【松村北斗(SixTONES)インタビューVol.1】ツンとしたキミも、優しいキミも、大好きなんだ

クールな北斗・甘い北斗

クールに見えて、ときどき、キュート。予測不能な魅力でわれわれの心を揺らす、謎めいた男。松村北斗はツンなのかデレなのか、素顔を探るべく恋愛にまつわる質問をぶつけ、徹底調査! 
2021年MORE3月号掲載企画から、インタビュー記事をお届けします。まずは【クールな北斗】編!
松村北斗(SixTONES)クールな北斗甘い北斗インタビュー

恋におちるまでのプロセス、教えて! 

心を開くまで時間がかかるのは恋愛も同じ。僕は「好きだ」と気づくのが遅いタイプかもしれない。周りから「それ、好きってことじゃん」と指摘されて自分の気持ちに気づくことが多いんです。

映画『ライアー×ライアー』で演じる高槻透のように、松村北斗にもクールと激甘、そんな二面性、ありますか?

僕、心を開いている相手とそうじゃない相手がハッキリしていて。学生時代もずっとクラスメイトに敬語で話しかけていたくらい、完全に開くまで時間がかかるし、その相手も多くはないんです。また、どちらかといえば明るい顔ではないと思うので最初は冷たい印象を持つ人もいるかもしれませんね。
でも、心を開いた人の前での僕は甘っちょろい人間ですよ。よく笑うし、ふざけるし、ほめられたらすごく喜ぶ。「いやいや、全然」と照れながらも簡単に喜びますからね(笑)。

恋のアプローチはストレートな積極派? それとも、受身な消極派?

自分の中にある「好き」の気持ちに気づく頃には、相手との関係性もある程度築けていることが多いから、そこから、ガンガン攻めるってわけでもなく、かといって消極的でもない気がしますね。気持ちや好意は自然な流れで伝えると思う。関係性ができ上がっているとそれを壊すのが怖いという気持ちもわかるけど。
でも、自分の中の恋心を隠して友達のふりをしているほうが気持ち悪くないですか?

デートの待ち合わせ、どれくらい待てる?

「遅れます」の連絡と理由、そして、到着時間の目安を教えてくれたら何時間でも待ちますよ。

ひと目惚れの経験はある?

中身を知ってからじゃないと好きにならないからなぁ。
心当たりはございません(笑)。

男友達から「おまえの彼女が好き」と宣戦布告! 気にしない?それとも防御にまわる?

えっ、ドン引きするんだけど(笑)。「なんでオレにそれを言うのか?」「どこが好きなのか?」、「彼女とはどんな関係なのか?」とりあえず、理由をめっちゃ聞くかな。その答えによって考える。恋人は自分の所有物ではないので。ふたりの気持ちが同じなら身を引く可能性だってあるしね。

街中で「今ここで大きな声で“好き”と言って」と愛情表現を求められました。さあ、どうする?

まず「どうして?」と聞きますね。そして「大声も小声も変わらないじゃないか」と冷静に説得を試みます。

恋人から「ペアルックがしたい」と言われたら?

えっ、ペアルックってなんのペア?おそろいの洋服を着る?そのまま外に出かけるんですか?
それはちょっと……。
僕、好きな服を着たいんで(笑)。

子犬のように「好き好き」と猛アタック。受け止める? 逃げたくなる?

そんな求められても……僕にはハードルが高いです(笑)。

まつむら・ほくと●1995年6月18日生まれ、静岡県出身。SixTONESのメンバーとして活躍しながら、映画『坂道のアポロン』など、俳優としても活躍。ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系・土曜22:00~)に出演中

Ranking

もっと見る