【獅子座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<10/17~10/30> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「幻想の外へと飛び出して!」 

日増しに気温の下がり始める「霜降」が近づき、蟋蟀の鳴き声もいつの間にか聞こえなくなってくると、ますますひんやりとした秋の夜長を愉しめるようになってきますが、そんな中10月20日にはおひつじ座27度(数えで28度)で満月を迎えていきます。 

「大胆な行動」を促す火星や「根本的な変容」を司る冥王星を巻き込む形で配置される今回の満月のテーマは、「子宮内幻想からの脱皮」。これまで無意識的に調子をあわせてきた理想像だったり、なんとなく正しいとされ従ってきた決め事だったり、それらいつの間にか色あせてきつつあった馴染みの「幻想」をいよいよ破棄し、もっとおのれの欲望に忠実になっていくためのきっかけや実感を掴んでいくにはもってこいのタイミング。 

ちょうど秋の日の暮れやすいことの喩えで、よく「秋の日はつるべ落とし」などと言いますが、人によっては「つるべ」を井戸の中に落とすときのように、急速に意識が切り替わっていきやすいでしょう。 

さながら一度も離れたことのない塔から脱け出していくラプンツェルのように、「こうしておけば無難で安全」という領域の“外”へと思い切って飛び出していきたいところです。 

獅子座(しし座)

今期のしし座のキーワードは、「クセノスの目」。

獅子座のイラスト
かつて哲学者のメルロ・ポンティは「ほんとうの哲学とは、この世をみる見方を学びなおすこと」(『知覚の現象学』)と言い、それは古代ギリシャ風に言うならば「クセノス(異邦人・異星人)のような目」を持つことでもある訳ですが、これは意図的にやろうとしてみると意外と難しいもの。 
 
朝の明るい陽射しのなか、お気に入りの音楽をかけながら、秩序と活気みなぎる街並みを車で走り抜けつつ「この世」を感じている時に、エイリアンの目など入り込む余地はないでしょう。 
 
ただ、例えばそこに一本の電話がかかってきて、親が癌になって余命宣告を受けたとか、家族が事故に遭ったと知らされれば、心臓はサイレンのように鳴り響き、町全体も嵐のように渦を巻き始め、あなたはハンドルにしがみ付いて言葉にならない叫びをあげながら、これまでとはまったく異なる世界の中を走り始めることになるはず。 
 
つまり、地球人の目が異星人のそれに変わるのは、そうして自身の運命にまつわる予定調和に乱れや、重大で危険な兆候について、(自我や精神というより)身体や生命の次元で受け止めることのできた時に他ならないのではないでしょうか。 
 
哲学者のハンナ・アレントは『人間の条件』のなかで、そのことを動物とは異なる人間生活の特殊性という観点から次のように描写してみせました。 
 
遠く離れた宇宙の一点から眺めると、人間の活力はどれも、もはやどんな活動力にも見えず、ただ一つの過程としか見えない。したがって、ある科学者が最近述べたように、現代のモータリゼーションは、人間の肉体が徐々に鋼鉄製の甲羅で覆い始めるというような生物学的突然変異の過程のように見えるだろう」 
 
今期のしし座もまた、そうした自身の周りや社会で起きつつある突然変異について、どれだけクセノスの目を持ち込むことができるかが少なからず問われていくでしょう。 
 
 
参考:ハンナ・アレント、志水速雄『人間の条件』(ちくま学芸文庫) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking

What's New

もっと見る