【TWICE スペシャルインタビュー】ナヨン・チェヨンが2020年を振り返る!

あなたがいるから、“もっと好きな私”になれる。

TWICEの全員集合写真
2020年、突如訪れた“会いたい人に会えない”という状況の中、真っ先に「いつもそばにいるよ」という希望のメッセージを楽曲とともに、さらにはオンラインコンサートという新たな舞台を通して、私たちに伝え、世界を励ましてくれたTWICE。そしてまた、彼女たち9人も「あなた」に励まされ、背中を押されたから、どんな時も未来へと歩みを進められたと語る。韓国デビュー5年、日本デビュー3年を迎えた今こそ「見せたい私たちの姿、伝えたい言葉がある」との強い思いから、国境を越えたTWICE初のリモート撮影&取材が実現。MORE史上初の2号連続表紙を飾った彼女たちのスペシャルインタビューを、『MORE』1月号掲載企画からお届けします。
TWICEのメンバー、ナヨンとチェヨン
(右)ナヨン●1995年9月22日生まれ。太陽のような明るさがにじみ出た歌声で、TWICEの楽曲に華やかさを添える。グループの最年長メンバーでありながら、おちゃめで愛されるキャラクター
(左)チェヨン●1999年4月23日生まれ。メンバーも認めるアーティスティックな感性の持ち主で、グッズデザインや作詞作曲を手がけることも。頻繁に変化を見せるヘアスタイルも注目の的

NAYEON ナヨン

“いつも明るいナヨン”は“もっとポジティブなナヨン”にパワーアップしましたよ!
「2020年は、TWICEとしても自分自身もよりパワーアップできる部分や、成長したいことについて、じっくり向きあうことができた年。ファンのみなさんに会いたくても会えない時間を、“早くみなさんの前で最高のパフォーマンスがしたい!”というエネルギーに変えて、ダンスや歌の練習時間もたっぷり取れましたし、スキル面でも成長できたと思います。もっと視野を広げて、さまざまなジャンルの勉強をしたいという気持ちも芽ばえましたね。
私は『いつも明るいね』とよく言われるんですが、特に意識しなくても生まれた時からこんな性格だったみたいです(笑)。もちろん悩むこともあるけれど、長く引きずらないタイプ。自分を知っていく時間が持てた2020年は、さらにポジティブな切替え上手になれたかも。
オンラインコンサート『Beyond LIVEーTWICE:World in A Day』は、これまでのコンサート以上に緊張しました! 今まではどんなに体力的にハードでも、ファンのみなさんの声援を力に変えて限界を超えることができていたから。目の前にみなさんがいない中で最後まで公演をやり遂げられるのかという不安と緊張が大きくて……。あらためて、ファンの方々からいただくパワーの大きさを実感する機会になりましたし、とにかく早くONCEに会いたいです!」(ナヨン)

CHAEYOUNG チェヨン

「チェヨンらしさ」を追求するため自分の“好き”をますます開拓中
「私を奮い立たせてくれるのは、いつもファンのみなさんの言葉。ある時、いただいたファンレターに『チェヨンさんがロールモデルです』と書かれていたことがあったんです。“歌手になって誰かのロールモデルのような存在になりたい”と思い続けてきたので、すごくありがたくて。今でもこの言葉を思い出すたびに『頑張らないと!』と励まされます。
私はTWICEの楽曲の作詞作曲をさせていただくこともあるんですが、大切にしているのは“私ならではのメッセージ”をこめること。日々、考えていることや気づいたことを表現するようにしています。そこに“チェヨンらしさ”を感じ取ってもらえたらうれしいですし、これからも自分らしさを追求していきたいですね。今は特に、好きな音楽を聴いたり、映画を観ることに夢中! いろんな芸術に触れると、自分の好みがどんどんはっきりしていくから楽しくて。『私ってこういう人なんだ。こういう一面もあったんだ!』と発見の連続です。
2020年はやりたかったことを思う存分にできなかったという方が多いと思います。私たちも、コンサートがあまりできずに悔しい思いをしたので、今年はみなさんと楽しい時間を共有できますように。あと、モア読者のみなさんの願いも必ず叶いますように……♡」(チェヨン)
【TWICE スペシャルインタビュー】ナヨン・チェヨンが2020年を振り返る!_3
トゥワイス●9人組ガールズグループ。2015年10月に韓国デビュー、2017年6月に日本デビュー。ファンの呼称はONCE(ワンス)。19年春には韓国でデビューしたガールズグループとしては初のドームツアーを実施。デビューから3年連続で『NHK紅白歌合戦』に出場。2020年は世界がコロナ禍に陥る中、7月にリリースした日本6枚目のシングル『Fanfare』のチアフルな楽曲が話題となるほか、オンラインコンサート『Beyond LIVEーTWICE:World in A Day』を成功させる。11月には日本7枚目となるシングル『BETTER』をリリース(通常盤¥1182 ワーナーミュージック・ジャパン)

Ranking