7人のNCT DREAMに会える!! 今日19時からはオンラインカムバックショーも!

初のフルアルバム『Hot Sauce』に込めた想いを語ったオンライン記者会見をリポート

マーク、ロンジュン、ジェノ、ジェミン、チソン、ヘチャン、チョンロ
(左から)マーク、ロンジュン、ジェノ、ジェミン、チソン、ヘチャン、チョンロ

NCT DREAMが、5月10日に初のフルアルバム『Hot Sauce』を世界同時配信しました。今回のアルバムは、予約注文枚数だけで171万枚超えという驚異的な数字を打ち出しています!! 本作の魅力や、7人体制での活動について、メンバー自らがオンライン・グローバル記者会見でたっぷり語ってくれました。また、この日の司会は彼らを近くで見守ってきたNCTのドヨンが担当。リラックスした空気が流れる中での会見の様子を、たっぷりお届けします!

『Hot Sauce』は刺激的でレインボー味のアルバム!?

7人にとって初めてのフルアルバム『Hot Sauce』について、ジェノは「タイトル曲をはじめ、NCT DREAMの多彩な魅力が詰まった10曲が収録されています。メンバー全員が成人を迎えた今、伝えたいメッセージをギュッと込めたアルバムです」と解説。へチャンは「今までできなかったジャンルにも挑戦できました。チョンロとロンジュンと僕の3人だけで初めて歌ったバラードもあったり。聴きどころのある曲が集まっているので、とても愛着があります」と、満足度の高い作品に仕上がったことを報告。また、アルバムをそれぞれ“味”に例えてアピールする場面では、マークが、「コショウが大好きなんですが、コショウと塩と砂糖を全部入れたような味。化学調味料も入ってます。舌を刺激する味です!」と例えると、ジェミンは「レインボー味と表現したいです。7つの美味しい味が集まって、最高の料理=『Hot Sauce』が出来上がったと思います」と自信たっぷりに回答していました。

メンバーが収録曲の魅力やビハインドストーリーを力強く語る!

タイトル曲はもちろん、アルバム発売に先立ち、トラックビデオが公開された3曲など、収録曲の注目ポイントをたっぷり解説! ハイライト曲が流れる度に、体を揺らし、歌わずにいられないメンバーの姿がなんともキュートでした♡

✔︎『Hot Sauce』
マークは、「タイトル曲『Hot Sauce』は、NCT DREAMが初めて挑戦する音楽ジャンル、アフロビートが加味されたヒップホップソングです。呪文を唱えるような独特なシグネチャーサウンドがポイントです。デモを聴いた時に、メンバー全員が『この曲がいい!』と言うほど、すぐに気に入りました。いい仕上がりにしたい一心で、何度か修正録音した曲なので、期待してください!」。ジェミンは「タイトルが『맛 (Hot Sauce)』(맛は“味”の意味)なのですが、僕らが持つ真の味、強烈な味、アツい味を見てくれ、とストレートに表現した曲。そして、歌詞もホットソースのように刺激的で、一度味わってしまうと抜け出すことができない、DREAMだけの強烈な魅力を披露するというメッセージを盛り込んでいます」と紹介。
また、パフォーマンスについてジェノは、「歴代級と言われるほど動作が大きくて、細かい動きも多いのですが、余裕を感じてもらえるパフォーマンスに仕上がりました。振り付けの至るところにポイントとなる動作がちりばめられているので、見ているだけで楽しいと思います」。ロンジュンは、ミュージックビデオについて、「曲名に合わせて、僕たちがホットソースの広告モデルとして登場します。僕たちの愉快で多様な魅力に出会えるはずです」と教えてくれました♪
NCT DREAM 엔시티 드림 '맛 (Hot Sauce)' MV
✔︎『고래 (Dive Into You)』
海の中を泳ぐような身振りをしながら、ハイライトを聴くメンバーたち。ジェノはこの曲について、「カップリング曲のこの曲は、NCTらしいミディアムR&Bの曲です。僕と君の関係を海とクジラに例えた歌詞で、君の胸の中に飛び込んでいきたいという気持ちが歌われています」と紹介。
NCT DREAM '고래 (Dive Into You)' DREAM-VERSE Chapter #1 The Love Triangle
✔︎『Diggity』
「未知の世界に向けて、ともに冒険を始めようと歌うポップダンス曲。僕たちが持つヤングなエネルギーを感じられる曲です。それに一度聴いただけで、中毒性ある曲だと分かると思います」とチョンロ。これに対しドヨンが、「トラックビデオが公開された楽曲の中でも、非常に好きな一曲です」とコメントすると、メンバーは嬉しそうに、「本当に?」と言いながら笑顔をこぼしていました♡
また、この曲のトラックビデオには、メンバーが扮する“Diggity”という名のグループが登場し、ファンから彼らに熱い関心が寄せられたという話題に。そのことについて、ジェミンは「“Diggity”のメンバーの名前は、僕たちそれぞれのあだ名です。トラックビデオの撮影は、コントを撮っているようでとても楽しかったので、ファンのみなさんも喜んでくれてとても幸せです」と答えていました。
NCT DREAM 'Diggity' DREAM-VERSE Chapter #3 The Taste of Pain
✔︎『Rocket』
ロンジュンが「楽しい曲! ファンキーな雰囲気のレトロポップ曲。メロディが爽やかで、夏にぴったりの曲。ドリームポケットとして表現している、宇宙をステージとして羽ばたきたいという豊富が込められています」と解説をすると、進行役のドヨンが、「どこかに書かれているのを読んでいるかのような、解説の上手さですね」と感嘆! メンバーから笑いが起きると、これにロンジュンは、「僕はこういう説明スタイルなんです(笑)」と応答していました。

