【射手座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<4/18~5/1> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「心の奥底の実感を」 

4月20日に太陽がおうし座へ移り、二十四節気の「穀雨」に入ると、稲の苗もすくすくと伸びていき、いよいよ緑したたる季節へ。そんな中、4月27日にさそり座7度(数え度数8度)で満月となります。 

今回のテーマは「内面の静けさ」。すなわち、これから初夏にかけて存分に生命を燃やし、またそれに必要な備えや人手を取り入れていくべく、ますます賑やかな季節を迎えていくにあたって、今回の満月が「本当にそれでいいの?」と自分自身に最終確認をとっていく期間となるのだということ。 

ちょうど、この季節に使われる季語に「霞(かすみ)」があります。これは水蒸気の多い春に特有の、たなびく薄い雲を総称してそう呼ぶのです。麗らかな春の日にふと動きをとめて、水筒の麦茶でも飲みながら、遠くの霞を眺めているうちに、ふっと何かを思い出したり、妙な気持ちになったことがあるという人も少なくないのではないでしょうか。 

そうして周囲の音が一瞬遠くなったように感じられた時、既存の手垢のついた言葉では形容することのできなかった微妙な感情や、名状しがたい衝動がこころの表面によみがえり、急になまなましく感じられてきたり、実感が追いついてきたり。あるいは、春の夜空に浮かぶ霞たなびく朧月を眺めている時、ふと心のどこかにひっかかっていた違和感が鮮烈に立ち上がってきたり。 

今期はそんな風に、ゆっくりと、ないし、しみじみと心の奥底の実感を浮き彫りにしていくべく、自分のこころやからだと静かに向きあっていく時間を持っていきたいところです。 

射手座(いて座)

今期のいて座のキーワードは、「待ち伏せに備えて」。

射手座のイラスト
最近、「SDGs」という言葉を色んな場所で聞くようになりました。これは貧困や飢餓、健康や教育、さらには安全な水など17項目にわたる「持続可能な開発目標」を指しており、いかにもどんな問題にも漏れなく対処していて、世界はよくなっていきますよという露骨なメッセージ性を感じて、逆になんだかモヤモヤしてしまう人も少なくないはず。 
 
というのも、いつだって現実というのはいびつで、でこぼこしていて、そんなに綺麗に語り切れるはずのものではないから。例えば、かつて「SDGs」に感じるのと似たような違和感を覚えたものが、村上春樹が行ったオウム真理教の元信者へのインタビューでした。 
 
彼らはいずれの自分の正しさの担保のために人がうなずいてくれることは必要としていても、他人から「それおかしいんじゃない?」と言われることは何も欲していませんでした。むしろ、おかしいんじゃないと言われたら、自分がおかしくないことを証明しようとする。 
 
あるいは、自分のやりやいことだけをやっていたい。自分の頭の中にある理想像ばかりが好き。そして、そんな彼らの話を聞き続けた後、村上春樹は次のように述べました。 
 
現実というのは、もともとが混乱や矛盾を含んで成立しているものであるのだし、混乱や矛盾を排除してしまえば、それはもはや現実ではないのです。」 
そして一見整合的に見える言葉や論理に従って、うまく現実の一部を排除できたと思っても、その排除された現実は、必ずどこかで待ち伏せしてあなたに復讐することでしょう。」 
 
これは本当にそうでしょう。けれど、トランプがそうだったように、分かりやすい言葉というのは、ある意味、現実よりもずっと引力が強く、人のこころを強くとらえて離しません。 
 
残念なことだが、現実性を欠いた言葉や論理は、現実性を含んだ(それ故にいちいち夾雑物を重石のようにひきずって行動しなくてはならない)言葉や論理よりも往々にして強い力を持つ。」 
 
今期のいて座もまた、そうした排除された現実を、安易な手段でごまかすことなく、手探りしていきたいところです。どこかに必ず待ち受けているだろう待ち伏せに備えて。 


参考:村上春樹『約束された場所で』(文春文庫) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking