『このマンガがすごい!』にもランクインした作品『心臓』【#ウチダマンガ店】

マンガをこよなく愛しマンガと共に生きてきた内田理央が、テーマにそったお気に入り作品を紹介する連載「#ウチダマンガ店」。今回は、さらっと読める短編集なのに、世界にどっぷり浸れる2作品を紹介します! 家でゆっくりとマンガ時間を取れる日に、ぜひ。

【vol.15】コーヒーを飲みながら読みたい短編マンガ

内田理央がおすすめのマンガを紹介するMOREの連載【#ウチダマンガ店】ビジュアル
「心が平和な日、家で落ち着いて読むための2冊を選んでみました。どちらの作品も世界観が天才的なので、ゆったり浸れる時に読んでほしい! 雨の降る休日、コーヒーとケーキと一緒に……なんてシチュエーションがおすすめです。『心臓』は、ひとつひとつの物語が、全部映画みたい。私は、『るすばん』という短編がいちばん心に残っています。小さな女の子がお留守番している時の目線が、すごくリアル。女の子がマンガを描きながら、手でスクリーントーンっぽい点を打っているシーンなんて“やったことある!”と懐かしい気持ちになりました。忘れていたあの頃の視点を思い出します。
『と、ある日のすごくふしぎ』は、作者の宮崎夏次系さんの大ファンなんです。自分の中にはない何かを描いてくれるマンガ家さんで、デビューした時からずっと好き。どうやってこんな世界を思いつくんだろう! っていうポイントが、そこかしこにある。背景の中にムダなものが描かれているのも魅力のひとつ。物語に関係ないものがたくさん出てきて、それがこのマンガの世界の雰囲気をより強くしている気がする。いろいろな種類の“すごくふしぎ”な物語が入っているので、きっと自分ベストの“ふしぎ”を見つけられると思います」(内田理央)

(左)『心臓』 (右)『と、ある日のすごくふしぎ』

内田理央がおすすめのマンガを紹介するMOREの連載【#ウチダマンガ店】で紹介されたマンガ。(左)『心臓』(右)『と、ある日のすごくふしぎ』
(右)“すごくふしぎ”なSF世界で暮らす人々。普通ではない日々の中に、驚きや感動、笑いが詰まっている。『と、ある日のすごくふしぎ』宮崎夏次系(早川書房 ¥990)

(左)『このマンガがすごい! 2020』オンナ編5位にもなった、ドラマティックな作品集。デビュー作から最新作までの全6作品を収録。『心臓』奥田亜紀子(リイド社 ¥770)

Ranking

もっと見る