便秘体質改善など、腸活におすすめのサプリや食物繊維を紹介!

腸活で“なんか不調”とさようなら!

なんとなく体がスッキリしない季節の変わり目。そんな時こそ頼りになるのは日々の腸活! 冷房生活や冷たいもののとりすぎからくる冷えや残暑の疲れで不調が現れやすい時期こそ、美と健康の要となるのは腸!

教えてくれたのは

小林暁子先生
小林暁子先生
「小林メディカルクリニック東京」院長。著書に『免疫力を上げる健美腸ルール』(講談社)など

腸内環境が悪化すると、どんなデメリットが?

全身に悪影響あり

「最大の免疫器官である腸内の環境が悪化すれば、免疫が低下して不調や病気をまねく要因につながります。その結果、冷え性やむくみ、肌荒れなどのほか、ホルモンバランスが乱れやすくなることで月経前症候群の症状が悪化するなど、体全体に悪影響を与えてしまうことになるのです」

腸内環境ってどれくらいで変わるもの?

早い人は1~2週間で実感できます

「ひとりひとりの腸内環境の状況や食生活などによって違いはありますが、早い人であれば1〜2週間で変化を実感できると思います。また、本格的に体が変わったと感じられるのは細胞が生まれ変わる2カ月後ぐらい。それまでの間は諦めずにコツコツ続けていくことが重要です」

物心ついた時から便秘です。体質と諦めるしかないですか?

諦めないで! 生活で改善できます

「腸が長い、両親とも便秘体質、筋肉がつかなくて冷えやすいなど、便秘になりやすい要素はいろいろありますが、基本は食事や行動で改善していけるので諦めないでください! たとえば、便秘が悪化しやすい生理前は食物繊維を意識してとることで便秘を防ぐことができます。年を重ねてからのケアは改善までに時間がかかるので、モア世代の頃から気をつけていくことが重要です

菌活って聞くけど、何をとればいいのかわかりません

あれこれとるのがベストです

ひとつの菌にこだわらず、キムチや納豆、ヨーグルトなど、いろいろな種類の菌をバランスよくとるのが理想的。また、ヨーグルトの菌もさまざまなので相性のいいヨーグルトを見つけるには、同じ種類を1〜2週間、毎日100〜200gずつとってみて。続けるうちに便通や睡眠、肌状態など体のコンディションがよくなることを実感できれば、それがあなたにとってのベスト・ヨーグルトです」(小林先生、以下同)

水溶性と不溶性、食物繊維はどちらがいいのでしょう?

調子がイマイチな人は水溶性を意識

水溶性食物繊維の多い食品
「食物繊維はバランスが重要。便秘がちなら水溶性8:不溶性2、ときどき便秘なら水溶性6:不溶性4、便秘でなければ水溶性5:不溶性5が目安です。納豆、ごぼう、オクラ、ドライフルーツ、大麦には、水溶性と不溶性の両方が豊富に含まれています。夏バテの時も水溶性がおすすめです」

自分の腸が元気かどうか、どうしたらわかりますか?

チェックすべきポイントはふたつ!

「まずは、毎日気持ちよくお腹がすいて、食事をおいしく食べられること。そして、毎日もしくは2日に1回のペースで“気持ちのいい”お通じがあること。食事や睡眠、ストレスなどで乱れやすいので、日々の状況をチェックしましょう

忙しくて生活リズムが不規則に。サプリをとるなら何を選べばいいですか?

便通に合わせて上手にセレクトを

便が出ていなければ食物繊維、お腹の張りがあるなら乳酸菌、全体的に元気を出したいならミネラルやビタミンで底上げを。まとめて全部とっても体に害はありません」。普段の便通をチェックしながら、自分に合うものを上手に選ぶことができれば、あなたも腸活上級者!

おすすめサプリ

キリン iMUSE プラズマ乳酸菌 サプリメント
健康な人の免疫機能維持をサポートするプラズマ乳酸菌とオリゴ糖配合。
キリン iMUSE プラズマ乳酸菌 サプリメント(60粒、15日分)¥1980/キリンホールディングス
『ドクターズデザインプラス』ファイバープロ
グァー豆から生成された天然の水溶性食物繊維。飲み物に混ぜたり、米の炊飯時に加えてもOK。1日1包が目安。
ファイバープロ(30包)¥3240/ドクターズデザインプラス

Ranking