便秘解消に効果絶大♡ 超簡単な「腸ひねりストレッチ」をはじめよう!

  • ↓↓↓ この記事のポイント ↓↓↓ 
  • ■放っておくと肌や体型にも悪影響がある便秘。
  • ■今すぐできる、簡単な便秘解消ストレッチをお届けします!
便秘はほおっておくと、体に悪影響! でも、面倒なケアはなかなか続かない……ということで、小難しいこと、面倒なことは一切ナシの「誰でも今すぐ始められて習慣にできそうな」ストレッチテクを紹介!

【教えてくれたのは……小林麻利子さん】
ナイトケアアドバイザー、生活習慣改善サロン『Flura』主宰。著書に『あきらめていた「体質」が極上の体に変わる』など

今すぐ始めて根本解決!  出るまで待たない「便秘解消ストレッチ」

「腹筋運動をしたからといって便秘が改善するわけではありません。考えごとやスマホなどで交感神経が優位になっている心と体をほぐすことが重要」。そこでおすすめしたいのが、眠る前の腸ひねりストレッチ。「眠る15分前のうっとりタイムの一環として、ベッドの上で行いましょう。ゆっくりとストレッチすることでリンパや血流が促進され、副交感神経が優位になり、入眠もスムーズに。部屋を暗くして行い、そのまま眠るぐらいの流れがベスト」(小林さん)

★便秘に効果あり!な「眠る前の腸ひねりストレッチ」のやり方

1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

【1】仰向けになったら、両手は体から少し離して伸ばす。手のひらは天井に向ける。ひざを立てて直角に曲げ、両方のひざと足は揃える
【2】両方のひざとくるぶしを揃え、ひざがずれないよう注意しながら下半身をゆっくりと左へ倒す。上半身は動かさないように注意
【3】ひざとくるぶしを揃えたまま(1)の姿勢に戻り、今度は右側へと下半身を倒す。腹部をひねるイメージで、左右交互に5 セット続ける。
【4】お腹がほぐれたら、再び仰向けになって両手を広げる。ひざは直角になるように曲げ、両ひざと足を揃えて手のひらは天井に向ける
【5】右ひざを曲げてお腹に近づけ、左の足首を右太ももにのせる。その状態をキープしながら、両手で右ひざを抱えるように持つ
【6】右ひざを自分のほうへ引き寄せて、お尻や裏もも、脚のつけ根を意識して右ひざを前後左右にゆっくり動かす。反対側も同様に行う
ベッドの上で簡単にできるストレッチは、便秘にもストレッチにも効きそうですよね! ぜひ試してみて。次回は便秘しらずの美女に聞いたテクニックをご紹介! お楽しみに♪

Ranking

もっと見る

Movie

MORE11月号、発売中!