【蠍座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<9/5~9/18> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「こじらせた私との和解と解放」 

前回の9月7日のおとめ座新月のテーマは「プライドの置きどころ」でした。そして9月23日の「秋分」の直前には、9月21日にうお座28度(数えで29度)で満月が形成されていきます。 

そんな7日のおとめ座新月から21日のうお座満月までの期間をあえてテーマ化するとすれば、それは「かつて否定した自分自身との和解」ということになるのだと言えるかも知れません。 

長期化したコロナのもたらす深い沈鬱のなかで、私たちはいつしか以前はごく当たり前に肯定していた衝動や実感を我慢したり、殺したり、埋めていくことを余儀なくされるようになっていました。しかし、今回の満月ではそうしてかつて自分のなかで抑え込んだり、なかったことにしていた個人的実感や衝動をみだりに否定せず、あらためて受け入れた上で、いかにそれが自分にとって大切で、切り離せないものであるかを洞察していくという流れが、自然に起きていきやすいのだと言えます。 

満月というのは、自分の中に潜在していた思いや願いにスポットライトが当たっていきやすいタイミングですが、今回は「そうそう、こういう変なところも自分なんだよね」とか、「他人と比べて苦しんできたけど、これも自分なのかも知れない」といったように、どこかでプライドをこじらせ、長いあいだ囚われていた考えから少しだけ解放されていくことができるはず。 

その意味で今期は、自分の中の、どんな部分を否定して影にしてきたのか、あらためて思いを巡らせてみるといいでしょう。

蠍座(さそり座)

今期のさそり座のキーワードは、「性の多様性」。

蠍座のイラスト
日常生活のなかで見ず知らずの「他人に身をあずける」機会が激減した現在のような事態が、今後も長期化していくだろうことを考えると、リスキーな誘惑を排除できたというメリットとして喜ぶこともできる一方で、固定観念からみずからの感覚をほどいていくチャンスの喪失というデメリットの影響もきちんと考慮していかなければならないように思います。 
 
ここで思い出されるのが、かつてセクシー・エスティシャンとして一世を風靡した南智子さんの存在です。哲学者の鷲田清一によるインタビューとレポートをまとめた『<弱さ>の力』に収録された「受け身と多様―「先生」と呼ばれる性感マッサージ嬢」のなかで、彼女は自分のもとに訪れたたくさんの男性を振り返りつつ、自分がまるでセクシービデオの女性のように感じまくったことにひどくショックを受けたり、自分はホモだったのかと落ち込む男性について次のようなことを語っていました。 
 
「『性的なベクトルが異性に向いているか同性に向いているかということと、身体のどこが感じるかってことはまったく別のことだから』って言ってあげるんだけど、『えっ?』って意味がわからないんです。どこまでもヘテロ男性の性って封じ込められているんです。」 
 
男性は、女性は、ってふうに語らないほうがいいと思います。個人差だと思いますから。オーガズムを得ないと駄目だという幻想に憑かれているひともいるけど、ノンセクシャルで満ち足りているひともいる。でもそれを自分は変じゃないかと悩む必要なんかない。どんなかたちであれ、固定観念のようにこびりついた幻想を外したいんです。マスコミ情報にがんじがらめになっている男性って、ほんとに多い。自分の性にどれだけきちんと向きあって生きていくのか、それを考えている男性は少ないです。(中略)性として身体を見た場合、同じものは二つとしてないです。だって、自然物なんで、手とかすべてねえ、同じだったらそっちのほうがビックリですよ。」 
 
「女って、(異性に向かうか同性に向かうかの)その境界線が非常にあいまいだと思えるんです。それをビデオに出て、とても感じました。つまり、みんなそれぞれ個性があるし、セックスの好みも異なっているのだけれど、不思議なつながりみたいなものが体感できたの。ひとりひとりは全然違うのに、全体で女という一つの生き物を構成しているというか…。パッと溶けあったかと思うと、パッと離れられる、まるで同じ素材でできてるって感じなんです。男は殴り合ったりしながら殻を叩き割る必要があるんでしょうね。その点、女はアメーバ状態だから、その必要もないのではないでしょうか。」 
 
この言葉に対して、AV監督の代々木忠さんが「男が女から学ぶことは、まだまだたくさんありそうですね」と応えているように、今期のさそり座もまた、同じ意味で自分の性にきちんと向きあっていくことを通して、自然と性の多様性に開かれていくことがテーマになっているのかも知れません。 


参考:鷲田清一『弱さの力』(講談社学術文庫)
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking