『ダイソー』のイヤーカフがめちゃ可愛い! リングにもなる2WAYタイプのおしゃれな付け方

イヤーカフデビューは「ダイソー」でいかが?

ダイソーの¥330イヤーカフ
耳の横や上など、耳たぶ以外にもつけられる“耳盛り”アクセサリー、イヤーカフが大人気です。耳にひっかけたり、クリップなどで固定したりとさまざまなタイプがあり、ピアスホールが開いていなくても耳もとのおしゃれを存分に楽しむことができます。そのイヤーカフデビューをたった¥330で可能にしてくれるのが「ダイソー」で買える「ミニョンドゥビジュー(Mignon de Bijoux)」のイヤーカフです。

オール¥330で大人気! 「ミニョンドゥビジュー」のアクセサリー

ダイソーのミニョンドゥビジューイヤーカフ
「ミニョンドゥビジュー」は、アクセサリーの卸販売会社「お世話や」が手がけるブランドで、「ダイソー」で購入できます。“お客様のトキメキをたくさん詰め込んだ宝石箱”をコンセプトに、ベーシックからトレンドまで、幅広いテイストのアクセサリーが、オール¥330のプチプラ&ハイクォリティなラインナップでそろいます。ピアス・イヤリングなど耳まわりのほか、ヘアアクセサリー、ネックレス、リング、ブレスレット、さらにマスクチャームやマスクストラップまであり、どれもキラキラして大変可愛いのです♡ なかでも大人気だと実感するのがイヤーカフ。写真(↑)のとおり人気のデザインは「ダイソー」店頭でもすぐに売れていくので、「ミニョンドゥビジュー」ファンのエディター沖島、最寄りの「ダイソー」店頭をマメにチェックするようにしています。 ※店頭にて許可を得て撮影しています。

イチ押しは、リングとしても使える大きな輪っかの2WAYタイプ!

ダイソーのミニョンドゥビジューイヤーカフおすすめ
「ミニョンドゥビジュー」のイヤーカフは、小ぶりから大ぶりまで本ッ当にデザインバリエーションが豊富なので、ぜひ「ダイソー」店頭(または「お世話や」直営店か、「ミニョンドゥビジュー」公式オンラインストアにて心ゆくまでお好きなものを選び放題していただきたいのですが、エディター沖島のイチ押しは大きな輪っかのもの耳に引っ掛けてイヤーカフとして使えるほか、指を通せばリングにもなる2WAY仕様だからです!!
ダイソーのミニョンドビジューイヤーカフ3点セット
モノによっては、写真(↑)のように、小さなノンホールピアスとセットになっているタイプもあるんです! もちろん3点セットで¥330、おトクすぎて感激のあまり白目むいちゃいました(そしてまんまと購入)!! ノンホールピアスは、アレルギー対応を想定して、装着パーツ(透明な部分)が樹脂製になっています。

気分やコーデに合わせて好きなだけ耳に重ねづけ!

ダイソーのミニョンドゥビジューイヤーカフ装着画像
ピアスホールが開いていなくても、耳の好きなところにたくさん重ねづけしてボリュームを出せるが、イヤーカフやノンホールピアスのいいところ。痛くなく、落ちないようにしっかり固定できそうな厚さや骨の形のところを探って装着したらば大変よい感じに♡ マスク顔が一気に華やかにアップデートした気がします!

手持ちのピアスと組み合わせて、顔まわりのきらめきをプラス!

ダイソーのミニョンドゥビジューイヤーカフ装着コーディネート画像
エディター沖島は両耳たぶにひとつずつピアスホールが開いているので、手持ちのピアスと組み合わせて耳もとを盛り盛りするのもお気に入り。マスク顔が一気に華やぐ気がします!
ダイソーのミニョンドゥビジューイヤーカフおすすめコーデ
「ミニョンドゥビジュー」のイヤーカフたちは、ゴールドやシルバーの地金カラーや、キラキラの透明なキュービックジルコニアつきデザインが多いので、手持ちのカラフルな色石ピアスやビジューピアスとも大変相性がよいです◎。顔まわりのおしゃれマンネリ打破のためにも、ぜひベストな組み合わせを探ってみていただきたい!

大きな輪っかのデザインならリングにもなる!

ダイソーのミニョンドビジューイヤーカフでリングにもなるもの
エディター沖島が大きな輪っかデザインのイヤーカフをイチ押しする理由、それはリングとしても身につけられ、2度おいしいからです! シルバーもゴールドも自由にミックスして盛り盛りすると、在宅テレワーク中もPCを操作する手もとが常に目に入って、なんだか楽しい気分になりますよ。

「ミニョンドゥビジュー」の¥330アクセはどこで買えるの?

今回ご紹介したイヤーカフをはじめ、「ミニョンドゥビジュー」の¥330アクセサリーは、「ダイソー」で取り扱いのある各店舗のほか、「お世話や」直営店や公式オンラインショップで購入できます。ぜひ気軽に楽しんでみてくださいね。
  • エディター沖島(沖島麻美)
  • 編集&ライター歴16年目の姉MORE世代。宝島社『InRed』『GLOW』→ハースト婦人画報社『ELLEgirl』を経て独立。雑誌や書籍などのペーパーメディアと、WebやSNSなどのオンラインメディアをハイブリットで企画・制作・運用できるのが強みです。プロ目線で厳選した人気の上質プチプラアイテムを続々お届けしていくのでお楽しみに♡
    Instagram: https://www.instagram.com/asamiokishma/

Ranking