殿堂入り

【2022最新結婚事情】リモート参加や少人数制、結婚式は新スタイルへ。花嫁美容もアップデート!

私たちが知っておきたい「WEDDING NEWS 2022」

さまざまな選択肢のある今だからこそ、自分に合ったものを選べるようになりたいのはウェディングだって一緒。自分のために、話の種に、今知りたいニュースを総まとめ!

結婚式のアイデアも多様化!

少人数制やリモート参加など時代に合った新様式が登場。ゲストへの新たな配慮なども最近挙式を行った人に聞きました♡

リモート対応や、家族フォーカスなど今の時代に合った形式が登場

結婚式
コロナ禍で式の内容も変化。家族への感謝を重視した「親誓式」や、リモートとオフラインを両立した「ENISHI」などさまざまな形が登場。
親誓式
親誓式
ファミリーミートやご両親からの誓いの言葉など、より家族の時間を大切にしたスタイル
ENISHI
ENISHI
会場に来られない人もリモートで出席。重箱の特製料理が届き一緒に楽しむことができる
自分たちのニーズにより合うものを
「『親誓式』は親御様との水いらずの時間を大切にしているため、結婚式で“家族への感謝”に重点を置いているカップルに人気。『ENISHI』はリモートでも会場の雰囲気を感じてもらえるだけでなく、控室や入場前の様子を中継するなど、配信ならではの楽しみ方も」(『テイクアンドギヴ・ニーズ』青山迎賓館 松倉みなほさん)

ウェディングタイムラインプロフィールブックで久々の結婚式でも安心!

ゲストテーブルもパーティションで仕切られ、会話を思うように楽しめないケースも。個人の時間を楽しめる工夫を凝らす風潮に!
【Timeline】
【Timeline】
「式当日の流れを細かく記載した『ウェディングタイムライン』を手作り。結婚式が初めての人や久しぶりの人も来る前から安心して楽しんでもらえるように作成してみました」(AYAKAさんInstagram:don__wd)
【Profile book】
【Profile book】
「新郎新婦のなれそめや結婚に至るまでのエピソードをまとめた冊子。完全手作りです」(MOREインフルエンサーズ No.33 美香さん)
【Profile book】
「結婚式通販サイト『PIARY』で作成。ウエルカムスペースに置いてゲストの時間潰しに!」(MOREインフルエンサーズ No.246 Rikaさん)

除菌グッズもDIY化!

ゲストに安心して参列してもらえるようにと除菌グッズを用意する人が急増。無機質な印象なものが多いアイテムを自分流に可愛く♡
除菌シート
すべて100円ショップでそろうから節約カップルにもおすすめ
「真っ白なパッケージの除菌シートにメッセージシールを貼っただけ! どちらも100円ショップで買えるものを貼るだけだから、式前の忙しい準備の合間にも用意できました」(AYAKAさんInstagram:don__wd)

結婚式前の仕上げは、 セルフ花嫁美容で

エステなどに頼っても大半の時間は結局セルフケア。今みんなが大事な日に向けて使っているホームケアグッズをリサーチ!

“まつ育”で写真映えEYEに

ラブ・ライナー オールラッシュセラム プレミアム
36種の美容成分(保湿成分)が目もとを潤いで包み、傷んだまつ毛を集中補修。
ラブ・ライナー オールラッシュセラム プレミアム〈まつげ美容液〉¥4620/msh

まつ毛は濃いほうが写真映えするので、早い段階からケアを開始。約1カ月で濃くなったのを実感。ブラシタイプで使いやすいのも◎」(MOREインフルエンサーズ No.246 Rikaさん)

飲むコラーゲンで内側からもケア

HACCI ハニーコラーゲン
ローヤルゼリー、コラーゲンなどが贅沢に。
HACCI ハニーコラーゲン30㎖各¥648・9本セット(ギフトBOX入り)¥5400/HACCI

「飲んだ日の翌朝、明らかに肌がもちもちしていて化粧ノリが違いました! 大切な日の3日前から飲み続けるのがおすすめです!」(MOREインフルエンサーズ No.300 maoさん)

おうちで頭皮と顔を同時に引き上げ!

ミーゼ スカルプリフト プラス
大人気のブラシ型美顔器。頭皮ケアと表情筋ケアをこれ一台で。コスパ重視の花嫁に♡
ミーゼ スカルプリフト プラス¥36300/ヤーマン

「頭皮をマッサージすると顔色がよくなるしむくみやたるみにも効果的なので、当日朝のケアにも大助かり。お風呂で使えるのも◎」(MOREインフルエンサーズ No.131 いとえりさん)

ビタCコスメで気になる部分を集中ケア

メラノCC 薬用しみ集中対策プレミアム美容液
ビタミンC誘導体を3種も配合した濃密セラム。
メラノCC 薬用しみ集中対策プレミアム美容液[医薬部外品]20㎖¥1628(価格は編集部調べ)/ロート製薬

「ぐんぐん肌に浸透。シミやソバカスにとどまらず、ニキビあとや毛穴もきれいになって肌がふっくら。360度どこから写真を撮られても自信の持てる肌になれて、この価格は優勝」(編集・渡部)

結婚の形にもさまざまな“選択肢”が

今回は同性婚をされた方にインタビュー。自分なりの結婚の形を選んだきっかけや選択後に感じたことなど、実際のところを教えてもらいました。

Kanさんに教えてもらう、結婚のダイバーシティ

Kanさん
profile
ロンドン在住。現地で同性婚を選択。性的マイノリティ当事者としてSNS発信、企業や学校で講演を行う。Instagram:kanyonce
©Aleksandar Dragicevic
【point1】海外との遠距離恋愛+コロナ禍で、すぐに会えないもどかしさ
同性婚
「3年間日本とイギリスの遠距離恋愛をしていたのですが、その間にパンデミックが。彼に会うためには配偶者ビザを取るしか方法がなく、2021年に僕がイギリスに移住することを決意。イギリスなら同性婚が叶うので、彼と一緒に生活するには今ある選択肢の中でイギリスへの移住が最善と判断しました。法的に同性婚を認めるイギリスの制度が、“大切な人とそばにいる当たり前”を可能にしてくれたんです」(Kanさん、以下同)
©Visuals of Scotland
【point2】パートナーと“一緒に住める”という当たり前が欲しかった
同性婚
「イギリスでは同性愛者への一定の理解があり、僕がパートナーと居てもその関係を友達だと決めつけられることは、ほとんどありません日本では、そもそも同性のパートナーと一緒に住むことが難しいですし、住むことができても友達と同居と見なされ、家族として法的な保障も受けられませんいくら周りの人たちが理解してくれても、制度が変わらないとわれわれが受ける不平等は変わらない僕たちの関係も日本では他人同士です。一日も早く日本が婚姻の平等を実現することを望むとともに、僕もできることを続けていきたいです」

関連リンク

Ranking

もっと見る

What's New

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る