【蟹座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<7/11~7/24> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「徹底的な平和指向でいこう」 

7月22日に二十四節気の「大暑」を迎えると、梅雨も明けて強烈な夏の陽ざしが照りつける日々が続くようになり、予定では23日に東京オリンピックも開催されることになっています。そんな中、7月24日にはみずがめ座1度(数えで2度)で満月を迎えていきます。 

そして今回の満月のテーマは、「想定外の事態への備え」。「立秋」までの18日間の調整期間である夏の土用の入り(7月19日)の直後でもある今回の満月では、自分が何の準備もできていない出来事(想定外の事態)に直面したとしても、ある程度それに耐えられるような内的な安定感であったり、基礎体力をきちんと養っていくことができるかどうかが問われていくことになりそうです。 

それは精神的な面であれば、自分の感情が悪い意味で大きく振り回されているな、居心地が悪いなと感じたら、SNSであれ特定の対人関係であれ、それなりの距離を取ったり、すぐに立ち去ること。 

たとえ言っていることが正しかったとしても、怒りをもって訴えるみたいな流れになったら、そこからスッと離れること。それこそ、平和の祭典であるオリンピックの理念を誰よりも体現する“平和の使者”になったつもりで、徹底的に平和指向を心がけていくことを、この時期は何より大切にしていきたいところです。 

また、身体的にもこの時期は無理は禁物です。夏の土用の食べ物である、ウナギやあんころ餅、しじみ、ニラなどを食べて滋養をつけるのはもちろん望ましいのですが、それ以上に守るべきことは「睡眠時間の確保」です。脳はついつい夜更かしして、刺激や発散を求めがちですが、それは危機に陥った際に使うことのできるライフゲージを削ってしまう行為であり、「睡眠不足」こそは自分を不安定な状態に追い込んでしまう最大の敵なのだということを肝に銘じておきましょう。 

蟹座(かに座)

今期のかに座のキーワードは、「“無常感”に帰る」。

蟹座のイラスト
『方丈記』と言えば、「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」の一文ととともに有名な名随筆ですが、世を離れて山深い庵に隠遁した仙人のごとき人物(鴨長明)によって書かれた、どこか抜け感のあるオシャレな印象を抱いている人も多いのではないでしょうか。 
 
ただ、彼の生きた中世の日本社会は、天災とか地異とか疫病などが頻繁に起こっていた乱世とも言える悲惨な世界であることは比較的知られていますが、作家の堀田善衛はさらに鴨長明という人物に、激しい権力闘争や政治的駆け引き、そしてそれらの行き着く先としての戦争というものとの深い因縁を読み込んでいきました。例えば、冒頭近くに 
 
「予(われ)、ものの心を知れりしより、四十あまりの春秋をおくれるあいひだに、世の不思議を見ること、ややたびたびになりぬ。(私が物の道理をわきまえるようになってから四十年余りの年月を送ってきたあいだ、想像だにしなかった出来事を見ることが次第に度重なってきた。)」 
 
という一文が出てくるのですが、堀田は「彼の無常感の実体は、あるいは前提は、実は異常なまでに熾烈な政治への関心と歴史の感覚である」と前置きしつつ、次のように述べています。 
 
定家や後鳥羽院などの一統、朝廷一家が、悲惨きわまりない時代の現実はもとより、おのもおのもの「個性」あるいは「私」というものも捨象してしまった、いわば「芸」の世界、芸の共同体を組織し、その美学を高度に抽象化すると同時に、反面でのマナリズム、類型化をもたらすべくつとめていたとき、長明は「私」に帰った。すなわち、方丈記に見る散文の世界がひらけてきたのである。長明は、この「私」において、散文において、若き日以来の政治への関心、変転して行く時世についての歴史感覚の、この二つのものがアマルガムする様相を、方丈記そのものを書きながらみずから目撃したものと、私は読みながら感じるものである。そうして世の人々は、この「私」を無常感と呼ぶ。」 
 
こういう記述を読むと、鴨長明という人は思っていた以上にだいぶ生臭い人であり、その極めて俗っぽく複雑な背景に抗しうるだけの高度のユーモアや皮肉を有していたことが分かりますし、こうした鴨長明的な人物は今の世の中にもずいぶんと隠れているのではないかという気がしてきます。 
 
今期のかに座もまた、どこかで長明の生きた中世と重なる日本社会において、どこまで「私」に帰れるかということが問われていくことになるでしょう。 


参考:堀田善衛『方丈記私記』(ちくま文庫) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking