ハピプラ会員システム刷新に伴うお知らせ

【ビジネス新常識③】電話・メール・チャットの上手な使い分け、教えます! リモートワーク時代のビジネスマナーとは?

あやふやなまま使ってない? ビジネスチャットのマナー

【ビジネス新常識③】電話・メール・チャットの上手な使い分け、教えます! リモートワーク時代のビジネスマナーとは?_1
画像提供:ピクスタ
リモートワークの導入によって急速に広まったさまざまなチャットツール。プライベート使いとは異なる、ビジネスでの基本的なマナーについて理解しよう。

Q. チャットの文面ってどうすればいい?

A. カジュアルでもOKなのが最大のメリットです

やりとりする相手が明確なチャットは、メールよりもカジュアルなツールなので用件のみの短文でもOKなのが最大のメリット。「言葉遣いも、相手のテンションに合っていればカジュアルでかまいません。とはいえモア世代としては丁寧な言い回しや、相手を思いやった表現もできるのが理想的。相手や場に合わせて上手に使い分けられるように、たくさんの引出しを持っておきましょう」(ライフスタイリスト・北條久美子さん、以下同)

Q. メンションに「様」って必要ですか?

A. 社内チャットなら不要です

「相手が社内の人であれば不要です。相手が社外の人なら、つけておくのが無難かもしれません。ただし、まだマナーとしては定着しておらず揺らいでいる状態なので、正解がありません。相手が『様』や『さん』をつける人なら、合わせるのがベターです

Q. リアクション機能は使ってもいいの?

A. むしろ積極的に使いましょう!

リモートワークでいちばんつらいのは、やりとりをしていて反応が返ってこないこと。「リアクションは関心度のバロメーターともいえるので積極的に使いましょう。『お返事不要ですので、OKの場合はいいねマークをお願いします』と書くのもアリですよ」

Q. ツールの使い分けが難しいです

A. ツールごとの特性を理解するとスムーズです

コミュニケーションツールが選べる時代とはいえ、ビジネスでの使い分けは悩みの種。「即時性や記録性、資料共有のしやすさなど、まずはツールごとの特性を理解しましょう。そのうえで、相手にとっていちばん使いやすいツールを確認して。あるいは、使いたいツールをこちらから提案するのも手です。チェックするツールが多いほど効率は落ちてしまうので、自分が使う基本ツールをできるだけ統一しておくと見落としも減らせます
【ビジネス新常識③】電話・メール・チャットの上手な使い分け、教えます! リモートワーク時代のビジネスマナーとは?_2

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る