【水瓶座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<6/13~6/26> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「断ち切るための旅に出よう」 

今年は6月21日に太陽の位置が最も高くなる夏至を迎え、夜も最も短くなったなかで、6月25日にはやぎ座3度(数えで4度)で満月を形成していきます。 

今回の満月のテーマは、「運命的な旅の始まり」。すなわち、慣れ親しんだ居場所やこれまで繰り返してきた習慣から離れ、あるいは、習慣そのものが変わってしまうような機会に応じていくこと。 

ちょうど6月の末日には各地の神社で「夏越の祓(なごしのはらえ)」が行われます。これは一年の折り返しに際して半年分の穢れを落とし、これから過ごす半年間の無病息災を祈願する行事なのですが、その際、多くの場合、「茅の輪くぐり」といって神社の境内に建てられた茅(かや)製の直径数メートルほどの大きな輪をくぐっていくのです。 

そして、旅の始まりには、往々にしてこうした「禊ぎ」の儀式を伴うもの。例えば、ジブリ映画『もののけ姫』の冒頭でも、主人公アシタカはタタリ神から受けた呪いを絶つために、まず髪を落としてから、生まれ育った村を去り、はるか西に向けて旅立っていきました。 

ひるがえって、では私たちはどんな汚れを落とし、その上で、どちらに旅立っていけばいいのでしょうか? 

おそらくそれは、アシタカがタタリ神に鉄のつぶてを撃ち込んだ真相を知ろうとしていったように、いま自分が苦しんでいる状況の根本に何があって、何が起きており、その震源地の中心に少しでも近づいていこうとすることと密接に繋がっているはず。 

今回の満月では、いま自分はどんなことを「もうたくさんだ」と感じているのか、そもそも何について知れば「こんなこと」は起きないですむのか。改めて考えてみるといいかも知れません。 

水瓶座(みずがめ座)

今期のみずがめ座のキーワードは、「狂っているのは社会か自分か」。

水瓶座のイラスト
VALIS計画 
画面外から声がする。「VALIS? いったい何のことでありますか、将軍」 
太く低い声が言う「巨大にして能動的な生ける情報システムのことだ。きみはそんなことも……」 
 
大ソヴィエト辞典1992年度第6版によれば(むろん架空の書物なのですが)、「VALISとはVast Active Living Intelligence System、アメリカの映画より。自発的な自動追跡をする負のエントロピーの渦動が形成され、自らの環境を漸進的に包含し、かつ情報の配置に編入する、現実場における摂動。疑似意識、意志、知性、成長、環動的首尾一貫性を特徴とする」そうですが、じつはそれが何であるのかは、フィリップ・K・ディックの長編小説『ヴァリス』に登場するどの人物もよく分かっていないのです。むろん、それは多くの読者にとってもそうでしょう。 
 
はっきり分かっていることは、ディックという作家がこの小説の続編を書き終わった1982年に死んでしまったということ。53歳の早死にで、死因が不明だったことから、ディックがこの小説を書いていたときには既に狂っていたのではないかとも言われていますが、訳者があとがきでも書いているように、よく読めば「本書においてディックは訳の分からないことを一言も記していない」のだということが分かるのではないでしょうか。 
 
夢から目覚めて一時間後、わたしはまだ心の眼―第三の眼、アジナーの眼、何でもいい――で、ブルー・ジーンズをはいた妻がコンクリート舗装の車道でひきずっているホースを見ることができる。細部はほとんど見えず、夢にはプロットがまったくない。わたしは隣りの屋敷を所有したい。わたしがか。現実の生活でなら、わたしはただで手に入ろうとも屋敷など所有するつもりはない。屋敷を所有するのは金持ち連中だ。だいきらいだ。わたしは誰なのか。わたしは何人の人間なのか。わたしはどこにいるのか。南カルフォルニアのこの皮相的な狭いアパートはわたしの家ではないが、いま目を覚まして考えるに、わたしはここで、テレビ(やあディック・クラーク)、ステレオ(やあオリヴィア・ニュートン=ジョン)、書籍(やあ九百万のタイトル)とともに暮らしている。一連の夢の生活に比較して、この生活は孤独で、にせもの臭く、価値がない。知的で教養ある人間にはふさわしくない。薔薇はどこにあるのか。湖はどこにあるのか。緑色のホースをひっぱって水をまく、微笑をたやさないほっそりした魅力的な女性はどこにいるのか。わたしが現在そうである人物は、夢の人物に比較して、うちまかされ、敗北し、充ちたりた生活を楽しんでいる想像しているだけだ。夢の中で、わたしは本当に満ち足りた生活というものが何であるかを知るが、それはわたしにはおよそ縁遠いものだ。」 
 
その後、インターネットの出現によって「巨大にして能動的な生ける情報システム」は上記のような体験を、夢ではなくPCやスマホの画面を通して、誰もが容易に体験することができるになりました。 
 
今期のみずがめ座もまた、ディックほどではなくても、今はまだ妄想と区別が付かないような啓示を自由に書き連ねたり、あるいは、ほんの思いつきであれ誰かに向けて真剣に話してみるといいでしょう。 
 
 
参考:フィリップ・K・ディック、大瀧啓裕訳『ヴァリス』(サンリオSF文庫) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る

What's New

もっと見る