【獅子座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<4/18~5/1> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「心の奥底の実感を」 

4月20日に太陽がおうし座へ移り、二十四節気の「穀雨」に入ると、稲の苗もすくすくと伸びていき、いよいよ緑したたる季節へ。そんな中、4月27日にさそり座7度(数え度数8度)で満月となります。 

今回のテーマは「内面の静けさ」。すなわち、これから初夏にかけて存分に生命を燃やし、またそれに必要な備えや人手を取り入れていくべく、ますます賑やかな季節を迎えていくにあたって、今回の満月が「本当にそれでいいの?」と自分自身に最終確認をとっていく期間となるのだということ。 

ちょうど、この季節に使われる季語に「霞(かすみ)」があります。これは水蒸気の多い春に特有の、たなびく薄い雲を総称してそう呼ぶのです。麗らかな春の日にふと動きをとめて、水筒の麦茶でも飲みながら、遠くの霞を眺めているうちに、ふっと何かを思い出したり、妙な気持ちになったことがあるという人も少なくないのではないでしょうか。 

そうして周囲の音が一瞬遠くなったように感じられた時、既存の手垢のついた言葉では形容することのできなかった微妙な感情や、名状しがたい衝動がこころの表面によみがえり、急になまなましく感じられてきたり、実感が追いついてきたり。あるいは、春の夜空に浮かぶ霞たなびく朧月を眺めている時、ふと心のどこかにひっかかっていた違和感が鮮烈に立ち上がってきたり。 

今期はそんな風に、ゆっくりと、ないし、しみじみと心の奥底の実感を浮き彫りにしていくべく、自分のこころやからだと静かに向きあっていく時間を持っていきたいところです。 

獅子座(しし座)

今期のしし座のキーワードは、「身体とリズム」。

獅子座のイラスト
近代以前と違って、現代社会では私たちの身の周りにあるのはあるがままの豊かな自然というよりも、まずもって商品や情報であり、それらが次々と生み出されては流れていく奔流と言っていいでしょう。そこでは、一つ一つのモノの実感は際限なく軽くなっていき、そうして私たちは自然を見失ってきたのだと言えます。 
 
ところが、そうして個が強くなって自然が客体化され、あるがままの自然が解体されていくと、今度は「解体できない自然」としての生身の身体がますます鋭敏に反応するようになり、内なる自然、宇宙との連続性ないし断絶が、本人の生の実感として露わになってしまっているようにも思えます。 
 
現代人が直面しているこうした事態について、俳句の実作者の立場からより切実な実感を持ってきたであろう長谷川櫂は『俳句の宇宙』の中で、次のように述べています。 
 
そして、今次の新しい大変動に立ち会っているのかもしれない。「自然」から「宇宙」へ。「宇宙」と言い換えることで新しく見えてくるものは何だろうか。一番大きな違いは、「自然」は人間の外側を取りまいているものだったが、「宇宙」は人間の外側にあると同時に内側にも見出されるだろうということだ。」 
 
「「自然」から「宇宙」への変動によって滅んでゆく季語と生まれてくる季語があるだろう。(中略)リズム――人間が宇宙と呼吸を合わせるためのリズムは今までよりももっと意識された大事なものになってゆくだろう」 
 
ここで言われている「宇宙と呼吸を合わせるためのリズム」の一つが、例えば俳句の五七五であり、また月の満ち欠けであったり、日が昇っては沈んでいくという太陽の動きに基づいたサーカディアンリズムであったりする訳です。 
 
今期のしし座もまた、自分なりの「宇宙と呼吸を合わせるためのリズム」ということを大切にしつつ、身体がそれにどう反応していくかということを鋭敏に感じ直してみるといいでしょう。 


参考:長谷川櫂『俳句の宇宙』(中公文庫) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking

What's New

もっと見る