モアハピ部 No.483 RiCha♡
MOREインフルエンサーズ 
モアハピ部 No.483 RiCha♡
歯科衛生士♡ホワイトニングコーディネーター( ´ ▽ ` )ノ第8期よりモアハピ部に仲間入りしましたRiCha♡です₍˄·͈༝·͈˄₎◞ ̑̑ෆ⃛ 楽しいこと・食べること・美容情報収集が大好き♡好奇心が旺盛なのでなんでもチャレンジ(◍ ´꒳` ◍)b思い立ったら即行動タイプ☆日々感じたHappyをお届けします♪〔Twitter:@R0i9C2h9a〕〔Instagram: @richa_7.1〕

《定番アイテムに愛着を❤︎》SNSで話題の【#ヴァセリンデコ】に挑戦♪保湿だけじゃない⁉︎おすすめ活用法10選も教えちゃう(*´∀`)b

肌の潤いをキープしてくれる冬の定番アイテムであるヴァセリン(◍ ´꒳` ◍)b
乾燥が気になるこれからの季節には愛用される方も多いかと思います☆

今、SNSで話題になっているのが【#ヴァセリンデコ】
毎日使うヴァセリンだからこそデコレーションを施して、使うたびにテンションの上がるアイテムへと変化させるのが流行っているとのことで私も挑戦♪

ヴァセリンデコ

《定番アイテムに愛着を❤︎》SNSで話題の【#ヴァセリンデコ】に挑戦♪保湿だけじゃない⁉︎おすすめ活用法10選も教えちゃう(*´∀`)b_1
以前ニベアの青缶デコをご紹介しましたが、今回はヴァセリンデコに挑戦☆
100均のネイルパーツやラインストーンを使ってデコってみましたヾ(o´▽`)ノ゙
《定番アイテムに愛着を❤︎》SNSで話題の【#ヴァセリンデコ】に挑戦♪保湿だけじゃない⁉︎おすすめ活用法10選も教えちゃう(*´∀`)b_2
もっと手軽にヴァセリンデコを楽しみたい方はPLAZAやロフトなどでキットも売っていますよ♪

12月11日までならデコレーションコンテストが開催中✨
ヴァセリンのデコレーションに挑戦してみたのなら、
せっかくなので#ヴァセリンデコというハッシュタグをつけてInstagramやtwitterに投稿してみましょうヽ(^◇^*)/
入賞すると豪華な賞品が当たります!
気になる方はHPをチェックΣd(・ω・*)

1.まつ毛美容液として

ワセリンの成分そのものに育毛効果があるわけではありませんが、ワセリンによる保湿効果によって、まつげの根元の皮膚の状態を整え、まつげが育ちやすい環境作りを助けてくれるんです☆
やり方は簡単♪毎晩、寝る前に綿棒などにワセリンをつけ、目に入らないように注意しながらまつ毛の根元から毛先につけるだけ(´▽`)

2.枝毛の応急処置

パサつく髪の毛に塗ることで枝毛や切れ毛が防止に!
適量ならばベタつくこともありませんよΣd(・ω・*)

3.靴擦れ対策として

慣れないヒールやかわいいパンプスを履くために我慢している女の子って多いですよね(/□≦、)
そんな時は靴擦れを起こしそうなところに塗るだけでヴァセリンが潤滑油として働くので靴擦れを予防することができます☆
さらに靴ずれした肌のケアにも使えるので跡も残りにくいの♡

4.花粉症予防

鼻がむずむず、くしゃみが止まらない、そんな辛い花粉症にも効果的ヾ(o´▽`)ノ゙
鼻の内側に塗ることで、粘膜の保護をして、花粉の接触を防ぎます!
また、花粉をキャッチしてくれるので体内への侵入を防いでくれますよ♪

5.化粧直しのお供に

綿棒の先にヴァセリンをつけて軽くなでるだけで簡単にメイクオフできるので、夕方のお化粧直しがもっとスムーズに(*´◒`*)

6.アイメイクの下地として

アイシャドウを塗る前にヴァセリンをぽんぽんと軽く塗るだけ☆
アイシャドウがきちんと密着するので化粧崩れの心配なしに♪

7.香水の香りが長持ち

香水をつける前に、ヴァセリンを塗るだけ☆
ヴァセリンを塗ることで香りの密封効果があるようで、乾いた肌の上につけるよりも、断然香りが長持ちしますよ♪

8.マニキュアがキレイに塗れる

マニキュアを塗る前に爪の周りにヴァセリンを薄く塗っておけば、マニキュアがはみ出しても皮膚につかずキレイに塗ることができちゃいます(◍ ´꒳` ◍)b

9.ピアスの潤滑剤として

ピアスがなかなか入らない時に、軸にヴァセ塗ると滑りが良くなってすんなり入ります♪
無理やり入れると怪我に繋がるのでなかなか入らない時はヴァセリンを試してみてください☆

10.塩と混ぜてボディスクラブに

塩と混ぜてスクラブとしても使うことも可能☆
アメリカでは定番のDIYなんだそう(´▽`)
海水塩とヴァセリンを混ぜ、優しく肌につけなで洗い流すだけでヴァセリンの保湿効果でしっとり仕上がりますヾ(o´▽`)ノ゙



髪の毛から足の先まで使える万能アイテム✨
保湿以外にこんなに効果があったなんて驚きですよね( ´艸`)
コスパも機能性も抜群なので毎日のケアに取り入れてみてはいかがでしょうか?