【水瓶座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<4/4~4/17> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「いい風吹かそう」 

4月4日に二十四節気も「清明」に移り、すべてのいのちがいきいきと輝きだす季節となっていきますが、そんな中4月12日にはおひつじ座22度(数え度数で23度)で新月を迎えていきます。 

今回のテーマは「風になる」。つまり、もはや東から吹いて草花や木々を芽吹かせていく春の風を感じ取るだけでなく、自分自身が「創造的な風のエネルギー」そのものとなって何かを始めたり、新しい動きをしていくなかで、見てくれている人々を感化していくこと。 

ちょうど、はるか南の国で冬を越したツバメが、故郷である日本へ戻ってくる時期でもありますが、昔から人びとは「ツバメが巣をつくった家は栄える」として、その帰還を歓迎してきました。 

すばやく空中を横切り、背をひるがえして方向転換する独特の動きや、大きな口をあけてエサを待つヒナたちにつがいで協力し合いながら子育てをする姿に、日本人は「清浄明潔」な精神を見出し、積極的にその風を呼び込もうとしてきたのかも知れません。 

その意味で、今期はここにこそ“いい風=創造的なエネルギー”を吹かせていきたいと願うような相手や人びと、場所、業界などをどれだけ具体的にイメージしていけるかが大事になってくるように思います。 

水瓶座(みずがめ座)

今期のみずがめ座のキーワードは、「からだ=風の如きもの」。

水瓶座のイラスト
「話す」の語源は「放す」にあるという説を聞いたことがありますが、他者に話しかけるということ一つとってみても、おのれの身内に動く感情やイメージのリアリティに囚えられしまえば、言葉にうまくまとまらず口ごもり、あるいは逆に発散するばかりで、リアリティを「ことば」として他者に手渡すことも、架橋することもできません。 
 
声としてのことばがわが身から離れて、相手のからだに伝わってはじめて、「ことば」は成立する訳ですが、演出家の竹内敏晴は長年の演劇指導経験から次のようにも指摘しています。 
 
自分がほんとに言いたいことがはっきりし、ことばとして充実して組み立てられ、さて相手をまっすぐ見、まちがいなく声で相手のからだにふれられた、となる(中略)盟友の語るセリフなども多くこれに類するだろう。ではこれが最上の話しことばか、となると、私にはどうもなにか一つ物足りない感じが残る。(中略)単純に言い切ってしまえば、そこには、「今」がない、のだ。」 
 
ここで竹内が言っている「今」とは、生きて働いている「からだ」のことであり、この場合の「からだ」とは古代ギリシャの哲学者たちの「魂」であり、深層心理学者のユングにおける「アニマ(無意識的なイメージ像)」にあたり、つまり「からだが働いている」とは通常の意味での「わたし」を超えた運命的な「なにか」に突き動かされている状態を指しているのではないでしょうか。 
 
つまり、ただ「話しかける」という日常的な些細な一事においても、「私が真に私であるとき、私はすでに私ではない」のであり、「ただ生きて働いているからだがあるだけ」となる場合もあるというのです。 
 
竹内によれば、そういう「からだ」とはすなわち「風の如きもの」であり「あるともないとも言えず、突如として」「巻き起こる」ものなのだとも述べています。 
 
今期のみずがめ座もまた、「話しかける」ことをめぐる幾つかのレベルを意識しつつ、「からだ」が働いていく感覚に近づいてみるべし。 


参考:竹内敏晴『ことばとからだの戦後史』(ちくま学芸文庫) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る