DAILY MORE

DAILY MORE

【おしゃれしながら着やせするプロのテクを盗め!】スタイリスト高野麻子さんの絶対太らない私服コーデに密着してみたら。

”プロが自分でしているコーデ”に密着したら、「おしゃれと着やせを両立できる」大切なコツがわかった!

モア編集部でも「私服がいつもおしゃれ」とウワサの人気スタイリスト、高野麻子さん。彼女が日々着ているものを見せてもらったら、そこには”今の気分のアイテムを、普遍的なバランスアップテクで着こなす”ルールがあった!

1/4

2/4

3/4

4/4

「『自分に似合うものを見つけられない』と悩んでしまうという声もよく聞くワイドデニムですが、選び方より着こなし方で攻略できちゃいます! Vネックのカーディガンを重ねることで中に着た黒タートルの見える面積が減り、上半身が華奢に見える目の錯覚!(笑)」(高野さん)

パンツ(オオシマレイ)・靴(ルパート・サンダーソン)・バッグ(メゾン ヴァンサン)・ソックス/高野さん私物 カーディガン¥15000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス カットソー¥12000/エープレス(シックス ヴォーマ)

「レイヤードはもたつくと思いがちですが、実はそんなことはなくて。ぽっこりお腹、大きなお尻……。私にとって、気になる部分を隠すのにワンピとデニムの重ね着は欠かせません。体のラインを拾わず、メリハリは出す。そんな“いいとこ取り”ができるんです」(高野さん)

ワンピース(ヴィンテージ)・パンツ(リーバイス)・靴(チャーチ)・バッグ(ザラ)/高野さん私物 スウェット¥14000/ヘインズブランズ ジャパン(チャンピオン) ピアス¥12000/メゾン イエナ(アイリス

「一見細く感じさせるタイトなニットよりお腹の肉感をごまかせるざっくりニットが実は私にとっての“着やせ”アイテム。それに軽やかに動くスカートを合わせて素材感でメリハリをつけ、同時にほんのり甘さも。カジュアル好きな私も、たとえばデートの時くらい、スカートをはいてみようかな♡(笑)」(高野さん)

靴(グッチ)・バッグ(オオシマレイ)・ソックス/高野さん私物 ニット¥35000/デイリーショップ 中目黒(アイディーデイリーウエア) スカート¥22000/ルーニィ ピアス¥4500/ロードス(シーズマーラ) バングル¥56000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)

「メンズサイズのフーディを着ると、むしろ華奢に、可愛く見える気がします。コーデュロイのマキシスカートと、ベージュからブラウンのワントーンで。さりげなく“Iライン”を印象づけつつ、辛口カジュアルになりがちなコーデをやわらかく女性らしくしてくれるんです」(高野さん)

Tシャツ(ヘインズ)・スカート(オーラリー)・靴(メゾン マルジェラ)・バッグ(ルイ・ヴィトン)/高野さん私物 パーカ¥15800/ビショップ(ジムフレックス) バングル¥15000/メゾン イエナ(フィリップ オーディベール) ブレスレット¥30000/チャコールグリーン トーキョー(アティース)

MORE2018年1月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!

モア1月号


撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/高野麻子

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

MORE のオススメ特集の新着記事

ご当地モア♥日本全国のフォトジェニックスポット

RECOMMEND! こちらの記事もチェック