『CHANEL』の名品美容液が進化。より透明感と血色感あふれる肌へ【新しい自分になれるのぼり坂コスメ】

今月の「のぼり坂OL的、美の投資!」

名品ととれたてアイテムでSTEP UP! 自分のペースできれいへののぼり坂を毎月、一歩一歩、のぼっていこう!

『CHANEL』ル ブラン セラム HLCS

『CHANEL』の美白美容液「ル ブラン セラム」
「ル ブラン セラム」、10年目の進化で目指すは健康的でロージーなツヤ肌

今、多様性の時代な中、“美白ケア”の概念にも変化の兆しが。白さだけを追求するでのはなく、肌本来の美しくなる力を引き出し、なめらかで透明感あふれる肌を目指す──。それこそが、これから求められる美白のあり方だ。『シャネル』は、抗炎症や抗酸化作用のある有効成分トラネキサム酸を約9年の研究の末、独自の成分「TXC」として開発。外資系ブランド初の医薬部外品有効成分が入った美白ライン「ル ブラン」がデビューしたのは2011年のこと。その後も10年間、絶え間なく研究は続き、この春、新アプローチを加えた「ル ブラン セラム HLCS」が登場する。この開発に役立てたのが京都大学との共同研究により得た知見。肌の明るさには遺伝的要因や長年浴びた紫外線のほかに栄養・エネルギー・保湿力・鎮静が関わっており、これらはスムーズなアミノ酸代謝により向上することがわかったそう。新美容液では引き続き従来の独自成分「TXC」で今までどおりシミ・くすみにアプローチをしつつ、新成分・自然由来のガーデニア フルーツ エキスで白さを超えた、より清らかな肌へと導いていく。しっとり&スムーズ、血色感のある健康的な明るさは「あっ私、こんな肌になりたかった」ときっと思える新美白だ。

従来の「ル ブラン セラム」に配合されてきた美白有効成分TXCに加えて、今回新たに肌のざらつきをなめらかにするビタミンE、鎮静に働くアラントイン、ガーデニア フルーツ エキスを加えてパワーアップ。スムーズなアミノ酸代謝により、肌はつるん。潤いに満たされ、きめが整った肌は光を反射し、明るく輝く。スルスルと心地よく肌にのびる極上テクスチャーがガーデニアの香りとともに肌を優しく包み込む。ドラマティックで洗練された使用感は『シャネル』ならでは。ル ブラン セラム HLCS(3/5発売)[医薬部外品]30㎖¥16500/シャネル

Ranking