内田理央が推すマンガ『貴重な棒を持つネコ』とは?【#ウチダマンガ店】

マンガをこよなく愛しマンガと共に生きてきた内田理央が、テーマにそったお気に入り作品を紹介する連載「#ウチダマンガ店」。今回は、見た目も中身も可愛いキャラが出てくるマンガ2作品をご紹介! だーりおの推しキャラはこのネコと恐竜だそうです。

【vol.13】ゆる可愛いキャラに癒されるマンガ

内田理央がおすすめのマンガを紹介するMOREの連載【#ウチダマンガ店】。内田理央とマンガが写っている写真。
「今回は、マンガを読み慣れていない人にもおすすめできるキャラもの! 2作品とも読みやすいし、きっとキュンとくると思う。まず『貴重な棒を持つネコ』はシュールな4コママンガ。飼い主から『貴重な棒』を託されたあと、飼い主がいなくなっちゃうの。ネコちゃんがこの棒をスーパー大事にしてるのが、スーパー可愛くてせつなくて……。Twitterで平日毎日更新されるから、“今日はどうなったかな?”って見守ってるの。一緒の時間を生きている気になれるのも、応援したくなる理由かも。『ギャルと恐竜』はギャルも恐竜も最高。この恐竜がいったい何者なのか!? みたいな話にはならず、みんな“今日恐竜何してんの?”という感じで存在をすっと受け入れているところが、ダイバーシティ! ギャルの細かいことを気にしない性格が気持ちよくて、恐竜も優しくて。ありのままを受け入れている感じが心地いいの。恐竜は地球の中ではすごくマイノリティな存在だろうけど、ギャルと仲よくして幸せそうにしてる。愛があって、大切な人と笑えていたらそれでいいっていう、本質を感じます。ってそんな話じゃないんだけど(笑)。どちらも事件が起きたりしない日常のお話。癒されたい日にゆるい気持ちで読むのにぴったりの作品だと思います」(内田理央)

(左)『貴重な棒を持つネコ』 (右)『ギャルと恐竜』

内田理央がおすすめのマンガを紹介するMOREの連載【#ウチダマンガ店】で紹介されたマンガ。(左)『貴重な棒を持つネコ』(右)『ギャルと恐竜』
(右)酔った勢いで恐竜と同居をスタートしたギャル。ごはんを食べたり、ゲームをしたり、恐竜がいる暮らしに癒される。『ギャルと恐竜』〈原作〉森 もり子 〈漫画〉トミムラコタ(講談社 1巻¥693)

(左)Twitterにて月〜金曜で更新中! 飼い主から預けられた謎の「貴重な棒」を大切にするネコがけなげで可愛い♡ アカウントは@bouneko11。『貴重な棒を持つネコ』室木おすし

Ranking

もっと見る