【牡牛座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<5/16~5/29> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「ゲームに臨む戦略を取り戻す」 

5月21日に太陽がふたご座に移り「小満」を過ぎると、万物の命もあふれんばかりに躍動し、特に植物は生気に満ちて、若葉がしたたるような青葉になりますが、そんな中、5月26日にいて座5度(数え度数で6度)で皆既月食を迎えていきます。 

今回は近地点で起こる満月なので、大きいです。いわゆる「スーパームーン」なのですが、それが欠ける訳ですから、単に「エモさ」が解放されるというより、そうした「エモさ」を感じられるような心の拠りどころとなっているものが失われたり、一時的に失われかけた結果、そのありがたみが骨身に沁みるということが起きやすいタイミングなのだと言えます。 

その上で、今回の皆既月食のテーマを端的に表わすとするなら、それは「ゲームプランを取り戻す」。すなわち、せっかく与えられた人生というゲームを最大限楽しんでいくために必要な目標を持ったり、誰かと共に戦っていくためのルールを設けたりすることの大切さを改めて再認識していくことです。 

それは逆に言えば、もし今あなたが適切なゲームプランを持てていないばかりに、即座の結果を求めて不満を募らせていたり、ついマンネリ化して立ち往生してしまったり、また他の誰かと互いに消耗しあうような状況に陥ったりといった傾向に少しでもあるのなら、そうした現実にきちんと向き合っていかなければなりません。 

ちょうどこの時期には「更衣(ころもがえ)」という季語があって、気候不順も重なって服装選びに悩む頃合いですが(制服は6月1日が衣替え)、服装だけでなくそれに連動するコンセプトやライフスタイル、生活の中で重視するポイントなどをこの機会に整理・統一してみるのもいいでしょう。 

その意味で、今回の月食前後の期間は、改めて人生というゲームの遊び方のスタイルを明確にしていくことができるかどうか問われていくように思います。 

牡牛座(おうし座)

今期のおうし座のキーワードは、「時熟的であるということ」。

牡牛座のイラスト
臨床心理学者の河合隼雄は『生と死の接点 <心理療法>コレクションⅢ』の中で、70歳のある女性が「五十年前に人を傷つけるようなことをしたため、そのことを最近になって人から責められているような気がする」という訴えで来談した事例を取りあげ、秘密ということの大切さに触れていました。 
 
この五十年前のこととは、彼女が結婚後、近所の人たちが彼女の噂話をしていると思い込み、無記名で隣家にかなり失礼な手紙を出した、ということものでした。このときは何事もなく過ぎ、彼女はそのことについて誰にも話さず秘密にしてきたものの、事あるごとに思い出しては後悔や自責の念に駆られてきたと。 
 
七十歳になって、そのことが急に強くなって抑うつ状態がひどくなって来談した訳ですが、治療の過程のなかで、医者のすすめもあって彼女ははじめて夫に秘密をうちあけます。すると、夫は「聞いてくれただけでなく、夫の方の苦しみなども聞く機会になった。夫婦でいながら互いにやはり一人一人苦しみを背負った人間だと思った」という展開につながり、思いがけず治療は進んでいったのだとか。 
 
河合隼雄はこうした事例を受けて、「夫婦というものは協力し合うことはできても、理解し合うということは難しいのかも知れない」と前置きしつつ、次のようにも述べていました。 
 
この妻があの秘密を夫に話してしまうような人であれば、夫婦の関係はあんがい破綻していたかも知れない。秘密を一人で持ち続け、それについて考えることによって、この女性は自分を支え強く生きてきたかも知れない。秘密が語られるには、それにふさわしい時熟を必要とするのである。」 
 
人との関わりは、それが家族や夫婦など近しいものであるほど、その間には秘密はない方がいいという考え方の人からすれば、こうした見方は対極的なものかもしれません。 
 
それでも、今期のおうし座にとって、あまりに安易に言葉にしてしまうより、身体がそれを受け止めきって“然るべきタイミング”を訴えてくるまで秘密にしておくということも、ひとつの乗り越え方の知恵と言えるのではないでしょうか。 


参考:河合隼雄『生と死の接点 <心理療法>コレクションⅢ』(講談社現代文庫) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking