【三配り嫁】って知ってる? ドレスやリング、フォトまで、2018年のウェディングトレンド大・発・表♡

モア世代女子のための"本当に使える"情報を毎日発信している「Daily MORE」。今週、5/28(月)のリニューアルで、もっと見やすく、可愛く進化しました♡ そしてスタートするのが【月間特集】。毎月、全国の働く女子に響くワンテーマを決めて、オリジナル記事を配信しちゃいます。初回の6月は、やっぱり女子のあこがれは"ジューン・ブライド"! ってことで「最高で"最幸"の結婚がしたいっ!」♡ まずは、2018年のウェディングトレンドを教えます!

最重要ワードは【三配り嫁】!?

トレンド、つまり流行とは、常に移りゆくもの。それはウェディングに関しても例外ではありません。30年前に結婚式を挙げた母の写真を見たら、顔くらいあるんじゃないかという大きなパフスリーブのドレスと、バブリーに立ち上がった前髪に驚愕した思い出が。まあ30年も経てば変わるのは当たり前ですが、実はウェディングトレンドは毎年更新されているんです!!‼︎

ということで、これから結婚式を控えるプレ花さんに、もちろん結婚式にあこがれる女子みんなに捧ぐ! 

2018年ウェディングトレンド大・発・表〜〜♡♡♡
kikuo / PIXTA(ピクスタ)

いきなり知らない単語が出てきて戸惑った方も多いはず。まずは読み方ですよね。「三配り嫁=みくばりよめ」。そして三配りとは、目配り気配り心配り!!! この三点を重視する花嫁さんが増えているらしんです。

結婚準備クチコミ情報サイト『Wedding Park(ウエディングパーク) 』の調査によると……

【最近の花嫁さんが結婚式で重視すること】
・式場の立地や設備→駅からのアクセス、スタッフの応対、専用バスの有無、バリアフリー等
・式の料理や演出→親族に縁のある食材を使う、ノンアルコールの充実、プロによる余興、ゲストと距離が近い高砂ソファ等
・引出物やギフト→ゲストによって内容の贈り分け、ひとりひとりへのメッセージカード、引出物の自宅配送等

こんな感じで、「自分が夢見る結婚式」よりも「ゲストが楽しめる結婚式」を考える人が増えているそう。たしかに、結婚式の日はヒールをはくことが多いからアクセスは気になるし、大きな引き出物の袋を持って帰るのも正直大変(笑)。こんな気遣いがあったら、ゲストにとっても「忘れられない素敵な式」になりそうですよね♬

これから式を挙げるプレ花さんは、自分のこだわりを詰め込みつつ、目配り気配り心配りもお忘れなく♡

ドレスは断然「クラシカル」が人気♡

女子なら一度は夢見るウェディングドレス。シルエットはAライン?スレンダー? 雰囲気はゴージャス?シンプル? 肩は出す?袖付き? かなえたい条件を挙げていったらキリがない〜! じゃあ、2018年のトレンドにのっかってみるのもひとつの手かも♡ ウェディングドレスのクチコミサイト『DRESPIC(ドレスピック) 』で、テイスト別にこの1年で最も見られているのは【クラシカル】! 
©アクア・グラツィエ表参道グランドサロン
上品なレースをたっぷりと使っていたり、スカート部分にパニエを入れない落ち感のあるシルエット、ハイネックやロングスリーブなど控えめな肌見せなどなど……時代を超えて愛される、大人っぽいデザインが人気の様子♡

先月5/19(土)にイギリスで執り行われた、ハリー王子とメーガン・マークルさん(サセックス公爵夫人)のロイヤルウエディングの影響や、ガーデンウェディングの流行でグリーンに似合うドレス、という観点で選ぶ人が増えているため、クラシカル人気が高まっているそう。落ち着いた雰囲気のデザインが多いので、お色直しや二次会で着るのもオススメです♬

結婚指輪は「オリジナリティ」重視の人が続出!

婚約指輪はプロポーズの「箱をパカッ」の瞬間がいちばん大事、なんて言う人もいますが(笑)、実際キラリと光る華やかなデザインが多いので、普段はつけず、大事にしまっている人もいるみたい。じゃあ毎日身につける結婚指輪は? 男性がつけても違和感がないシンプルなもの、というイメージが強いですが、今注目されているのは【オリジナリティ】!
指輪選びのクチコミサイト『Ringraph(リングラフ) 』では、結婚指輪は「個性的」という検索ワードが人気らしい! 毎日身につけるものだからこそ、ふたりだけのオリジナリティを重視する声が高まっているみたい♡
こちらはオーダーメイドリングを取り扱う『 mina.jwelry(ミナジュエリー)』のもの。リングの内側に、ふたりのイラストが! 太めのフォルムも、ファッションジュエリーのようで可愛いですね♡
uchimari(ウチマリ) 』なら、ふたりでデザイン選びから原型づくりまで体験できる! 自分たちで作った型から出来上がる、世界にひとつだけのリングです♡

ふたりだけの一生もののリング。せっかくなら他の人とカブらない、個性やこだわりを詰め込んだオリジナルを作り上げてみては? もちろん、彼のこだわりもちゃんと聞いてあげてね♡

ウェディングフォトは「小物使い」が"映える"ポイント☆

そして最後は、今や"結婚"というイベントに欠かせなくなった【ウェディングフォト】。式は挙げないけれど、写真だけは撮りたい! という人も増えていますよね。インスタグラムを見ていても、ビーチで撮ったり花畑で撮ったり、最近は渋谷のスクランブル交差点なんかも見かけます。「みんなシチュエーション考えてるな〜」と感心していたのですが……
実は今、シチュエーションだけでは物足りない人が急増中! ウェディングフォトの専門サイト『Photorait(フォトレイト) 』によると、重要なのは「小物使い」! きれいな場所で撮るのもいいけれど、小物を駆使して"自分たちにしかできない"フォトウェディングはいかが?
思い出の写真と同じサングラスをかけてみたり……  ©JUICY SHUTTER!
たっぷりの風船や紙吹雪は、上手に使えばとっても華やかになる!  ©JUICY SHUTTER!

実際に『Photorait』の公式インスタグラムを見てみると……小物を使っている写真は「いいね」数が平均のなんと約3倍!!!  空や海などのロケーションに加え、ふたりらしい小物を取り入れた写真だとより思い出にも残りそう♡

※今まさに結婚式準備中の人も、これからの人も。ウェディングのトレンドは常にチェックして、世界でいちばん幸せな花嫁さんを目指しましょっ♡♡♡

※特集「最高で"最幸"の結婚がしたいっ!」。次回は、6/5(火)に「びっくり! 世界こんなところで結婚式」(仮)を配信予定です。お楽しみに!

Ranking

もっと見る

Movie

MORE7月号、発売中!