【Da-iCEインタビュー】初のベストアルバム『Da-iCE BEST』を発売! 「s**t kingz」による振付けにも注目して☆

6年目に突入! 今までもこれからもファンと一緒に、ピースフルな日々を過ごしていく

【Da-iCEインタビュー】初のベストアルバム『Da-iCE BEST』を発売! 「s**t kingz」による振付けにも注目して☆_1
メジャーデビュー6年目を迎えた、5人組ダンス&ヴォーカルグループ・Da-iCE。6月6日には、初のベストアルバム『Da-iCE BEST』を発売する。今作に収録される最新シングル『FAKEMEFAKEMEOUT』は、今までの彼らとはひと味違い、都会的でつやめいた雰囲気が漂う。この曲の注目ポイントは「キザで、男らしさを感じる歌詞。Aメロがイチ押し」(大野)。さらに、メンバー全員が自信を持って挙げるポイントが、世界的ダンスパフォーマンスグループ「s**t kingz」(シットキングス)メンバー全員による振付け。「2本のマイクスタンドを用いる構成が秀逸。これまでにないカッコよさに仕上がりました」(和田)。「想太は曲の冒頭で、倒れたマイクスタンドを片足で起こしてキャッチしないと歌えない。そんな難易度の高い振付けがちりばめられているので緊張します(笑)」(工藤)

彼らのファンの愛称は“6面”。Da-iCEが6面体のサイコロという意味を持っていることにちなんでいる。そんな、彼らにとって大切なデビュー「6」年目。これまでの活動の中で記憶に残っている幸せな瞬間とは?

「夢見ていた日本武道館公演の決定を知らされた時。それは2016年の全国ツアー最終日。“6面”と一緒にライブをやっている時にサプライズで知らされ、感動しました」(大野)。「デビュー日に開催したラゾーナ川崎でのイベントも。大勢のファンにお祝いしてもらい、オリコンもデイリーランキング2位。好スタートが切れてうれしかった」(花村)

長く続けていれば、幸せな時だけではない。過去に起きたグループの危機。その原因は、まさかの……。

「グループの危機はいつも“マネージャー”が原因(笑)。Da-iCE史上いちばんお金をかけた夏用衣装。それをマネージャーがイベント前日に洗濯してくれたんですが、蛍光イエローと白の衣装を一緒に洗ってしまい、マーブルカラーに……。新しい衣装を急遽探さねばならず大変でした」(花村)。「ほかにもマネージャー3日連続遅刻事件や、持ってきてくれたジュースが賞味期限切れ事件など、きりがない。でも、これまでの危機がマネージャーの失敗だけって、オレら平和だな〜(笑)」(岩岡)

そんなピースフルな5人の現在の目標は、6月9日から始まる過去最大級のツアーを成功させること。約7万人を動員予定だ。「詳しくは当日のお楽しみだけど、各メンバーの個性も堪能できるライブになる予定です! 期待してください」(花村)


だいす●2011年に結成。写真右から工藤大輝、大野雄大(Vol.)、和田颯、花村想太(Vol.)、岩岡徹からなる。2014年に『SHOUT IT OUT』でメジャーデビュー。2017年1月には悲願の日本武道館公演を、2018年に開催した全国ツアーのファイナルでは大阪城ホール公演2DAYSを成功させた

『Da-iCE BEST』

【Da-iCEインタビュー】初のベストアルバム『Da-iCE BEST』を発売! 「s**t kingz」による振付けにも注目して☆_2
今までに発売したシングル曲と新曲に加え、限定盤にはファン投票で人気を獲得した曲や、各メンバーが選んだお気に入りの曲も収録。Da-iCEの多彩な魅力を味わえる。●6/6発売 初回フラッシュプライス盤(通常盤)¥2130(ユニバーサルシグマ)

Ranking