DAILY MORE

DAILY MORE

あずき、ナッツなどが体を温めるおやつって知ってた? 〝冷え〟を本当に取るためのQ&A ~食べ物編~

手足が冷たすぎ、着込んでも寒い……この時期しんどい“冷え”。知っているようで知らない“冷え”の常識&対策、専門家にうかがいました! その結果をQ&Aでご紹介。今回は、“冷え”に効く食べ物・飲み物の知識をお届けします♡

【今回お話をお伺いしたのは、この2人!】

●医学博士 川嶋 朗先生
「東京有明医療大学」教授、「東洋医学研究所付属クリニック」医師。近著に『「血流たっぷり」で今の不調が消える』(日本文芸社)など

●医師 石原新菜先生
「イシハラクリニック」副院長。近著の『しょうがで体温を1度あげる』(主婦の友社)など、しょうがや体の温めに関する著書多数

Q 冷え性女子におすすめのおやつってありますか?

A  あずき、ナッツ、ドライフルーツを選んで

カーディガン¥24000/ホームズ アンダーウェア カットソー¥6000/ハリウッド ランチ マーケット 帽子¥3500/TOLL FREE(ROTHCO) イヤリング¥700/お世話や

「いちばんのおすすめは、あずきを使った和のおやつ。あずきはむくみに効くサポニンという成分が含まれ、冷えの原因となる水分を排出してくれます。和菓子には、体を温める黒砂糖を使ったものが多いのもポイント」(石原先生)、「くるみなどのナッツ類や、繊維質が多いドライフルーツも、体が冷えにくい食材なので積極的に食べるとよいでしょう」(川嶋先生)

Q 体を冷やす食べ物と温める食べ物があるって聞いたんだけど、どう違うの?

A  温めるのは陽性食品を取り入れた食事です

「食べ物は体を温める『陽性食品』と体を冷やす『陰性食品』の2種類に分けられます。陰性食品を多くとると冷えて水太り体型に。一方、陽性食品を多くとると、血行のよい締まった体になります」(石原先生)

【冷やす食べ物(陰性食品)】
●暑い地方が原産地
●夏が旬
●色が薄い(白、青、緑など)
●水分が多く軟らか

たとえば、こんなものが「冷やす食べ物」!

・脂身の多い肉
・レタスなどの葉物野菜
・ビール、白ワイン
・マヨネーズ、酢
・白いパン
・豆腐
・白砂糖
・すいか
・コーヒーなど


【温める食べ物(陽性食品)】
●寒い地方が原産地
●冬が旬
●色が濃い(赤、茶、黒など)
●水分が少なく硬め


たとえば、こんなものが「温める食べ物」!

・牛肉 ・根菜類
・しょうが、シナモン
・みそ、しょうゆ
・玄米
・そば
・天然塩
・黒砂糖
・りんごなど


MORE2017年2月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 取材・原文/高見澤恵美 撮影/戸松 愛(モデル) 中澤真央(製品) ヘア&メイク/久保フユミ(ROI) モデル/村田倫子(モアビューティズ) スタイリスト/石田 綾 撮影協力/アワビーズ TITLES

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

MORE のオススメ特集の新着記事

モアチャレ❤︎「なりたい私」応援プロジェクト

RECOMMEND! こちらの記事もチェック

HOT TOPICS