【獅子座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<7/11~7/24> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「徹底的な平和指向でいこう」 

7月22日に二十四節気の「大暑」を迎えると、梅雨も明けて強烈な夏の陽ざしが照りつける日々が続くようになり、予定では23日に東京オリンピックも開催されることになっています。そんな中、7月24日にはみずがめ座1度(数えで2度)で満月を迎えていきます。 

そして今回の満月のテーマは、「想定外の事態への備え」。「立秋」までの18日間の調整期間である夏の土用の入り(7月19日)の直後でもある今回の満月では、自分が何の準備もできていない出来事(想定外の事態)に直面したとしても、ある程度それに耐えられるような内的な安定感であったり、基礎体力をきちんと養っていくことができるかどうかが問われていくことになりそうです。 

それは精神的な面であれば、自分の感情が悪い意味で大きく振り回されているな、居心地が悪いなと感じたら、SNSであれ特定の対人関係であれ、それなりの距離を取ったり、すぐに立ち去ること。 

たとえ言っていることが正しかったとしても、怒りをもって訴えるみたいな流れになったら、そこからスッと離れること。それこそ、平和の祭典であるオリンピックの理念を誰よりも体現する“平和の使者”になったつもりで、徹底的に平和指向を心がけていくことを、この時期は何より大切にしていきたいところです。 

また、身体的にもこの時期は無理は禁物です。夏の土用の食べ物である、ウナギやあんころ餅、しじみ、ニラなどを食べて滋養をつけるのはもちろん望ましいのですが、それ以上に守るべきことは「睡眠時間の確保」です。脳はついつい夜更かしして、刺激や発散を求めがちですが、それは危機に陥った際に使うことのできるライフゲージを削ってしまう行為であり、「睡眠不足」こそは自分を不安定な状態に追い込んでしまう最大の敵なのだということを肝に銘じておきましょう。 

獅子座(しし座)

今期のしし座のキーワードは、「“憧れ”を呼び込む」。

獅子座のイラスト
想定外の事態への心理的な備えとして有効な戦略の一つに、自分が執着しがちなものをあえて手放し、距離をおき、放置しておくというものがあります。 
 
これは願望の実現プロセスにおいて、どこかで挫折してしまったり、窮地に追い込まれ、いったん逃げ出したとしても、自分の中に“それでもまだ諦めきれない思い”を改めて発見することが、結果的に願望実現の大きな後押しとなって作用していくということと密接な関係があります。 
 
そうした関係性について、現代を代表する博覧強記の哲学者ジョルジョ・アガンベンは、ルネッサンス期を代表する人文学者であり占星術家でもあったマルシリオ・フィチーノの『愛について』の記述を引用しつつ、メランコリー(憂鬱気質)の創造性という観点から、次のように述べています。 
 
彼によれば「メランコリックなエロスは、愛をむさぼったために、瞑想の対象としてあるものを抱擁の欲望に変えてしまおうとする者によく起こる」というのである。メランコリックな混乱を駆り立てるエロティックな性向は、ここにおいて、本来はただ瞑想の対象としてのみ存在するものに触れたい、そしてそれを所有したいという性向として示されている。こうして、サトゥルヌス的気質の生気を逸した悲劇(※陰鬱と怠惰)は、捕まえられないものを抱きしめようとする身ぶりに潜む内奥の矛盾に、その根をもつことになるのである」 
 
例えば、想像のなかでのみ実現しうるような理想の光景を描こうとする画家は、まずそのイメージを知性によってしっかりと固定して、続いてそれを実際に目の前で見ているかのように模倣していかねばならず、しかも一回限りで終わることはなく、繰り返し行っていかねばなりません。 
 
そうしてますます募っていく幻想的光景や実現体験への渇望こそが、先の「内奥の矛盾」ということであり、そうしたメランコリックなエロスは必ず近づきえないものに欲望を向け、「捕まえられないものを抱きしめようとする身ぶり」を伴うのですが、「憧れ」というのは本来そういうものなのかも知れません。 
 
こうしたメランコリー的気質が描き出す非現実的なものとのつながり具合(トポロジー)は、そのまま文化のトポロジーでもあり、その意味で「憧れを抱く」という営みは、単なる感傷的シーンである以上に、最大の非現実性をとらえることによって最大の現実性を形づくろうとするきわめて文化的な試みであり、ある種の錬金術的な技術と言えるのではないでしょうか。 
 
今期のしし座もまた、自身の中に「憧れ」を呼び込む技術を通して、自分なりの詩や芸術や哲学における探究を確かなものにしていきたいところです。 


参考:ジョルジョ・アガンベン、岡田温司訳『スタンツェ』(ちくま学芸文庫)
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking