【山羊座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<10/17~10/30> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「幻想の外へと飛び出して!」 

日増しに気温の下がり始める「霜降」が近づき、蟋蟀の鳴き声もいつの間にか聞こえなくなってくると、ますますひんやりとした秋の夜長を愉しめるようになってきますが、そんな中10月20日にはおひつじ座27度(数えで28度)で満月を迎えていきます。 

「大胆な行動」を促す火星や「根本的な変容」を司る冥王星を巻き込む形で配置される今回の満月のテーマは、「子宮内幻想からの脱皮」。これまで無意識的に調子をあわせてきた理想像だったり、なんとなく正しいとされ従ってきた決め事だったり、それらいつの間にか色あせてきつつあった馴染みの「幻想」をいよいよ破棄し、もっとおのれの欲望に忠実になっていくためのきっかけや実感を掴んでいくにはもってこいのタイミング。 

ちょうど秋の日の暮れやすいことの喩えで、よく「秋の日はつるべ落とし」などと言いますが、人によっては「つるべ」を井戸の中に落とすときのように、急速に意識が切り替わっていきやすいでしょう。 

さながら一度も離れたことのない塔から脱け出していくラプンツェルのように、「こうしておけば無難で安全」という領域の“外”へと思い切って飛び出していきたいところです。 

山羊座(やぎ座)

今期のやぎ座のキーワードは、「リアリティを作れる人」。

山羊座のイラスト
今回の総選挙をめぐって与野党の党首討論などを見ていると、改めてもはや国民全体で共有できる未来像や、国の全体像というのがますます崩れてきているんだな、ということを実感しています。つまり、あらゆる人にとって共通の真実というものが成立しないという話で、そういう「ポスト・トゥルース」の時代というのは、無数のリアリティが乱立してしのぎを削りあっていく時代でもあるのです。 
 
そこではもちろん、どのリアリティに自分は同調しやすいのかという自覚に基づいた投票という政治への関与も大切になってくる訳ですが、一方で、そもそもの前提として、ある程度のリアリティは自分でも作れるという前提がないと、社会生活の健全さは保っていくことができないのではないでしょうか。 
 
そうした議論について、例えば落合陽一、清水高志、上妻世海の三者鼎談をまとめた『脱近代宣言』では、次のような言い方で分かりやすく説明してくれています。 
 
上妻 僕が、二十一世紀はどうなると考えているかと言うと、虚と実がどんどん回転入れ子状態になって、回転し続けてる世界になると思っていて、だからネットで誰々がダメだと言うことの有効性はほとんどないんですよ。僕がなぜこういう世界でキーワードとして「制作」というものを掲げているかというと、リアリティを作れる人じゃないとダメだと思っているからです。僕たちは全員が今武器を持っているんですよ。Fabも使えるしコミュニケーション・ツールももっている。全員が比較的平等にツールをもってるんですよ。そのときに不満を述べたりとか、なにか人に対してネットで上から目線で攻撃したりっていうのは非常に二十世紀な発想で、そういうことをしていても、実在性を生みだす人にとっては意味がないんです。 
清水 単なる主体性の奪い合いみたいな話にしかならないよね。「形を変ずる」こと、それがポエーシス(制作)だって西田も言うんだけど、そういう契機をもたないと、実際は主体化も決して出来ないんだよ。 
上妻 リアリティをみんな作れる、各々のリアリティを作れるっていう環境になっていってるわけだから、そこで受け身になってたらダメで、各々がそのリアリティを作っていく闘いに参戦しないと話にならない世界観になりつつありますね。」 
 
今期のやぎ座もまた、そうした自分なりの「リアリティ作り」ということを活動の根底に見据えて直していきたいところです。 
 
 
参考:落合陽一・清水高志・上妻世海『脱近代宣言』(水声社) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking

What's New

もっと見る