モアハピ部 No.531*Maya*
MOREインフルエンサーズ 
モアハピ部 No.531*Maya*
普段は舞台やイベントの企画・制作、スタジオ運営、振付、webライターなどをしています。舞台、映画、音楽etc...アート・エンターテイメントがより身近になるような記事を書ける人になりたい。

全米ヨガアライアンスRYT200
ビューティーアンドフードアドバイザー

Likes...ダンス/舞台/映画/音楽/写真/ヨガ/英語/読書/カフェ/チーズケーキ/海/BBQ/LA/NY
  • Instagram
  • Website

《*映画*》懐かしいあの作品から期待の長編アニメまで✨【8月後半公開】映画5選☆★

あっという間に8月後半!!ということで、少し遅くなってしまいましたが8月後半に公開される映画の中から私が興味を持った5作品をご紹介したいと思います♪

今回も注目ポイントと共に予告動画のリンクをつけているので、気になる作品があればぜひチェックしてみて下さい☆

週末の映画選びの参考にしていただけたら嬉しいです(^^)
《*映画*》懐かしいあの作品から期待の長編アニメまで✨【8月後半公開】映画5選☆★_1
《*映画*》懐かしいあの作品から期待の長編アニメまで✨【8月後半公開】映画5選☆★_2
『ゴーストバスターズ』

製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

【スタッフ】
監督:ポール・フェイグ
製作:アイバン・ライトマン

【キャスト】
クリステン・ウィグ
メリッサ・マッカーシー
ケイト・マッキノン
レスリー・ジョーンズ
クリス・ヘムズワース

【注目ポイント】
元々は『ゴーストバスターズ1』(1984)『ゴーストバスターズ2』(1989)に続く第三作として予定されていたものの、オリジナルでイゴン・スペングラー博士を演じていたハロルド・ライミスが亡くなったことなどにより前二作の監督アイバン・ライトマンが降板。代わりに監督に就任したポール・フェイグの提案によりリブート作品(シリーズにおける連続性を捨て新たに仕切りなおされた作品)となったものです。オリジナルのゴーストバスターズが4人の男性メンバーに1人の女性秘書だったのに対して、新作は4人の女性メンバーに1人の男性秘書という設定の違いも気になるところ。
《*映画*》懐かしいあの作品から期待の長編アニメまで✨【8月後半公開】映画5選☆★_3
『青空エール』

配給:東宝

【スタッフ】
監督:三木孝浩
原作:河原和音
脚本:持地佑季子
製作:市川南
共同製作:村田嘉邦

【キャスト】
土屋太鳳
竹内涼真
葉山奨之
堀井新太
小島藤子

【注目ポイント】
「高校デビュー」「俺物語!!」などでも知られる河原和音さんの人気漫画を、映画「orange オレンジ」でヒロインを務めた土屋太鳳さんと「仮面ライダードライブ」「下町ロケット」等に出演されていた竹内涼真さんの共演で実写映画化。監督は、「アオハライド」「ホットロード」「僕等がいた」など、人気青春漫画が原作となっている作品を多数手がける三木孝浩監督。ストーリーは王道な気もしますが、この強力タッグの生み出す青春映画、とても気になります。
《*映画*》懐かしいあの作品から期待の長編アニメまで✨【8月後半公開】映画5選☆★_4
『ハートビート』
原題:High Strung
製作国:アメリカ・ルーマニア合作
配給:武蔵野エンタテインメント

【スタッフ】
監督:マイケル・ダミアン
製作:マイケル・ダミアン/ジャニーン・ダミアン
製作総指揮デイブ・スコット/ジョジャミ・タイラー

【キャスト】
キーナン・カンパ
ニコラス・ガリツィン
ソノヤ・ミズノ
ジェーン・シーモア
ポール・フリーマン

【注目ポイント】
奨学金でニューヨークの名門校に入学したバレエダンサーのルビーが、地下鉄でバイオリンを演奏するイギリス人の青年ジョニーと出会い、力を合わせて弦楽器&ダンスのコンクールに出場するというストーリー。

世界最高峰のダンサーが62人も参加していて、クラシックとヒップホップ、音楽とダンスの融合が見所とのことです。特集記事を見つけたのでよかったらチェックしてみて下さい♪
《*映画*》懐かしいあの作品から期待の長編アニメまで✨【8月後半公開】映画5選☆★_5
『君の名は。』

製作国:日本
配給:東宝

【スタッフ】
監督/原作/脚本:新海誠
製作:市川南/川口典孝

【キャスト(声の出演)】
神木隆之介
上白石萌音
長澤まさみ
市原悦子
成田凌

【注目ポイント】
私なりのポイントを、あえてストーリー以外であげるならば以下の三点です。
・主人公の声を担当する神木隆之介さんの演技
・新海誠監督作品ならではの美しい風景描写
・主題歌のRADWIMPS「前前前世」が良いと話題

↓見つけたので良かったら聴いてみて下さい♪
《*映画*》懐かしいあの作品から期待の長編アニメまで✨【8月後半公開】映画5選☆★_6
『リトルボーイ 小さな僕と戦争』

原題:Little Boy
製作年:2014年
製作国:アメリカ
配給:東京テアトル、日活

【スタッフ】
監督:アレハンドロ・モンテベルデ
脚本:アレハンドロ・モンテベルデ/ペペ・ポーティーロ
製作:アレハンドロ・モンテベルデ/レオ・セベリーノ

【キャスト】
ジェイコブ・サルバーティ
エミリー・ワトソン
ケイリー=ヒロユキ
マイケル・ラパポート
デビッド・ヘンリー

【注目ポイント】
第二次世界大戦中のアメリカ西海岸に住む8歳の少年ペッパーが、徴兵された父親を戦場から奪還するために立ち上がるお話。”リトルボーイ”というのは背の低いこの少年の呼び名なのですが、この名前は広島に投下された原子爆弾が“LITTLE BOY”と呼ばれていたことを知ったメキシコ出身のモンテベルデ監督がつけた名前なのだそう。作中での日系人との交流を通して、日米の信念や戦争中の差別主義も描かれているということで、とても興味が沸きました。
8月後半公開の作品の数々も気になるところですが、まだまだ前半に公開になった映画も上映中!!ぜひこちらもチェックしてみて下さい☆
《*映画*》懐かしいあの作品から期待の長編アニメまで✨【8月後半公開】映画5選☆★_7
これはかなり気合いを入れて書きました!笑