✔︎『ANL』
マークが「ANLは、All Night Longの略です。個人的に非常に好きな曲で、ドリームの雰囲気にぴったりの楽曲だと思います。歌詞は、心に浮かぶ人への気持ちを、毎晩空に浮かぶ月で表現しています。今作でいちばん最初にレコーディングしたのですが、弾むようなメロディーと歌詞で、聴くたびに気分が良くなります! ファンのみなさんも好きになってもらえるのではないかと思います」と、身振り手振りを加えながら、元気いっぱいに紹介。

✔︎『Irreplaceable』
この曲は、へチャンが解説を担当。「僕がいちばん好きな楽曲で、“愛する彼女が、僕の人生の主人公”という歌詞がワクワクするスイングリズムのラブソングです。爽やかな気候の今、聴くのにぴったりだと思います。鍵盤、ブラス、打楽器などによる躍動感ある演奏も楽しいです。また、この曲はとても音域が高くて、ボーカルスキルが必要とされるので、練習をたくさんしました。あと、尊敬している作家さんたちと一緒に作業ができたのもうれしかったです。作家さん愛してます♡」と指ハートを送りながらコメント。共にクリエイションした作家さんへの愛情表現を忘れない、しっかり者のへチャンさんが今日も健在でした!

✔︎『Rainbow』
マーク、ジェノ、ジェミン、チソンが作詞に参加したこの曲についてジェミンは、「R&Bポップ曲で、7人で美しい虹のように、新しいページを作っていこうという想いを込めました。歌詞を作る前に、NCT DREAMにとってこのアルバム制作がどんな意味があるのか、伝えたいことを各々で整理しました。作詞家のチョン・ユンギョンさんが、それをきれいなひとつの歌詞に仕上げてくださいました。それぞれの歌詞がよく調和していて、記憶に残る曲です」と自信に満ちた表情で語っていました。また、チソンは、「今回の作詞は、僕たちのことを考えればいいので、短期間でスラスラと書けました。合体した歌詞を読むと、とても温かい気持ちになって。レコーディング室のヘッドフォンで聴いた時に、胸がいっぱいになったのを覚えています」と振り返り、ジェノは、「4人で相談することなく書いたのですが、完成したものを聴いて、ピッタリとはまっていたことには不思議な気持ちになりました」と感慨を伝えてくれました。そしてチョンロも、「僕は作詞に参加はしていませんが、メロディや歌詞がとても素敵です。ひとりひとりがファンに伝えたいことを集めた歌詞なので、とても意味のある一曲だと思います」。
NCT DREAM 'Rainbow (책갈피)' DREAM-VERSE Chapter #2 The Thing I Cherish

7DREAMの“成長”と“絆の強さ”を感じた、質疑応答タイム

記者会見の様子

予約注文枚数だけで171万枚超え! 記者たちの熱気もすごかった

質疑応答タイムでは、彼らへの関心の高さが伺える質問が飛び交いました。

発売前から大きな話題を呼び、ミリオンセラーを記録したことについて問われると、マークは「結果の前に、まず、僕たち7人で初めてアルバムを作れたということに大きな意味がありました。また、今回の活動の僕たちの目標は、いい想い出を作ること。楽しく幸せに活動することです。ですが、ファンのみなさんがたくさんの愛を送ってくださったので、もっと一生懸命に頑張らないとと思いました。この活動を通して、みなさんと素敵な想い出を作りたいです」と力強く宣言。へチャンは、「アツい愛を送ってくれたシズニ(ファンの呼称)のみなさんに、感謝を伝えたいです。そして、ひとつひとつ成長してきた僕たちのために苦労をしてきたスタッフのみなさんにも、この場で感謝を伝えたいです」とメッセージ。

