【牡羊座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<7/11~7/24> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「徹底的な平和指向でいこう」 

7月22日に二十四節気の「大暑」を迎えると、梅雨も明けて強烈な夏の陽ざしが照りつける日々が続くようになり、予定では23日に東京オリンピックも開催されることになっています。そんな中、7月24日にはみずがめ座1度(数えで2度)で満月を迎えていきます。 

そして今回の満月のテーマは、「想定外の事態への備え」。「立秋」までの18日間の調整期間である夏の土用の入り(7月19日)の直後でもある今回の満月では、自分が何の準備もできていない出来事(想定外の事態)に直面したとしても、ある程度それに耐えられるような内的な安定感であったり、基礎体力をきちんと養っていくことができるかどうかが問われていくことになりそうです。 

それは精神的な面であれば、自分の感情が悪い意味で大きく振り回されているな、居心地が悪いなと感じたら、SNSであれ特定の対人関係であれ、それなりの距離を取ったり、すぐに立ち去ること。 

たとえ言っていることが正しかったとしても、怒りをもって訴えるみたいな流れになったら、そこからスッと離れること。それこそ、平和の祭典であるオリンピックの理念を誰よりも体現する“平和の使者”になったつもりで、徹底的に平和指向を心がけていくことを、この時期は何より大切にしていきたいところです。 

また、身体的にもこの時期は無理は禁物です。夏の土用の食べ物である、ウナギやあんころ餅、しじみ、ニラなどを食べて滋養をつけるのはもちろん望ましいのですが、それ以上に守るべきことは「睡眠時間の確保」です。脳はついつい夜更かしして、刺激や発散を求めがちですが、それは危機に陥った際に使うことのできるライフゲージを削ってしまう行為であり、「睡眠不足」こそは自分を不安定な状態に追い込んでしまう最大の敵なのだということを肝に銘じておきましょう。 

牡羊座(おひつじ座)

今期のおひつじ座のキーワードは、「根源的な飢えとその鎮め」。

牡羊座のイラスト
近代化の波や、文明化という人類の“必然”は、多くの人々や社会に利便性や快適さをもたらした一方で、伝統的な暮らしや価値観を守ろうとして適応できなかった人たちに暴力と死をも注いできました。 
 
そして、今や人類はみずからが築き上げてきた文明が地球にもたらした危機の反動をまともに喰らい続けている訳ですが、かつて文明化の暴力に直面した人々はみずからの存亡の危機にどう対処してきたのでしょうか。また、そこに今を生きる私たちにとってのヒントはあるのでしょうか。 
 
例えば、アフリカで生まれた実在のブッシュマン(アフリカ南部の砂漠地帯に棲む狩猟採集民)であったハンス・ターイボッッシュは、我が身を売られ、縁あって保護されながらも、故郷から遠く離れた大都会ニューヨークのサーカスで生きた実在の人物です。彼を描いた物語である『かまきりの讃歌』は、本来は自由に生き、自由に移動し続ける生き方をしていたはずのハンスが、自由を奪われた環境下で、どうしたらみずからの尊厳を失わずにいられるかを見事に示しています。 
 
ある意味でハンス・ターイボッシュは、全宇宙とその中のすべての生けるものが、あらゆる時代に経験する飢えとして、それを踊ることによって、私が言葉でなし得るものよりもはるかに良く、その多くを私のためにまとめておいてくれた。」 
 
ハンスは踊りで言葉にならないものを表現しましたが、それは祈りであり、それがあるアメリカ人女性に夢を見せ、その夢に誘われるような形でアフリカから著者がやってきたのです。それはある種のシンクロニシティー(意味のある偶然)でした。 
 
彼や彼の種族ほど長く、絶え間のない、すさまじい不正を蒙った過去を持った者がいるであろうか。もし、人々が信じている仮定が正しいとすれば、彼は憎悪と復讐の心に満たされていなければならない。(中略)ただ優しさと、より多くの愛へ向かう性質が伸びるための空間が残されているだけであった。」 
 
私たちは踊るだけでなく、いつか私たちが死んだ時に、風に吹かれて私たちの最後の足跡を消してくれるであろう砂塵を巻き上げているのを感じるのです。(中略)そのかなたの日がのぼるのを見わたしながら輝いている太母シリウスも、この飢えを知っています。そしてこの飢えが鎮められるまで、私たちがどれほど遠くまで長い間旅を続けねばならないかを見て、彼女の愛する私たちすべてのために泣き、涙をこぼすのです。」  
 
ここで語られている「飢え」とは、あるいは、日本人がそのDNAに染みわたらせてきた根源的な無常感にも通じるのではないでしょうか。そして、今期のおひつじ座もまた、そうした「飢え」をしみじみと感じていくことが、自身の今後の在り様を考えていく上での第一歩となっていくように思います。 


参考:ローレンス・ヴァン・デル・ポスト、秋山さと子訳『かまきりの讃歌』(思索社)
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る