内田理央、20代ラストの気持ちを語ります! ネガティブ思考から抜け出せたひと言とは?

「自分史上最高に楽しい」を毎年更新し続けています!

内田理央、20代ラストの気持ちを語ります! ネガティブ思考から抜け出せたひと言とは?_1
今、29歳。20代ラストの年ではあるけれど、「これから変わらなきゃいけないことも出てくるのかな?」なんてのんびり考えているだけで、実は何も意識してないんです(笑)。でも、年上の人から聞いていた「年齢を重ねると楽になる」というのは本当でした! どんどん自分らしくいられるようになってきています。「楽になる」より「楽しい」のほうが近いかも。肌とか体とか、外見は変わっていくと思うけど、日々の内容は、もっと楽しくなりそう! というワクワク感のほうが強いです。そして、年齢を重ねたことによる見た目の変化も素敵だと思っていて。たとえばもし「このシワ気になるな〜」という部分が出てきても未来のテクノロジーがきっとなんとかしてくれる! それに頼る! だから、これからは内面や軸を美しくしていくことに力を入れたい。そのために、今年の目標は「基礎を固める」にしたんです。今まで苦手だったトレーニングを始めて、知識の引出しを増やすためにいろいろな本などの作品に触れて……。素敵な大人になれるように、もっと努力していきます。

“イマ”のだーりおとちょっと真面目な話

内田理央、20代ラストの気持ちを語ります! ネガティブ思考から抜け出せたひと言とは?_2
やる前に一度は逃げたくなる
仕事の悩みは、何かを始める前の不安さに関することがいちばん多いかも。「できないかもしれない、怖い、逃げたい」って、嘆いてます。そういう時はとにかく誰かに話す。マネージャーさんはそんな私に慣れちゃっていて「大丈夫ですよー」って流しぎみに励ましてくれます(笑)。やってしまえば結局「あっ楽しいかも!」ってなるんですけどね。いつも。

偽りだったInstagramが現実に
普段は変なパジャマなのにおしゃれなルームウエアを着てみたり。とんでもなくインドアなのに、外にごはんを食べにいってみたり。正直、最初は偽りの姿を投稿してました!(笑)。でも、どんどん板についてきちゃって、今ではそんな生活が定着。Instagramは自分が変わるきっかけになりました。

Instagramがきっかけでモアモデルに
実は、編集部の方がInstagramを見て、モアの撮影に呼んでくださったんです。当時からすごく頑張ってたことのひとつだから、評価してもらえてすごくうれしかったのを覚えています。

ワンピース¥107800/コロネット(エアロン) 靴¥26400/デュプレックス(カルチェグラム)イヤリング¥16000/ハルミ ショールーム(グレイ) チェーンリング¥173800・リング¥85800/トーカティブ

20代後半になって、仕事のしかたにも変化が

内田理央、20代ラストの気持ちを語ります! ネガティブ思考から抜け出せたひと言とは?_3
スタッフさんやマネージャーさん、一緒にお仕事をする方に年下が増えたのがその理由。若い頃は、先輩の皆さんに「はい! わかりました!」ってついていけばよかった。でも今は、自分のほうが経験値が高いことも少なくない。だから、相手に気持ちよく受け入れてもらえるように気をつけながら、自分の意見を言うようになったかも。そのおかげなのか、前よりも自分らしくお仕事ができている気がします。

ビジネス的には難しい、私的には楽しい
今、頑張っているYouTubeのお仕事は、数字とかをしっかり見ると難しいことも多いんですけれど、私はすごく楽しくやってます。みんな、どんなものが観たいのかな? って考える時間が好きなんです。

ドラマ撮影中はマンガを読みません!
台本も、マンガも、集中して読みたいもの。同時進行になると、どちらも中途半端になっちゃいそうだから、ドラマ撮影中は台本に全力を注ぐ。ドラマのお仕事は、自分の人生でつらかった経験が引出しとして役に立つのがうれしいんですよね。自分の人生が肯定されている気がして。

スーパーネガティブ暗黒期から脱却

内田理央、20代ラストの気持ちを語ります! ネガティブ思考から抜け出せたひと言とは?_4
素直に努力できるようになった20代
私、根暗ですっごいネガティブなんです……。中学生から22歳くらいまでが特にひどかった(笑)。「頑張ってもできない」ことが怖くて、努力することから逃げ続けていたんです。そんな私が、ネガティブから抜け出せたのはこの世界に入ったからかもしれないと思っていて。といっても、最初のうちは、それまでを超えるくらいのスーパー暗黒期に。お仕事があまりないこともありすごく孤独な気持ちになってしまっていました。私は芸能界に向いてないんじゃないか……。いっそやめるかどうか悩んでいた時期に「自分を信じられないなら、だーりおを信じるオレたちを信じろ!」って言ってくれた人がいて。その言葉のおかげで、「一緒に作品をつくり上げる人のことを信じる」ことで、自分に自信を持つのは難しくても、ポジティブにお仕事ができるようになりました。周りの人のためなら、素直に努力することもできた。ポンコツな私がこんなにハッピーでいられるのは私に関わってくれた皆さんのおかげ。これから、もっともっといろいろな方と関わってさらに幸せになっていけると思うと、ワクワクが止まりません!

Ranking