10代でデビューし、今年メンバー全員が韓国の年齢で20代に突入したNCT DREAM。これまでの作品と今作との違いを問われると、最年少メンバーのチソンは、「10代の時よりも余裕ができたと思います。たくさんの経験を通して、ノウハウを身についた気がします」。ジェノは、「デビューした時は、“若い”印象が強かったと思います。今までの僕たちが、ひとつの味だったとしたら、今作では、経験を通してあらゆる味が追加された僕たちを見ていただけると思います」と頼もしさあふれる回答。マークは、「あとは、22時を過ぎても撮影ができる年齢に(全員が)なったことは良かったことです!」と茶目っ気たっぷりに報告!

「マークさんはずっと僕たちと一緒でした。いつだってDREAMでした」(ロンジュン)

グループを離れていた時期があるマークが、再びグループに合流し、7人で活動することについての感想を求められると、メンバー同士の固い絆を感じられる返答が。マークが「7人でアルバムを出すと聞いた時は、とてもワクワクしましたし、初のフルアルバムに、僕も合流できるということに意義を感じました。メンバーも温かく迎え入れてくれてうれしかったです!」と喜びをあらわにして語ると、ロンジュンが「マークがNCT DREAMを卒業した時も、出て行ったという感覚ではなく、他の活動をするために少しの間いないだけで、しばらくすればまた集まるだろうと感じていました。マークさんはずっと僕たちと一緒でした。いつだってDREAMでした」と胸がギュッとなる言葉を残しました。

最後に、今作の活動の意気込みを聞かれると、ロンジュンは、「人生で忘れられない活動になればいいなと思います。活動を楽しむことに集中したいです」。チソンは「ひとつの目標に向かって、みんなで一生懸命やったし意見もたくさん出した。愛情をこのアルバムにどれだけ注いだか、知ってもらえたらそれでいいなと思います」。チョンロは「後悔しないよう楽しい活動をしたいです。いい想い出を作りたい!」と伝え、会見を締めくくりました。
本格始動したばかりのアルバム活動。これからどんなパフォーマンスを見せてくれるのか期待が膨らむばかり。DAILY MORE取材班も『Hot Sauce』を聴き込んで、彼らの活躍を応援しています!
マーク

1/7

ロンジュン

2/7

ジェノ

3/7

ヘチャン

4/7

ジェミン

5/7

チョンロ

6/7

チソン

7/7

マーク
ロンジュン
ジェノ
ヘチャン
ジェミン
チョンロ
チソン

【NCT DREAM オンラインカムバックショー「7DREAM RETURN!7+味=SHOW」】

今晩19時開催のオンラインカムバックショーは、下記から無料で視聴できます!
【日時】5月11日(火)19時~

【配信プラットフォーム】
■NAVER V LIVE  
https://www.vlive.tv/video/247205
※NAVER V LIVEは簡易日本語訳がつきます
■LINE LIVE
https://live.line.me/channels/779/upcoming/16686993  
■YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=c896tz4This&feature=youtu.be
■Twitter
https://twitter.com/i/broadcasts/1RDGlPvoPBOGL
■TikTok  
https://t.co/NDiDk8p2ka?amp=1

NCT DREAM『Hot Sauce』

▼CD購入はこちら
https://shop.mu-mo.net/avx/sv/list1?jsiteid=mumo&artist_id=NCTDR&sort=date
▼各種配信サービスでの視聴はこちら
https://nct-dream.lnk.to/HotSauce

NCT DREAM プロフィール

エヌシーティー ドリーム●新譜発表をするたびに洗練された色と独創的なパフォーマンスの魅力が発揮されている。前作「Reload」(リロード)で、韓国内アルバムチャート1位、iTunesトップアルバムチャート全世界51地域1位、ユナイテッド・ワールド・チャート1位など、国内外のチャートを席巻することはもとより、米国ビルボード‘今年の21歳以下のアーティスト21’にアジア歌手初3年連続(2018、19、20)選ばれるなど、グローバルパワーを立証しただけに、今回のアルバムを通して見せてあげる活躍がさらに期待を集めている。日本ではライブツアーを記念して発売したライセンス盤「THE DREAM」が日本デビューしていないK-POPグループとして初のオリコン週間アルバムランキング1位を獲得している。(2020年1月28日付)

Ranking