【天秤座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<5/2~5/15> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「土壇場で人を救うもの」 

5月5日に「立夏」を過ぎると、野に煙る緑にまぶしい日差しと、初夏らしく気持ちのいい気候が続きます。昔は梅雨の晴れ間を指した「五月晴れ」も、今やすっかりこの時期特有のさわやかな晴天を指すようになりましたが、そんな中、5月12日にはおうし座21度(数え度数22度)で新月を迎えていきます。 

今回の新月はテーマは「(自分だけでなく周囲の)バイブレーションのレベルを上げていくこと」。古来より、飢饉の影響で出る死者は実は春から夏にかけてがピークだったと言われてきましたが、西郷信綱の『古代人と夢』によれば、疫病や飢餓などで人々がみな死に絶えてしまうような事態に陥ると、天皇は「神床(カムドコ)」に寝て夢のお告げを得ることで、やがて疫病はおさまり国家安平になったという逸話が伝えられているそうです。 

これはつまり、人間にとって本当の意味での危機的な状況とは、物質的な欠乏に加え霊的目標の飢餓に陥った状況を指し、逆にそれに飢えている人びとと霊的滋養―導きとなるようなイメージやビジョン等を分かちあうことができれば、乗り切ることも可能となるということではないでしょうか。 

四季にはそれぞれの到来を知らせる風があり、春ならば東風(こち)、冬は木枯らしと決まっていて、夏といえば「風薫る」。すなわち、青葉若葉を吹き抜けて、さあっと吹いて新緑の香りを運んでくる強めの南風がそれにあたりますが、同時にそれは、生きるか死ぬかという人間の土壇場で人を生かしてくれる“いのちの手触り”のようなものでもあったように思います。 

12日のおうし座新月前後までの今期は、そうした生きるか死ぬかの土壇場を乗り切っていく上で、自分なりの美学をいかに持てるかどうか、貫いていけるか否か、ということが問われていくでしょう。 

天秤座(てんびん座)

今期のてんびん座のキーワードは、「霊的な遺伝」。

天秤座のイラスト
生物学の世界では有機体が次第に高等化していく発達過程は、残らず遺伝によって伝えられていくものと教えられていますが、シュタイナー教育で有名な神秘思想家のルドルフ・シュタイナーは、その著書『神智学』の中で、そうした現在の自然科学に則した発展法則にさらに「霊」という観点を加えるとき、「一人ひとりの人間それ自身がひとつの『種』である事にきがつくだろう」と述べました。 
 
この人間=ひとつの種という見方は、肉体的生命が以前の生活で味わったありとあらゆる労苦と経験は、死とその後にくる新しい誕生のあいだの霊の世界での生活において運命からの収穫物という形で練り上げられ、再び受肉した魂に前進的な発達の可能性を与えていくという「再受肉の思想」に基づいたもので、魂は繰り返し地上に再生されていくという人間観と表裏の関係にあります。 
 
つまり、人間は誰一人としてまったく白紙の状態で生まれてきた訳ではなくて、私たちの能力、素質、魂の傾向、弱さ、いたらなさなどという様々な形をとりながら、前世からの果実を携えて地上にやってきているという訳ですが、シュタイナーは人類に良い実りをもたらす発展のためには「この生まれる前の存在を否定する思考を克服する努力がどうしても必要」なのだと言います。 
 
というのも、そうして地上に生を享ける前にみずからが実在していたという認識は、自然と「みずからが神的・霊的世界から分かち与えられたものを、おそれと神聖な感情をもって受け取」る態度へと結びついていくから。その上で、シュタイナーは私たちが次のように問うことが大切なのだと訴えます。 
 
私の肉体としての人間の姿は、私の先祖から伝えられてきたものだ。しかし、私の生涯の記録の中に書かれる事柄を、私はどこから得たのだろう。肉体を持つ人間として、私は祖先たちの姿を繰り返しているのだが、霊的存在としての私は、一体何を繰り返しているのだろう。」 
 
今期のてんびん座もまた、そうしてひとつの種として自分が積み重ね、この地上へと携えてきた果実を改めて「おそれと神聖な感情をもって」受けとっていくべし。 


参考:ルドルフ・シュタイナー、高橋巌訳『神智学』(ちくま学芸文庫) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking