【成田 凌さん・清原果耶さんインタビュー】映画『まともじゃないのは君も一緒』で共演

2021年MORE4月号掲載企画から、インタビュー記事をお届けします。
MORE4月号掲載企画。成田 凌さん・清原果耶さんインタビュー
(右)なりた・りょう●1993年11月22日生まれ、埼玉県出身。雑誌『MEN'S NON-NO』専属モデル。NHK連続テレビ小説『おちょやん』に天海一平役で出演中のほか、最新主演作『くれなずめ』(4/29公開)が待機中
(左)きよはら・かや●2002年1月30日生まれ、大阪府出身。2021年度前期NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で主演。映画『護られなかった者たちへ』が今秋公開

性格は真逆? でも、自分自身の変えたいところは似ているかもしれません。

大多数の人と同じ意見で胸をなで下ろしたり、逆に違うからと悩んだり。映画『まともじゃないのは君も一緒』は、そんな私たちに「〝普通〟とは何か?」と問いかけ、普通じゃなくてもいい——そんなふうに背中を押してくれる作品。今作で世の中の〝普通〟になじめない予備校講師を演じた成田さんと、その生徒役の清原さんは今回が初共演。

清原 私の成田さんの印象は、ふらっとしている人だなって……。

成田 「いい意味で」をつけて(笑)。

清原 もちろんいい意味で(笑)。自分らしさをちゃんと持っていて、ブレなさそうだなという印象でした。

成田 「どこへでも行くよ?」っていう感じ?

清原 うーん……(??)。

成田 違ったみたいです(笑)。清原さんは、この世界に入って何年になるの?

清原 6年目になりました。

成田 それでもうこんなに活躍してるなんて、末恐ろしいね。撮影現場でも本当にしっかりしていて、普通は年上の僕が年下に合わせて会話するべきなのに、清原さんの場合は逆に僕が合わせてもらっていた感じで(笑)、すごく楽でした。
そして、お互いの印象について「自分の10代の頃と比べると精神年齢がめちゃめちゃ大人」(成田)、「思考回路が違うから話し始めると〝何をしゃべるんだろう?〟と興味がわく」(清原)と言葉を続ける。お互いを「真逆な性格」と分析するふたりに“今の自分の変えたいところ”を尋ねると……。

成田 僕は、面倒くさがりなところ。いわゆる夏休みの宿題を8月31日にまとめてやるタイプなので、この性格は直したい! 家でも食器を洗うのがあまり好きじゃなくて、汚れたお皿がたまりがちなんですよね。せっかく昨年末に大掃除したし、今年からは使った食器はすぐに洗って、すぐに棚に戻すっていうのを心がけようと思っています。

清原 私はいまだに正月気分を引きずり(笑)、夜遅くまで映画を観ちゃったりすることがあって。今年の目標は早寝早起きなのに、全然〝早寝〟できてない……。

成田 だいたい何時に寝てるの?

清原 2時くらいが多いですね。

成田 あ〜、それは遅いね。2時に寝て朝から現場に行くのは大変そう。

清原 そうなんです、よくないなとは思いつつ、つい……。これから早寝早起きに戻します!

日々の生活を整えること。これは、真逆な性格のふたりに見つかった共通点のひとつなのかも。

映画『まともじゃないのは君も一緒』

映画「まともじゃないのは君も一緒」ビジュアル
数学ひとすじで生きてきて世の中の常識がわからない予備校講師の大野(成田凌)。「普通に結婚して普通に暮らしたい」という願いをかなえるため、恋愛経験ゼロだけど恋愛雑学は豊富な教え子・香住(清原果耶)に「普通を教えてほしい」と頼み込む。●3/19〜全国公開
©2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会

Ranking