セックスの本音。満足している人は3割程度【モア・リポート2021】

1980年、今から約40年前。女性の「性」にまつわる大規模アンケート調査「モア・リポート」が誕生。2017年までに延べ1万2千人を超える女性たちの「性」を見つめてきました。そして、MeToo運動やフェムテックの進化、コロナ禍の今——。最新版「モア・リポート」をお届けします!
※全国の20〜34歳女性500名(平均27.3歳)に、インターネットによるアンケート調査、またはオンラインでの直接取材を実施。性に関する意識や実際の性体験など、択一式および記述式で回答
セックスの本音。満足している人は3割程度【モア・リポート2021】_1

Q.パートナーとのセックスに満足している?

パートナーとのセックスに満足している人は3割強
5割弱はパートナーとのセックスに満足しているが、「どちらとも言えない」と「やや不満」というもやもやした回答が2位と3位という結果。不満の原因は「したいタイミングが合わない」や前戯を省くなど「愛情を感じられない」など頻度から内容までさまざま。

Q.理想のセックスの頻度は?

理想のセックスの頻度は週1~2回

Q.実際、現在のセックスの頻度は?

実際のセックスの頻度は週1回か月1回
約6割の人は、週に1回以上のセックスが理想と積極的な印象。ところが、その頻度を実現できている人は3割強にとどまり、理想の頻度に対してリアルが伴っていない実態が浮彫りに。セックスの満足度に見られた“もやもや”の一因は頻度も関係が深そう。

Q.セックスに関してパートナーとどれくらいコミュニケーションをとっている?

セックスに関してパートナーとコミュニケーション取る?

話す内容

セックスに関してパートナーとコミュニケーション取る派

話さない理由

セックスに関してパートナーとコミュニケーションを取らない派
セックスに関して「かなり話す」と「ときどき話す」を合わせると、53.1%がパートナーとコミュニケーションをとっているという結果に。「セックスのあと、必ず『今日どうだった?』と聞く」(24歳・会社員)など、積極的なフィードバックを意識している人も。一方で、5割弱の「話さない」回答の理由としては、「気まずくなりそう」(26歳・無職)、「過去に話した際、あまり快く思われなかったから」(27歳・公務員)など慎重な意見も目立つ。

Ranking