【魚座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<7/11~7/24> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「徹底的な平和指向でいこう」 

7月22日に二十四節気の「大暑」を迎えると、梅雨も明けて強烈な夏の陽ざしが照りつける日々が続くようになり、予定では23日に東京オリンピックも開催されることになっています。そんな中、7月24日にはみずがめ座1度(数えで2度)で満月を迎えていきます。 

そして今回の満月のテーマは、「想定外の事態への備え」。「立秋」までの18日間の調整期間である夏の土用の入り(7月19日)の直後でもある今回の満月では、自分が何の準備もできていない出来事(想定外の事態)に直面したとしても、ある程度それに耐えられるような内的な安定感であったり、基礎体力をきちんと養っていくことができるかどうかが問われていくことになりそうです。 

それは精神的な面であれば、自分の感情が悪い意味で大きく振り回されているな、居心地が悪いなと感じたら、SNSであれ特定の対人関係であれ、それなりの距離を取ったり、すぐに立ち去ること。 

たとえ言っていることが正しかったとしても、怒りをもって訴えるみたいな流れになったら、そこからスッと離れること。それこそ、平和の祭典であるオリンピックの理念を誰よりも体現する“平和の使者”になったつもりで、徹底的に平和指向を心がけていくことを、この時期は何より大切にしていきたいところです。 

また、身体的にもこの時期は無理は禁物です。夏の土用の食べ物である、ウナギやあんころ餅、しじみ、ニラなどを食べて滋養をつけるのはもちろん望ましいのですが、それ以上に守るべきことは「睡眠時間の確保」です。脳はついつい夜更かしして、刺激や発散を求めがちですが、それは危機に陥った際に使うことのできるライフゲージを削ってしまう行為であり、「睡眠不足」こそは自分を不安定な状態に追い込んでしまう最大の敵なのだということを肝に銘じておきましょう。 

魚座(うお座)

今期のうお座のキーワードは、「今のシステムを変革しうるのは<オンナ>性」。

魚座のイラスト
2月に、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森前会長が女性蔑視発言で辞任にいたったとき、ひとつの大きな時代の節目を感じましたが、これはまだまだ続くであろう崩壊劇の序章に過ぎないということも、みなどこかで予感していたのではないでしょうか。 
 
もともと「男」と「女」というのは左右対称的な対概念というより、むしろ内容的には180度というより90度くらい食い違っている非対称的な関係であり、そうした性差の実態をどこかで覆い隠したまま日本社会はそれを過剰に経済の原動力としてきた訳ですが、2月の辞任劇はそうしたあり方ももはや限界に来ていることを象徴していたように思います。 
 
整体指導者である片山洋二郎は、実際の性差とは区別して、基準や構造物を作るなど体外的な方向へ反応していく傾向が強い身体性を<オトコ>、逆に全身で納得し、決断すべく、物事を体内化していく傾向が強い身体性を<オンナ>と呼びつつ、現代社会におけるそれぞれのエネルギーの在り様を次のように述べています。 
 
社会的に大人になると(三十歳をすぎると)、<オンナ>的には自分を中心に世界を見るようになるし、<オトコ>的には世界のどこに自分が位置づけられるかを見るようになり、オジサンとオバサンという硬直したセクシュアリティを身につける場合が多いが、まあそれなりの安定があって、そう悪くはないかもしれない(逆にどちらにもなれない人はかなりキツイ)。しかし、少なくともオジサンはもうこれ以上頑張らないほうがいいし、そのほうがオバサンも優しくしてくれそうな気がする。」 
 
そして、若い世代を中心にもっとセクシュアリティが多様に分化していくまでは、「とりあえず、今のシステムを変革しうるのは<オンナ>性だから、<オトコ>性は当分はたらかないで休んでいただくほうがイイかもしれない」と繰り返し強調するのです。 
 
今期のうお座もまた、そのくらいに思っているくらいでちょうどいいでしょうし、その上で、いわゆる“性差”とは別に自分がどちらの身体性やエネルギーを持ち合わせているのか、改めて自覚を深めていくべし。 


参考:片山洋次郎『整体。共鳴から始まる』(ちくま文庫) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking