No.531*Maya*

モアハピ部 No.531*Maya*

普段は舞台やイベントの企画・制作、スタジオ運営、振付、webライターなどをしています。舞台、映画、音楽etc...アート・エンターテイメントがより身近になるような記事を書ける人になりたい。

全米ヨガアライアンスRYT200
ビューティーアンドフードアドバイザー

Likes...ダンス / 舞台 / 映画 / 音楽 / 写真 / ヨガ / 英語 / 読書 / カフェ / チーズケーキ / 海 / BBQ / LA / NY

Twitter▶︎@maya_matsui8
Instagram▶︎@maya_matsui8
photo Instagram▶︎@maya_pics8
お気軽にフォローしてください☺︎

【審査結果一覧】Legend Tokyo終演!! 来年は大阪で新たなステージへ☆

本日も昨日に引き続き、日本最大級のダンスコンテスト

Legend Tokyo Chapter.8

を観に東京国際フォーラム・ホールAへ行ってきました!
今日は審査&結果発表が行われるということで、客席は昨日以上の盛り上がり。

審査員の方々のコメントを挟みつつ、まずは全18作品が披露されました。そしてゲスト作品が上演され、いよいよ審査結果の発表です。
まずは昨日行われた観客投票によるオーディエンス賞から。

オーディエンス賞 第3位 アストコ

331票での受賞。若さ溢れるエネルギッシュな作品ながらも、構成やテーマに合わせた衣装、選曲、振付などへのこだわりが素晴らしく、観る人の心を掴んでいたように思います。

オーディエンス賞 第2位 kaorin(Memorable Moment)

こちらは382票。思わず涙するようなドラマ性のあるストーリーと、圧倒的な構成力、群舞力がとても印象的だった作品です。
そして最も観客の心を動かしたのは...

オーディエンス賞 第1位 MIWA

419票での受賞!!日本の魂を感じさせる熱い群舞と、煌びやかな衣装、効果的な道具の使い方で会場を魅了していました!
そしてコンテスト本審査とは別に、各企業が作品・振付師を独自の視点で選んで機会を繋げる

特別選定賞

今回は5部門。受賞したコレオグラファーには、それぞれ様々な特典が渡されます。
■MIZUNO特別賞
アストコ

■RISINGPRODUCTION特別賞
KANAMI

■スポーツ庁後援事業 日本ダンス大会特別賞
MUKABI

■公益社団法人 日本ダンススポーツ連盟特別選定賞
MIWA

■一般社団法人 ダンス教育振興連盟JDAC特別賞
Bloom
このあたりからダブル受賞なども現れさらに盛り上がりが増すのは毎年恒例!そしていよいよメインの視点別受賞作品の発表です。

審査員賞

今年も豪華な審査員の方々が、それぞれの視点を持ってコメントと共に受賞作品を発表されました!
■ぴあ 審査員賞
→エンタメ文化を広げてきた視点
Tact&ASANO

■イベント演出家 審査員賞
→イベント演出家の視点
kaorin(Memorable Moment)

■音楽プロデューサー 審査員賞
→音楽プロデューサーの視点
WREIKO(DEEP)

■ホリプロ 審査員賞
→エンタメ・マネジメント業界の視点
アストコ

■舞台演出家 審査員賞
→舞台演出家の視点
Tact&ASANO

■XFLAG 審査員賞
→次世代エンタメ・コンテンツの視点
ENstarry ENvitation

■2.5次元ミュージカル界 審査員賞
→舞台公演プロデューサーの視点
KYON

■C CHANNEL/mysta 審査員賞
→次世代エンタメ・メディアの視点
アストコ

■アジア文化交流 審査員賞
→アジアに広げるための視点
MIWA

■海外音楽アーティスト審査員賞
→海外音楽アーティストの視点
kaorin(Memorable Moment)

■Travis Payne審査員長特別賞
→コレオグラフ・レジェンドの視点
tatsuki aso
そしていよいよ今年の"レジェンド"の発表です。
まずは《準優秀作品賞 SEMI-LEGEND》から

準優秀作品賞 SEMI-LEGEND MASAKO(Jacuzzi)

ジャズをベースにした独自のスタイルで、数々のコンテストで受賞歴のあるコレオグラファー。日本だけでなく海外での活躍も広げる実力派の作品が見事にセミ・レジェンドの座に輝きました!
そして、【Legend Tokyo Chapter.8 最優秀作品賞 ”レジェンド”】となったのは

最優秀作品賞 LEGEND 【MIWA】

Legend全8大会中7回目の挑戦という、Legendの歴史に名を残す振付師であるMIWAさんが、記念すべき"最終章"で見事レジェンドに!!

審査員長のTravis Payneによれば、踊りの伝統的な要素とコンテンポラリーの要素の融合、音楽、スペースの使い方が見事で、日本人としての誇りを感じさせるエネルギーが素晴らしかったとのこと。

MIWAさんの悲願の受賞に対する感謝と感動の言葉と共に、会場中が祝福のムードに包まれました!
今年の複数受賞は下記の通り。
オーディエンス賞を含め、まさに"誰もが見て楽しめる作品"が評価されたように思います。

【MIWA作品】
■オーディエンス賞 第1位
■公益社団法人 日本ダンススポーツ連盟特別選定賞
■アジア文化交流 審査員賞

【アストコ作品】
■オーディエンス賞 第3位
■MIZUNO特別賞
■ホリプロ 審査員賞
■C CHANNEL/mysta 審査員賞
 
【kaorin(Memorable Moment)作品】
■オーディエンス賞 第2位
■イベント演出家 審査員賞
■海外音楽アーティスト審査員賞

【Tact&ASANO作品】
■ぴあ 審査員賞
■舞台演出家 審査員賞

来年は初の"大阪開催"が決定!!

そして今年が"最終章"と謳われていた『Legend Tokyo』ですが、なんと来年7月に大阪でのコンテスト開催が発表されました!ネーミングがどうなるのか気になるところです...。

毎年春に行われているLegend入賞作品を集めた公演『FINAL LEGEND』は、
4/6,7に舞浜アンフィシアターにて開催!!

今年の受賞作品も上演されるので、今から楽しみでなりません。
"最終章"にふさわしい盛り上がりと歴代大会に負けず劣らずの多彩な作品の数々が集まったLegend Tokyo Chapter.8。

沢山の才能に刺激を受けると共に、踊りの持つパワーと可能性を感じる2日間となりました!

大阪に場所を移し新たにはじまるLegendの未来、皆さんも注目してみてはいかがでしょうか。

日本のダンス界を大きく発展させてきたこの大会、《誰もが楽しめる作品》が生まれるこの場所だからこそ、ダンスに馴染みがない方も、きっと何か感じられるものがあるはずです。
振付師、出演者、スタッフの皆さま、素敵なひとときをありがとうございました!

Movie

MORE10月号、発売中!