【BLACKPINK】8/3にフルアルバム『THE ALBUM』の日本語バージョンを発売!

8/3(火)にリリース決定! 予約は6/2(水)からスタート

昨年、全世界で韓国ガールズグループ歴代1位となる120万枚のセールスを記録した、BLACKPINK初のフルアルバム『THE ALBUM』の、日本語バージョンが発売決定しました!SPECIAL EDITIONには、全世界で約28万人が視聴した最新ライブ「BLACKPINK 2021 [THE SHOW]」の映像を完全収録!本日より予約開始です。

本作では、オリジナル・バージョンのMV が既に4億回再生を突破し、米ニュース週刊誌「タイム」にて「今年最高のK-POPソング10曲」に選定された「Lovesick Girls」や、MVの公開から32時間で1億再生を突破した「How You Like That」、そしてPretty Savage」「You Never Know」などの4曲が、日本語バージョンとして新録されるとのこと。さらに、セレーナ·ゴメスとのコラボレーションで話題を呼んだ「Ice Cream (Feat. Selena Gomez) 」、世界中の音楽チャートで話題沸騰中の女性ラッパー、カーディ・Bがフィーチャリングで参加した「Bet You Wanna (Feat. Cardi B)」など、オリジナル・バージョン4曲を加えた全8曲を収録!

JAPAN 1st FULL ALBUM「THE ALBUM -JP Ver.-」ティーザー

BLACKPINK - 1st JAPAN FULL ALBUM「THE ALBUM -JP Ver.-」
初回限定盤5種類、通常盤3種類、ソロ盤が4種類の合計12種類を発売。

初回限定盤Aは「How You Like That -JP Ver.-」、初回限定盤Bは「Lovesick Girls -JP Ver.-」、初回限定盤Cは「Ice Cream (Feat. Selena Gomez)」のコンセプトをそれぞれ活かし、各コンセプト別のA4サイズフォトブックレットやB3ポスター、円形BIGカード、フォトカードなどの豪華特典付き♡ ソロ(メンバー別)盤にはCDジャケットだけでなく、CDの絵柄デザインやブックレットなどにも各メンバーのビジュアルを使用したマガジン型の豪華パッケージ仕様!

SPECIAL EDITIONでは、2021年1月に行われたオンラインコンサート「BLACKPINK 2021 [THE SHOW] 」のライブ映像を完全収録! Blu-rayとDVDで発売されます。このライブは、今年1/31にYouTube上で開催され、全世界で約28万人が視聴。世界最大の音楽市場である米国の視聴率が最も高く、19.2%を占め、米国のビルボードやバラエティーなどの有力な海外メディアから称賛されました。また、ワールドリアルトレンドでも、リアルタイム1位となり話題となったライブなので必見です。

全世界で120万枚以上を売り上げ、アメリカを含む57カ国のiTunesチャートでも1位を獲得した『THE ALBUM』。日本語になった歌詞にも要注目です!

リリースを記念して、本日より“BLACKPINK JAPAN 1st FULL ALBUM「THE ALBUM -JP Ver.-」Special site”がオープン♪

BLACKPINK profile

BLACKPINKメンバー全員集合写真
ブラックピンク●アジアに舞い降りた"次世代ガールクラッシュ"。グループ名の「BLACKPINK」は、最も綺麗な色と表現されるピンクを少し否定する意味で、“美しいものが全てではない”という意味が込められている。またスペシャルなものの前に「BLACK」という名称がつけられるように“スペシャルな女性グループ”を意味するものでもある。2016年8月8日に韓国でデビューショーケースを行い、同日20時に「SQUARE ONE」の収録曲「WHISLE」「BOOMBAYAH」にてデビュー。日本においては、2017年7月に新人としては異例となるデビューショーケースを日本武道館で開催し、20万件以上の申込みが殺到し、話題沸騰に。8月に発売した、デビューミニアルバム「BLACKPINK」はオリコンアルバムランキングで1位を獲得。また多くのファッション雑誌の表紙を飾り、大手化粧品メーカーやハイブランドのイメージモデルにも抜擢され流など新たなファッションアイコンとしても確立。2018年6月にリリースされた1stミニアルバム「SQUARE UP」が全世界44ヵ国のiTunesチャートで1位を獲得、タイトル曲「DDU-DU DDU-DU」のMVは162日で5億回再生を突破。7月からは、自身初となるジャパンツアー「BLACKPINK AREANA TOUR2018」を開催。その最終公演として“海外女性グループ史上初”の京セラドーム大阪での公演を実施。全3都市8公演12万5,000人の動員を記録した。10月には、アメリカの名門レーベル「Interscope Records」と契約。グラミー賞前夜イベント「グラミー・アーティスト・ショーケース」でのパフォーマンスをはじめ、アメリカ最大級の音楽フェスティバル「コーチェラ・フェスティバル 2019」にも出演、ABCの看板番組である「Good Morning America」への出演も果たすなど、アメリカでの本格的な活動もスタート。2019年1月11日から始まった自身初のワールドツアー「BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA」は、全世界で16ヶ国22都市30公演をSOLD OUT。2019年4月に発売した2ndミニアルバム「KILL THIS LOVE」は、全世界配信後、アメリカのiTunesチャート1位を記録。韓国女性アーティストとして初の快挙を成し遂げた。タイトル曲の「Kill This Love」はMV公開後、3日間で再生回数1億回を突破し、177日後には、6億回再生を超えた。11月にはアメリカTIME誌が選定する「TIME NEXT 100」に選ばれ、ワールドクラスのアーティストとも肩を並べる存在に。2019年12月から2020年2月まで、「BLACKPINK 2019-2020 WORLD TOUR IN YOUR AREA」の日本公演となる自身初のドームツアーを開催。東京・大阪・福岡で20万5,000人を動員し、自身の記録を更新。YouTubeのチャンネル登録者数は世界1位、MVの総再生回数は42億回(2020年4月現在)となるなど、まさに“ワールドクラスのガールクラッシュグループ”として快進撃を続けている。

Ranking

もっと見る