばん嬉しいポイントといえば……目が小さく見えないこと‼︎ フレームの幅を狭くすることで、度入りのレンズで起こりがちな「目が小さく見える」「顔の輪郭に段差ができる」という悩みを解消しています♡ しかも、かけてみてもデザインのよさを痛感……! “おうち用のメガネ”にしておくのはもったいない! 少し外出する、なんてときも、これならコンタクトに付け替えなくてよさそう。(※今回お借りしたのは度なしレンズのメガネです)

とはいえ、使い方は人それぞれ。このメガネをかけることが“おうち時間への切り替え”になる人もいるでしょうし、おうちで仕事をスタートするスイッチになる人もいるでしょう。どう使うかはあなた次第! 以前より長くなったおうち時間を共に過ごすメガネは、『JINS』の「Classic Soft Air Frame」をぜひ♡

Ranking